フリオ・コルタサル:アルゼンチンの知識人の人生

2019年9月5日
フリオ・コルタサルは本当に素晴らしく、重要な本を書きました。小説石蹴り遊びや物語Bestiario は間違いなくなくユニークなスタイルをもった時代を超越した作品です。

Julio Cortázar: The Life of an Argentinian Intellectual

フリオ・コルタサルは素晴らしい語り手でした。「石蹴り遊び」で私達を惹きつけ、日々の生活が特別で予測できないものであると教えてくれました。彼ほど反響の大きいラテンアメリカの作家はいません。彼のレガシーは、これからも、多くの世代に大切にされるでしょう。

白血病による悲しい死から35年経ちました。40年がたとうとする今でも、歴史に残る重要な作家として、彼の名は生き続けています。

コルタサルは、とても繊細で、詩的な短編を書く素晴らしい才能の持ち主でした。そのスタイルは、超現実主義で、日々の生活で最も低い部分や素晴らしい部分に光を放ち、影を落とします。彼の短編集 Bestiario は、時間を超越した傑作だと今でも評価されています。

物語、小説、評論、詩を数多く残しました。文学的であっただけでなく、彼は自分の考えを守り抜きました。実際、フリオ・コルタサルは祖国アルゼンチンでの軍事独裁への抗議としてフランスの市民権を取得し、フランス人になった

「夢の中で、詩の中で、遊びの中で、私達は時々、自分が誰か分かる以前の場所にたどり着く」

-フリオ・コルタサル-

若いフリオ・コルタサル

 

フリオ・コルタサルの人生

第一次世界大戦の開始とほぼ同時期の1914年、フリオ・コルタサルはベルギ―で生まれました。家族はアルゼンチン人ですが、父親がブリュッセルでアルゼンチン大使として働いていたため、ヨーロッパで数年生活しました。

5年後、コルタサルは初めて両親の国を訪れます。アルゼンチンは、彼の人生と文学に影響を与えた2つの国のうちのひとつ(もうひとつはフランス)です。

文字の人

アルゼンチンで彼は教育学を学び、小さな街で数年間教師として働きました。1951年、助成金を得ると、お気に入りの街パリに戻ります。そして、ユネスコの翻訳者として働き、文学の道に進み始めます。

アルゼンチンを去る頃には、有名な Bestiario を含む極めて重要な本を出版していました。また、有名な作家 ホルヘ・ルイス・ボルヘスが編集したLos Anales de Buenos AiresやRealidad などいくつかの雑誌も手がけました。

彼が目立つようになったのは、60年代になってからです。この頃、コルタサルはラテンアメリカやスペイン語文学における主要な人物になっていました。ガブリエル・ガルシア=マルケス、フアン・ルルフォ、マリオ・バルガス・リョサ、マリオ・ベネディッティ

コルタサルは、繊細で、革新的なスタイルをもち、社会的意識により、彼は疎外された集団や社会層を早い段階で認識していました。

コルタサル:社会活動家

フリオ・コルタサルはプライバシーと内向性をもつ古典的な知識人の象徴ではありません。若い頃には、フアン・ペロンやその軍事独裁に対する反対集会に参加しました。本当に自信をもち、熱心な活動家になったのは、60年代になってからです。それまで、考えや声明のほとんどを文学の中にためておいたのです。

著書対岸や「奪われた家」の物語は、アルゼンチンの激しい時代の象徴です。これらが助けとなり、彼は認知度を高め、より確固たる政治的性格を発展させました。

例えば、フィデル・カストロへ会いにキューバへ行き、サルバドール・アジェンデのチリ大統領就任式に参加し、また、ニカラグアのサンディニスタ運動の支援者でした。

彼は革命的な作家となり、何千もの人々を惹きつけ、人としての権利を守ろうとしました。カンファレンスを開き、また、チリのピノチェトによる残酷な政権についてオープンに語った重要な本 le dossier noir や Chili を出版しました。

しかし、彼の行動主義をアルゼンチン政府はよく捉えませんでした。実際、秘密警察は、彼の政治的信念から継続的調査を始めたのでした。

猫とフリオ・コルタサル

この政治的圧力(と迫害)により、コルタサルはお気に入りの街パリに永遠に住めるようフランス市民権を取得します。そして、白血病で亡くなるまで、そこに住んだのです。

「すべての感情において、ひとつだけ私達のものではないのが、希望だ。希望は人生のもので、そして、人生を守るのは人生そのものである」

-フリオ・コルタサル-

 

石蹴り遊び:文学的宝

1963年の石蹴り遊びの出版は、スペイン語文学の分岐点となりました。コルタサルはこれまでになかったものを作り上げたのです。

彼の物語を創造する能力と言語に命を与える能力、技術、スタイル、素晴らしい構成、すべてを組み合わせ、新たなジャンルを作り上げました。

構成

石蹴り遊びを読んだことがある人は、これに2つの読み方があることを知っているでしょう。まず、「標準的」方法で、第1章から第56章まで読みます。そして、コルタサルが本の初めに説明しているように、「指定表」に沿って読んでいきます。

2つ目の方法は、第73章から読み、それぞれの章の最後の指示に従い読んでいきます。それだけです。一番良いのは、両方の読み方をすることです。この本のすばらしさを全身で感じ、新たな視点や解釈を得ることができます。

長髪のフリオ・コルタサル

スタイル

コルタサルは、詩的な散文を用いて、石蹴り遊びを書きました。この本の革新的構成で読者を驚かすというのが唯一の目的だったわけではありません。本当の目的は、物語が書き直され、捻じ曲げられ、考え直され、また、破壊されることさえあるということを考えてほしかったのです。

従来の言語から離れ、心のもっとも感情的な部分を描写することを選んでいます

構想

この物語の主人公は冷たく、分析的、知的な男性、オラシオ・オリベイラです。その土地の多くの人がそうであるように、彼は危機にさらされています。突然、文学界でもっとも忘れがたい人物ラ・マーガと出会い、彼の世界は変わります。

マーガは純粋で感情的、自発的、昔の方法にとらわれません。コルタサルがフランス滞在時に影響を受けた運動、超現実主義の神髄が彼女の中にはあります。

彼女は社会への挑戦です。独特でありながら、古風なオラシオ・オリベイラとは正反対です。この女性は言葉巧みになりたいという非常に強い願いをもっています。ところが、彼女の周りにいる知識人は、マーガの直感、魅力、純真さをうらやみます

石蹴り遊びは、社会の2つの面の象徴です。知的と感情的、厳格と改革、現実的と古来式…これほど精神的に刺激され、内省に深く働きかける本はほとんどないでしょう。

  • Herraez, Miguel (2011) Julio Cortázar, una biografía revisada. Alreves