エックハルト・トールによる幸せへの3つのカギ

· 2018年12月20日

エックハルト・トールは、ドイツのスピリチュアル作家で、ニューヨーク・タイムズが、アメリカで最も人気があると評しています。彼の著書には、愛、人生、スピリチュアルに関する教えが書かれており、心動かされます。私達が求める健康や幸せの状態へ達することは可能であるとエックハルト・トールは言います。

エックハルト・トールによると、容認、喜び、熱意が幸せへの3つのカギです。そして、この3つの中を意識が流れている状態でなければなりません。また、ここから生じたものでなければ、それはエゴからきたもので、それは邪魔になりうるのです。

トールは29歳の時、精神的な目覚めを経験したと言います。長期に渡り、うつ状態で、自殺する寸前でした。彼は、著書「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」の中で、幸せであるためには、私達の思考に邪魔されることなく、今を意識することが重要であると強調します。今が平穏への入り口だというのが彼の考えです。

「心は、正しく使われると、とても優秀な道具だ。間違った使い方をすると、それはとても妨害的である。さらに細かく言うと、私達は普段、心を全く使っていない。心が私達を利用しているのである。」

 

頭の中の激しい声を黙らせることは可能か?

私達が抱える苦悩のほとんどが不必要なものです。頭の中で繰り返される期待やまだ確定していない考えによって、自分を傷つけています。それは、まるで、何が起こるかを予想しながら歪んだ像を心が創りだし、その通りに世界が反応しているかのようです。私達がこれに気づくことなく、心のパターンを変えなければ、このような反応をまた繰り返してしまいます。

うつむく女性

本当に幸せになりたいですか?答えがイエスであれば、まず、頭の中で繰り返される声が誰のものなのか見極めましょう。それはあなたの声ですか、それとも、真の脳の声でしょうか?充実と健康を目指すのであれば、だれが話しているのか見極めなければなりません。

常に過去のことを考えているのであれば、その思考を解き放たない限り、同じことを繰り返すことになります。今の欠如により、過去が続くのです。そのため、今していることにこのような思考が隠れていないか、自分に問いかける必要があります。

意識の質が、あなたの思考を形作ります。容認、喜び、熱意に焦点をあてると、あなたの思考もそれを反映します。思考を完全に止めなければならないというわけではありません。しかし、幸せになるためには、これらの思考に本来の重要性を与えなければならないのです。

思考は、単にあなたが信じているものなのです。現実になるのは、ほんの20%のみです。現実を見ましょう。思考に扮した恐怖に脅かされないようにしましょう。過去に起きたことにより、今を生きるあなたを止められてはいけません。あなたが今現在を生きることを止める力がなければ、それらの思考に他にできることなどあるでしょうか?

「人生を今現在に制限しよう。多くの人がそうであるように、あなたの人生は問題であふれているかもしれない。だから、この瞬間に問題を抱えているのか、今、問題を抱えているのか、見極めることが大切だ。」

 

エックハルト・トールによる幸せへのカギ

どうしたら、幸せになれるのか?これは、エックハルト・トールが長い間向き合った問題です。彼の心の騒音はとても大きく、彼を悩ませ、心が崩れるまで続きました。しかし、彼が怖れた心の声は静まり、自身の思考により苦しむことはなくなりました。今は、思考と思考の間に沈黙があります。その間に、平穏と平静が訪れ、新たな喜びの概念をもたらします。

自分を受け入れ、いつもの思考パターンに準じることなく生きよというのが、健康へ達するための彼のアドバイスです。幸せのすべてが生じる場所、喜びを正しく解釈しましょう。そうすると、生きていることこそが、貴重な贈り物なのだということを理解できるようになります。

「エックハルト・トールによると、幸せとは、生きていることが貴重な贈り物であると理解すること以外の何でもない。」

幸せへのカギを手にした女性

幸せへの3つのカギに関して最も重要なのは、今の恐怖の舵を取ることだと頭にいれておきましょう。今の瞬間と向き合うことはいつでもできますが、心が投影しているだけの瞬間とは向き合うことはできません。そのため、過去や未来と向き合うことはできないのです。これは、不幸せが繁殖する場所です。今を生きましょう。

「人生には、意識革命に役立つ経験が与えられる。これが必要な経験だとなぜ分かるのか?それは、今、経験していることだから。」