夢を叶えるための5つの習慣

· 2018年5月19日

あなたが目標を持っているとき、その目標に向かって正しい方向に進むための習慣を身につけるだけでは目標に辿り着けません。あなたの行動すべてが重要です。多くの場合、あなたが今の習慣が、あなたの夢を実現させることを困難にしています。

人生のどの部分を変更したいのかは関係ありません。それが健康上の目標であろうと、金銭面であろうと、勉学や恋愛であろうと、その夢を妨害する習慣があるのです

正しい姿勢で取り組む人の目標達成を誰も止めることはできません。そして間違った姿勢で取り組む人を誰も助けることはできません。

トーマス・ジェファーソン

 

森の道の分岐点に立つ男の後ろ姿

計画を持って夢を実現させる

いつか、ある日、できる時に・・・そんな日付はどのカレンダーにもありません。スケジュールを設定することは、私たちにいい意味でプレッシャーをかけ、私たちがやる気がしないかもしれないことであっても、それを前進させるよう動機づけてくれます。つまり、あなたの夢に「限られた時間」を設定することは、あなたの夢を実現するための第一歩なのです。

そうなるようにするには、あなたが行動する必要があります。スケジュールが決まっていなければ、どんな試みを計画しようとしてもうまく行きません。その計画を途中で変更しなければならない、あるいはスケジュールに遅れがあるかどうかは関係ありません。目的地に辿り着くために計画を変更したり、適応させたりすることはできますが、「計画していないこと」に臨むのは、パラシュートがないのに空中に飛び込むことと同じなのです。

夢を叶える第一歩は、まずあなたの目標を設定し、あなたのスケジュールにいつまでにやるかをを書き入れ、一日の中でいつやるのかを具体的に設定ことから始めましょう。まだ始めることができない場合も心配しないでください。代わりに、いつ始めるかを決めましょう。

夢に向かって歩き出す準備を整える

もしあなたが、「私はまだ夢に向かって歩く準備ができていない」と思っているとしたら、あなたは自分の中で夢についてたくさん考えているのでしょう。もしかしたらあなたのその目標について確信が持てていないか、またはその夢が本当に自分が自由に選べるものだとは思っていないのかもしれません。

おそらく、あなたが思っているほど動機づけされていないのかもしれません。なぜならその目標に必要なエンジンをまだ持っていないのです。もしくは、あなたの夢はまだぼんやりとしているのかもしれません。そしてあなたは、その目標に対してあいまいで一般的なアイディアしか湧いていないのかもしれません。または、あなたはただ恐れているだけなのかもしれません。

いずれにしても、あなたの目標を明確にしたら、その目標に向かって恐れずに飛び込んでいきましょう。最初の一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。自分を信頼しましょう。結局のところ、あなたが夢をみているのならば、あなたはもう夢に取り組む準備が整っているのです。

夢を実現させる道のりに邪魔なものは置かない

問題に対処するための自分の能力を軽視しているせいで、希望や夢が滞っているのかもしれません。不確実性は怖いもので、そのせいであなたは前に進めないのです。

そのように思う人は、自身がどこに行きたいのかを分かっていないのですが、それと同時にどこへ向かうべきかを知るための努力もしていないのです。そういう人は夢の実現時期の延期もせず、また自分の夢をあきらめることもしないのですが、そのどちらにしても夢に向かって動いてはいないのです。

確かに、困難を予期し、万が一に備えることは賢明ではありますが、その上手く計画されていなかったり下手に実行された場合には、逆効果になります。実際にはたどり着けないゴールを追うことになってしまうかもしれません。同様に、自信過剰になりすぎて、北極に旅をしに行くのに短パンばかりをスーツケースに詰めるような間違いを起こすようなことになるかもしれません。

一方で、もしかしたら万が一の計画の作成自体はうまくいくのかもしれませんが、変に使用してしまうか、また使われないままになります。このような場合、あなたはかなり時間を無駄にしてしまいます。つまり、その問題に必要な解決策を求めているつもりが、実は、いかに困難にな道になるかを想像して固まってしまうのです。

レンガの上にある懐中時計

失敗はムダではない

私たちはいつも一直線に歩いているわけではありません。障害物を避けたり、その障害物をどうにかしてどかしたり、はたまたその道を離れて移動したりして切り抜けなければならない場合もあります。そして、この行動ははすぐには結果を表しません。しかし、それは決して損ではありません。

私たちがミスからしっかりと学んでいれば、失うものはほとんどありません。これは悪い結果の中で最も美しい部分であり、 またこの美しい部分は「失敗」を知的に扱う人にしか見えません。何かがうまくいかなくても大丈夫です。それはプロセスの一部です。事実、間違いが大きければ大きいほど、学ぶものは大きなものであるということです。

しかし、失敗したことで何もしないことは、あなたにとってストレスになったり、それが挫折の原因となってしまったりします。あるいはもっと悪いのは、失敗するという考えによって、それが起こることです。失敗を受け入れましょう。そしてそれをあなたの夢達成の道のりの一部とし、あなたに役立つ意味を与え、その失敗からくる怒りに計画を変えられてしまわないようにするための、軌道修正する力にしてしまいしょう。

結果を見る前に決して諦めない

焦って急いで行くと、夢を妨げることになり兼ねません。焦りは禁物です計画がそこにあるにもかかわらず、すべてはあなたにかかっているので、忍耐が重要です。

夢を実現したいと思っている多くの人が見たいと思っている変化の多くは、決して緩やかではありません。それは突然噴き出るかのように表れます。私たちが少し前進したり、はたまた後退したりする時でも、大きな進歩を遂げているのです。

落胆しないでください。あなたが結果を見ることができないからといって、それがあなたの努力が無駄であったという意味ではないのです。進歩とは突然に起こり、予期しない時に起こることが多いことを忘れないでください。

たとえば、初エッセイや初めて小説を出版した作家を考えてみましょう。この作家の夢が実現する前に、おそらく多くの出版社によって拒否され、長い間この夢の実現にたどり着けなかったのでしょう。

しかし諦める代わりに、出版が確定する手紙を受け取るまで、彼は下書きを出版社に何度も何度も送り続けたのです。その手紙は巨大な一歩を象徴し、作家の信念と忍耐がなければ、おそらく起きなかったことでしょう。

困難は私たちを目標に近づけてくれる

Johann Wolfgang von Goethe

 

車窓を眺める女性

夢に向かって進み続ける

夢を見ることは素晴らしく、刺激的で魅力的です。それはあなたが違った未来を見られるようにし、あなたに希望を与え、幸せにします。しかし、この楽しい人生は、行動を伴わなければ決してあり得ないのです。

あなたの夢を分析し、あなたの目標を評価し、それが実行可能かどうか試してください。計画を立て、一つずつ困難に立ち向かいましょう。小さなステップをそれぞれ大成功として祝いましょう。そして、前に進み続けるのです。

あなたの毎日の習慣を評価し、あなたの目標に向かって着実に進むためにに必要な努力をしてください。あなたに起こる変化は、夢の旅路の一部です。それを忘れないでください。

覚えておいてください。何度方向を変えようと、どれだけ遅れようとも、あなたがどこへ向かっているのかを把握している限り、あなたはちゃんと「夢を実現させる道」を歩いているということを。