養子の子どもたちの愛着に影響する要因とは?

2019年4月28日

養子の子どもたちの愛着に関して議論することがなぜ重要なのでしょうか?それは、養子の多くが人生の初めの数年間に、他の子どもは向き合わない、発達を複雑にし得る体験をするためです。

これらの体験は、養子の子どもの懸念されるような行動へとつながります両親に過度に依存する子どももいれば、感情の距離をとる子どももいます。その理由を学ぶために、この先を読み進めてください。

「母親、家族、言語、文化に属する時、私たちはアイデンティティを構築され、誰かになる。」

-ボリス・シリュルニク-

子ども

 

養子の子どもの愛着タイプに影響する因子は何か?

新たな家族と住む前、養子は同じ年齢の子どもにはあまりない困難な状況を過ごすことがよくあります。また、その状況は、愛着の発達において大きな役割を果たすことがあります。

例えば、子どもが生まれた家庭、孤児院、里親で、虐待やネグレクトを経験していると、養子先の親との安定した愛着が発達しにくいようです。

人生の初めの数年の間は、子どもはサポートや親密さのニーズに対して効果的に反応してくれる大人を必要とします。この時、世話をする人が、子どもを無視したり、攻撃的な反応をすると、子どもは安心を与えてくれるべき人を信用できず恐れを抱くようになり、それが将来の人間関係にも影響します。

また、長い間施設に入っていた子どもにも、同じことが起こります。現在、孤児院で子どもが酷い待遇を受けないよう、多くの方針が立てられています。しかしそれは、子どもにとってこの年齢で重要な感情的・精神的ニーズが満たされていることを意味するものでもありません。これは、養子の愛着に対し直接的な影響があります。

身体的には世話をされていたとしても、一人の大人が多くの子どもを世話している傾向にあります。そのために、子供の感情面でのケアが難しくなります。

「子どもは、自分にされた仕打ちを社会に対してする。」

-カール・メニンガー-

海と子ども

 

安定した愛着を促すために里親ができること

早期の体験をコントロールすることができない里親が、その子どもの感情的発達や適切な社会的発達を育むためにできることはあるのでしょうか?もちろんあります。愛着の発達において、親としての行動や性格が必要不可欠な役割を果たします

養子の安定した愛着を促すための因子には次のようなものがあります:

  • 感情的安定
  • ストレス耐性
  • 柔軟性
  • 愛情の適切な表現

つまり、里親に分別があり、安定した愛着スタイルをもっている必要があります。そうすれば、手本として子どもに教えることができます。

また、里親は、逆境と向き合うリソースをもち、ネガティブな感情をポジティブに調整し、必要な時には助けを求めるべきです。助けを求めるからといって、親として悪いと感じてはいけません。助けを求めることに対してオープンであることは、感情をコントロールすることの重要性を子どもに示す助けにもなります

これは養子との繋がりや理解にも役立ちます。養子の多くが罪悪感や自分は重要でない、放棄されたと感じているため、これはとても重要です。子どもが、観点を変えることができると、より安定した愛着を育むことができるでしょう。

「重要なのは、どんな人も養子を受け入れる権利があるのではなく、子どもがどんな人にも養子に受け入れられる権利があることだ。」

-フェルナンド・サバテール-

画像:Rene Bernal, Larm Rmah, Ben White.