赤ちゃんの脳と心

2020年1月13日
ここ数十年の研究によって、赤ちゃんの思考について新しい発見がありました。今回はその調査結果と赤ちゃんの思考の仕組みに関してご説明します。

脳は歴史を通じて多くの方法で研究されてきました。現在、技術の進歩によってさらに多くのことが明らかになってきています。赤ちゃんの脳や心はどのようなものか疑問に思ったことはありますか?大人や幼児と同じでしょうか?赤ちゃんに関する研究は、最近になって詳しく実施されるようになりました。

以前は、赤ちゃんは単なる大人のミニチュア版であり、質的に異なるとは考えられていませんでした。歴史をみていくと「面白い」アイデアが見つかります。たとえばデカルトは、「人間は生まれながらに思考能力=精神をもつ」と考え、赤ん坊も「精神」と「身体」の合わさった存在で、大人になるにつれてこの潜在能力が顕在化し意識活動を行うようになると信じていました。一方、心理学者ウィリアム・ジェームズは、新生児は、その世界を「がやがやした、きわめて無秩序で混乱した状態」として体験していると主張しました。

時間の経過とともに、多くの哲学的、心理的、生物学的理論を経て、知識はますます正確で深くなりました。この記事では、赤ちゃんの脳と心がどのように機能するのか、また大人とどう違うのかご説明します。

「生まれたばかりの新生児は、それをひどくやかましい混乱として感じる。」

-ウィリアム・ジェームス-

神経科学による赤ちゃんの脳

赤ちゃん 心 脳

現在の神経科学の発達によって、過去の仮説が強調されたり誤りであることが判明しています。脳の活動を測定する研究により、赤ちゃんは短時間で情報を処理できることがわかっています。さまざまな感覚をキャプチャし、それらに特定の意味を与える力を持っているのです。

この能力によって、特に何かに焦点を合わせていなくても、赤ちゃんは異常な刺激を検出できます。これは、学習に必要な素晴らしい能力です。さらに、偏見もないので、創造的な可能性につながります。

赤ちゃんの脳には成人の脳よりも多くのニューロンがあることがわかっています。ニューロンのプルーニングと呼ばれるプロセスは成長するにつれて現れ、役に立たない接続やニューロンを排除します。

また、新生児の大脳皮質の領域の接続を分析した後、これらが成人の脳よりも優れた接続を持っていることが判明しました。特に実行機能の領域でそれが顕著に見られました。これは、人間が人生の初期段階で多くのことを学べる理由のひとつである可能性があるため、非常に興味深い発見です。これが事実の場合、脳の神経経路は促進要素となります。

神経伝達物質は、成人の脳と同じように、赤ちゃんの脳でも重要です。神経伝達物質の特異な放出は、刺激をフィルタリングすることによって赤ちゃんの選択性を低下させています。

こちらもご参考に:
赤ちゃんの視覚-なにが見えているの?

赤ちゃんの心に関する神話

カリフォルニアの心理学者であるデイビッド・チェンバレンは、人生の多くを赤ちゃんの脳と心の研究に費やしました。彼の本「The Mind of Your Newborn Baby」は、赤ちゃんの心に関連する最も有名な神話 が正しくないことを指摘しています。以下にいくつか例をご紹介しましょう。

  • 「赤ちゃんには感覚がある。」当たり前のように思えるかもしれませんが、数年前ま信じていない人もいました。手術を行うのにも麻酔が必要ではないと考えていたのです。しかし赤ちゃんは、中枢神経系などの機能によって感覚を持っています。
  • 「新生児の脳は未発達である。」:研究により、それは正しくないことがわかりました。実際成人の脳よりも多くのニューロンを持っています。
  • 「新生児は考えることができない。」:子供や幼児とは違った方法ですが、もちろん考えることができます。
  • 「新生児は母親を必要としない。」:母親は保護者としてだけでなく、愛の源として必要不可欠な存在です。

周産期心理学は、発達のために赤ちゃんの関係の重要性を示しました。一方、行動主義は、慣れと感覚がどのように機能するかに焦点を当てています。これらのアプローチのおかげで、赤ちゃんには過去には存在しないと信じられていた多くの機能があることがわかりました。

ご存知でしたか?:
マタニティ心理学:赤ちゃんと正常な絆を築く重要性

赤ちゃんの心の発達

赤ちゃん 脳 心

赤ちゃんは成長するにつれて変化します。しかしその変化はわずかだったり、内部的であるために気付かないこともあります。

たとえば、2歳未満の子供は、感覚を介して対象物を操作することを学びます。さらに、はいはいをし始め、ゆっくりと歩き出し、言葉も覚え、愛着心が発達します。しかしその心は3歳の幼児のものと同じではありません。なぜでしょうか?赤ちゃんの脳は環境と相互作用するにつれて絶えず変化していくからです。日々、新しい接続を確立し、効果のない接続を破棄します。成長段階に従ってそれを繰り返していくからです。

脳は日々変化し続け、子供の生物学的要因と環境との相互作用に関係しています。したがって、赤ちゃんの状況に合わせて機能は発達していきます。「Teachers Learn  How Kids Experience the Arboretum」の著者であるアナ・マリア・カバレロによれば、ハイハイをすることによって左脳と右脳を繋ぐ脳梁が発達していき、徐々に体の左右のバランス感覚が取れていきます。結果として、交差パターン、前庭と固有受容システム、視覚収束と目の焦点、触覚、側性化、および書く能力を発達させます。

今回ご紹介したように、赤ちゃんの心は非常に魅力的です。なぜなら、学習するたびに新たなつながりを築くからです。それらのつながりによって発育を強化し、偏見がないために驚くほど創造的な能力を持つことができます。新生児の脳や心にはまだ多くの謎が残されており、今後もさらなる解明が期待されています。

  • Caballero, M. (2017). Neuroeducación de profesores y para profesores. Ediciones Pirámide.
  • Chamberlain, D. & Martí, N. (2002). La mente del bebé recién nacido. Ob stare.
  • García, E. (2007). Teoría de la mente y ciencias cognitivas. Nuevas perspectivas científicas y filosóficas sobre el ser humano. Madrid: Universidad Pontificia Comillas de Madrid, 17-54.
  • Lehrer, J. (2009). Inside the baby mind. The Boston Globe. Recuperado de: http://archive.boston.com/bostonglobe/ideas/articles/2009/04/26/inside_the_baby_mind/?page=full