相手に悪い印象を与えずに求人オファーを断る方法

19 10月, 2020
皆さんはこれまでに、求人オファーを断る必要性に迫られたことはありますか?今回の記事では、相手企業との関係を良好に保ち、将来の雇用機会を逃さないようにするためのヒントをいくつか学んでいきましょう。

あなたには、求人オファーを断らねばならなかった経験がありますか?この記事では、相手先企業との関係を壊さないようにし、将来の雇用機会を逃さないようにするためのヒントをお伝えしていきます。

例えばあなたがある求人に応募し、面接に呼ばれたとしましょう。これは良いニュースですよね!あるいは、あなたの経歴をオンラインで見たリクルーターから連絡が来るという場合もあるでしょう。

どういった状況であれ、おそらく何らかの求人オファーを断らざるを得ない状況に陥る可能性があると思います。では、悪い印象を与えたりすることなく、相手企業との関係を良好なものに保ちながらお断りの連絡をするにはどうすれば良いのでしょうか?

オファーを断らなければならない理由は色々あるでしょう。熱意を持って応募していた場合や企業が自分を雇いたがってくれている場合には特に、気まずいシチュエーションになることが予想されます。

とは言っても、面接を受けて初めてわかることがたくさんあるかもしれません。給料が思っていたものと違っていたり、昇進機会がないことが明らかになったり、あるいは勤務時間が自分には合っていない(子どもの世話やその他の用事のため)ことがわかるかもしれないのです。

あなたの職歴を見て興味を抱いた企業からオファーが来た際にも、同じことが起こり得ます。この場合の方が、労働条件が自分に合わない求人オファーを断りやすいかもしれません。

こういったシチュエーションではどう反応すれば良いのでしょう?将来のチャンスを失うことなく求人オファーを断ることなど可能なのでしょうか?

悪い印象を与えず 求人オファー 断る方法

求人オファーの断り方

答えを出す前にじっくり考えよう

ほとんどの場合、オファーを断る決断をする前にゆっくり時間をかけてじっくりと考えるべきです。とは言え、思い悩む余地もなくすぐ決められる場合もあるでしょう。

例えば、勤務時間に無理があると感じる場合や給与条件が期待に沿わない場合、あるいはオファーされた仕事のタイプが思っていたより安全ではない場合などにはあまり考えることなく決断を下すことができるはずです。

それでも、真っ先に答えを伝えてしまうのは避けるべきでしょう。考える時間を作ることでその仕事を引き受けられない原因をはっきり自覚することができるため、悪い印象を与えることなくオファーを断ることができるはずです。あなたのプロフィールに熱烈な関心を寄せている企業であれば、交渉次第で条件を合わせてくれるかもしれませんよ。

断りの連絡が遅すぎるのもNG

求人オファーを断る前に時間をかけねばならないというのは、何日も経った後に連絡すべきという意味ではありません。答えを伝えるのが遅すぎると、「腹の中を明らかにするのを恐れている人だ」という印象を持たれてしまいます。そのため、面接あるいは求人オファーを受けた日のうちに、あるいは翌日中に連絡するべきなのです。

こうすることであなたへの印象は良くなりますし、企業の方も他の候補者の選考プロセスを続行することができます。

その企業に応募している候補者全員がそのオファーを断るわけではありません。中には、できる限り早く仕事に就きたい人もいるかもしれないのです。したがって、断るのであれば返事をあまり遅らせるべきではないでしょう。

相手に悪い印象を与えずに求人オファーを断る方法

断る理由を正直に伝えよう

求人オファーを断る際の最後のアドバイスは、正直になることです。依頼された職がなぜ自分に適していないのか、本当の理由を隠さず伝えましょう。労働条件が期待通りでなかったのならば、そのことをはっきりと伝えてください。給与が問題だった場合にも、恥ずかしがらずにそれが断りの理由であると認めて良いのです。

電話で断りの連絡をするのが難しい場合には、メールを送ってください。断る理由を正直に記し、さらに自分に興味を持ってくれたことへのお礼を述べるのも忘れないようにしましょう。

こうすることで企業はあなたの求める条件が何なのかを知ることができ、もしかしたら将来それに見合う職種への道が拓けるかもしれません。適切に求人オファーを断ることができれば、今後その企業がまた採用活動を始めた際にあなたに声がかかる可能性が高まるのです。

断るのは悪いことだから、あるいは他にもっと良い仕事が見つからないかもしれないから、などとどんな仕事でも引き受けてしまおうとするのはやめましょう。労働条件に納得できないのであれば、断る決断力を持たなければばなりませんよ。

  • Argüeso, M. S. (2004). Una reflexión sobre la posibilidad de rechazar una oferta de empleo por responsabilidades familiares. In Desempleo: XIV Congreso Nacional de Derecho del Trabajo y de la Seguridad Social, Oviedo, 23 y 24 de mayo de 2003 (pp. 1453-1467). Subdirección General de Información Administrativa y Publicaciones.
  • Cruz Villalón, J. (2003). El deber de aceptación de la oferta de colocación adecuada. Relaciones Laborales: Revista Crítica de Teoría y Práctica, 1, 357-386.
  • de Escoriaza, J. C. Cómo afrontar una entrevista de trabajo: preguntas más frecuentes y aspectos positivos y negativos. sal de dudas, 63.