愛のための犠牲:疲弊する行為

· 2019年4月7日

愛のための犠牲は、公平に思われる犠牲であることが重要です。交際関係で犠牲に次ぐ犠牲を払うのは、愛を強めるわけでも、ロマンスを高めてくれるわけでもありません。むしろ逆です。常に自分のしたいことを諦めるのは疲れることで、自分ではないものになるように自分に負荷をかけることです。

愛のある交際関係では、犠牲よりもコミットメントが重要です

自己愛と境界線

誰かがあなたの境界線を越えた時は、それが嫌だということをはっきり伝えましょう。そうしなければ、あなたが傷ついていると気が付かないために、相手は境界線を越え続けます。同じ事はパートナーとの絆に関しても言えます。愛のために犠牲を払うことは誰にでもあります。普通のことですし、理解できます。

しかし、どんな犠牲も代償があることを無視してはいけません。あなたが諦めた全てのことが痛みを伴います。ギリギリで計画が変わってしまうのは、心地よいものではありません。人生の中で経験する他人のせいで起こる変化は、どれも簡単ではないのです。変化は痛みを伴い、重荷に感じることすらあっても、相手に尽くしているからこそ心からその変化を起こします。

さて、相手の人がこれに感謝しなかったり、愛のために感情的・個人的な犠牲を払っていることに気づいてくれなかったら、あなたは正しい道を歩んでいるとは言えません。信頼が少しずつ薄れて、相手に対して文句を言ったり責めたりするようになります。犠牲の亡霊は、あなたに更に憑りつきます。取り戻せない自分の一部をなくしたように感じるからです。

恋愛における無限の利他主義は健全ではありません常に与え続けるのは、自分の自尊心を破壊する悲しい方法であり、愛を補う苦しい方法です。

「死から救ってくれるものがないなら、愛は少なくとも人生から救ってくれる。」

-パブロ・ネルーダ-

目隠し
愛のための犠牲:どこで線引きすべきか

素晴らしい愛は、素晴らしい功績と同じように犠牲を伴うと言います。これは否定できないでしょう。カップルにこの質問をぶつけたら、多くの人がお互いに対して行った犠牲を口にするはずです。自分の人生を完全に変える必要があった人もいるでしょう。今幸せに生きているのであれば、それはそれで彼らにとっては機能したはずです。

しかし、許容できない愛のための犠牲も存在します。多くの人は犠牲が大きいほど、その関係は本物でロマンチックだと思っています。愛はわたしたちが崇拝すべき古代の神であるかのようにです。

すべてが機能したり許容できたりするわけではないことを理解しなくてはいけません。愛に関して言えば、全てを犠牲にしてはいけません。愛のために犠牲を払うのは、完全なる利他主義でも自分の価値、アイデンティティー、自尊心を忘れることでもありません。きちんと見出すべき境界線があります。

愛のために喜んで犠牲を払うのは、常に犠牲を払うことより大事

心理学者のキャリル・ラスバルト、ポール・A・M・ラングを含む何名かが、『パーソナリティ・アンド・ソーシャルサイコロジー』ジャーナルにある研究を発表しました。交際におけるコミットメント、安定性、幸せは、愛のために犠牲を払う気持ちが変数であることを証明しています。

  • パートナーに常に犠牲を払ってもらう必要はない。来るべき時が来て予期しないことが起こったら、パートナーが自分のために犠牲を払ってくれるという信頼が大切。
  • 必要な時には無条件の支援を与えてくれると知っていることで、安心して満足感を得られる。

羽
愛のための犠牲と感情の負債

愛にはコミットメントが必要であることはご存知でしょう。交際関係を続けるためには犠牲が必要な状況もあります。この犠牲によって、交際関係が成長すると信じているから、私たちは安心と自由をもってこの犠牲を払います。

しかし、多くの場合で愛のための犠牲は感情的な負債に変わります。あなたのために色々したのに、あなたは諦めてくれないの?」と言って、相手を脅したり操作したりしようとする人もいます。

負債は、無視できない重要な犠牲の側面です。こんな風に愛を解釈する人もいます。「あなたのためにすべてを諦めてきた。あなたはわたしに借りがあるの。」このような状況では、自分のアイデンティティーを「わたし」から「わたしたち」に変えることを迫られます。

溶ける女性

愛においては、自分という存在を無視したり、自分が大事にするものや自分を定義するものを消し去ってはいけません。愛する人のために何かすることはありますし、犠牲を払うこともあるでしょう。しかし、脅しに屈したり、自分ではないものに変わっていったりするような、超えてはいけない境界線があることを覚えておきましょう。

  • Visserman, M. L., Impett, E. A., Righetti, F., Muise, A., Keltner, D., & Van Lange, P. A. M. (2018). To “see” is to feel grateful? A quasi-signal detection analysis of romantic partners’ sacrifices. Social Psychological and Personality Science. Advance online publication. DOI: 10.1177/1948550618757599
  • Van Lange, PAM, Drigotas, SM, Rusbult, CE, Arriaga, XB, Witcher, BS, y Cox, CL (1997). Disposición al sacrificio en relaciones cercanas. Diario de la personalidad y la psicología social72 (6), 1373-1395. https://doi.org/10.1037/0022-3514.72.6.1373