友情について考えさせてくれる6つの名言

2018年5月28日 in 好奇心 307 シェア済み
友情について考えさせてくれる6つの名言

私達の周りには友達やそうでない人達がいます。友達でいることに見返りを求めてくる人は、私達が必要とする人物ではないでしょう。しかし、私達の中には愛を感じたいが為にそういった行動を正当化しようとする者もいるのです。

そんな時、友情に関することわざや名言は、私達が欺かれないように大切なことを思い出させてくれます。

友達は素晴らしい存在ですが、しっかり「友達」と「ただの知り合い」の区別をする方法を知る必要があるのです。そして、私達の考えや時間を無駄には出来ないので、全ての人と関わる必要はありません。他人に優しくしたり、寛大であることは素晴らしいことですが、それを利用させてはいけないのです。

本当の友達はそのような悩みの種をあなたにもたらさないでしょう。もちろん、友達の態度や行動に悩むこともあり、あなたを怒らせて、喧嘩に発展することもあると思います。しかし、あなたが本当に必要としている時、彼らはいつもあなたのそばにいてくれるのです。

どんなことがあっても、本当の友達は損得関係なくあなたに愛を見せてくれます。最も大切なのは、言葉より行動なのです。

今回は、そんな友情に関する6つの名言を紹介しようと思います。

友情について考えさせてくれる6つの名言

「欠点の無い友人を探す者に友人はいない。」

これはトルコのことわざで、私達が相手に求めることと自分自身に求めることを比較してみようという意味があります。

完璧な人などこの世には存在しません。なぜなら、私達は皆、人間だからです。全ての人間が欠点を持っていますが、私達が愛する人はその欠点を尊重(または、感謝も)してくれているのです。

欠点が嫌いだからその人を拒否することは自尊心に大きく関係します。もし、あなたの友達が忠実で誇らしく、良い人なら、他の特徴全てが欠点に見えるでしょう。小さな欠点など気にせず、友達があなたに与えてくれる素晴らしい部分に目を向けてみましょう。

友達グループ

「友人は喜びを二倍にして、悲しみを半分にしてくれる。」

これはイギリスの有名な哲学者、フランシス・ベーコンが残した名言です。彼が言ったように、喜びは友達と一緒にいると倍になります。人間はどれだけ孤立しようとしても社会的な生物であることに変わりありません。ですので、それが良い事でも悪い事でも、友達に理解されたり、サポートされる気持ちより良い感情はないのです。

幸せは倍になり、悲しみの衝撃は友情によって軽減します。良い友人は、あなたに耳を傾ける時やあなたを笑わせてくれる時をいつも知っているのです。

「友人は良い本のようなものだ。多く持つことは重要ではないが、良いものを持つことは大切だ。」

友情に関する名言の多くは今回の名言のように作者不明のものがあります。そして、多くの人が友達の数で自分の価値を判断しようとしますが、それは大きな間違いです。

量と質は同じではありません。本当の友達は片手で数えられるくらいでいいのです

友達が多いことを自慢するような人は誰とも本当の友達ではないでしょう。本当の友達と一緒なら自分を偽る必要もありません。なぜなら、そこには特別な繋がりがあるからです。

「友人とはあなたのことを全て知っているけれど、それでもあなたを愛してくれる人である。」

-エルバート・ハバード-

友達写真撮影

「偽りの友人は太陽の光が差し込んだ時にあなたについてくる影のようなものだ。」

イタリアの作家、カルロ・ドッシーは自分の事をあなたの友達だと言って、本当はそうでない者に気を付けるようにこの名言を述べました。彼らは生活が上手くいっている時しかあなたのそばにいません。そして、あなたの影響力のためにあなたのことを気にかけているのです。そういう人間はあなたとの友情は求めていません。

しかし、もし偽りの友達と本当の友達を区別するのが難しくても心配しないでください。あなたが困難に直面する時、特定の「友達」がそばにいない、またはあなたの事を気にしていないことに気がつくはずです。あなたを失望させるような人でなく、いつもそばにいてくれる友達を大切にしましょう。

「あなたを手段として見るような友人からは離れるべきである。」

これはサンティアゴ・ラモン・イ・カハールによる良いアドバイスです。もし誰かがあなたを利用しているなら、彼らから離れてみましょう。あなたはそんな人に利用されるべき人間ではありません。本当の友達はいつもあなたに対して誠実で、自分の利益の為にあなたを利用するようなことはないのです。

もしあなたがそんな相手と口論や衝突を生みたくないなら、徐々に距離を置くのがベストです。少しずつ距離を置いて、もし相手がなぜ離れているか尋ねてきた時に答えればいいのです。その方が、少なくともあなたを利用する相手に比べて誠実でしょう。

「誰かを判断する時は、その人の友人を見る。」

フランスの作家、そして神学者のフェネロンはこの言葉の生みの親で、これは最も正確な友情に関する名言の一つです。あなたもそう思いませんか?あなたが相手について知りたい時は、その人と一緒にいる人を見ることが一番です。なぜなら、友情はその人の価値や性格について多くを表すからです。

友達といると間違いを起こしてしまうことはあります。しかし、今回のような名言に残されたアドバイスは友情を長続きさせてくれるでしょう。

友達はあなたが選んだ家族のようなものです。しっかり気遣ってあげるのが最も大切なことだと言えるでしょう。

あなたへおすすめ