アーサー・W・スターツの行動主義心理学

2019年7月13日
行動主義心理学とは何なのか、そしてどう行動や感情、そして人間のパーソナリティを説明しているのか、この記事でご説明します。

行動主義心理学では、人間のパーソナリティは観察可能な行動によって説明できる、と仮定しています。1912年に、ワトソンが初めて行動主義を確立しました。これが行動主義心理学を含む一般的な理論です。スキナーが彼の革新的な行動主義によってこの理論をさらに発展させました。スターツによる最新のアプローチは、人間のパーソナリティと内的世界を説明する、行動主義心理学についてのものです。

アーサー・W・スターツによる行動主義心理学は行動主義を心理学の領域にまで拡大させました。そして、この理論では観察可能な行動によって心理を説明することができる、と仮定されています。心理の構成要素にはパーソナリティ、学習、そして感情が含まれます。

この意味では、スターツは、パーソナリティが学習された行動のレパートリーであると初めて提唱した人物でした。これらの行動は環境、生物学的要素、認知、そして感情との間の相互作用によって生まれるものです。このパーソナリティ理論が行動主義心理学のメインの構成要素であり、この理論以前の行動主義理論と差をつけるものです。

行動主義心理学とパーソナリティ

スターツによると、パーソナリティ理論を構成するのは3つの行動分野だそうです:

  • まず、感覚運動分野。これは感覚運動スキルや注意力、そして社交力を含みます。
  • 次に、認知言語学的分野。
  • 3つ目に、感情的動機付け分野です。

産まれた時点では、新生児にはこれらの行動分野はありません。成長するにつれ、人は複雑な学習を通してこれらを獲得し、様々な状況に対応できる能力が身についていくのです。人間は、その行動分野の多さによって人生を経験し、基本的な分野を発展させていきます。

アーサー・W・スターツ 行動主義心理学

各人の基本的な行動分野と人生経験が行動を形成し、結果としてパーソナリティを形作るのです。このモデルに従うと、生物学的要素が環境と相互に作用し合い、パーソナリティ形成に影響を与えるということになります。

一方で、行動主義心理学ではパーソナリティの研究をかなり重要視しています。パーソナリティテストは必要不可欠であり、これによって専門家たちは人が危険に晒された時どんな行動をとるかを予測することができます。

また、このテストは行動や文脈を特定し、それを促進するのにも役立ちます。そして今度はこれが望まれた行動を生み出すための環境を作り出すのに役立つのです。同様に、望まない行動が発展してしまうのを妨げる役目もあります。

行動主義心理学と教育

行動主義心理学では、子どもたちは成長するにつれて基本的な行動分野を学び、その上にさらに複雑な他の行動分野を積み重ねていくのだ、と主張されています。これは累積学習と呼ばれています。行動主義心理学の考え方によると、この学習は人間に特有なものだそうです。

この累積学習モデルに従うと、子どもが言語のような分野を学習するときには、彼らはその上に読書や文法といった別の分野を積み上げていくことができます。そしてこういった読書や文法といった分野がさらに複雑な分野の習得に繋がっていくのです。

スターツの研究では、育児の重要さが強調されています。特に、彼は子どもに言語や認知発達を早い段階で教育することにより、より進んだ言語発達が実現できる、と示しました。また、これは知能テストにおいても高い知能レベルを発揮することに繋がります。そして多くの研究が彼のこの発見を支持しています。

行動主義心理学と言語

スターツは多くの単語がポジティブあるいはネガティブな感情応答を引き起こす、と指摘しました。また、行動主義心理学では感情的な単語には2つの追加機能がある、とされています。まず、これらは他の行動の習得に役立ちます。次に、近似行動あるいは回避行動も引き起こします。

行動主義心理学は言語の様々な側面を研究しています。例えば、Behavior Therapyという雑誌に1972年に発表されたスターツによるこの記事では、認知行動療法(言語)を行動の領域に紹介しようとしています。

アーサー・W・スターツ 行動主義心理学

行動主義心理学と行動障害

行動主義心理学では、精神疾患という概念を受け入れていません。代わりに、異常な行動分野を習得することが行動障害につながる、という主張をしています。個人が様々な状況に対処するのに役立つはずの重要な学習分野が欠如していると、これもまた行動障害につながる可能性があるそうです。

行動主義心理学は精神疾患という概念を拒絶し、異常行動は個人が必要とする基本的な分野の蓄積が欠如することにより引き起こされるのだ、と主張しています。

このことから、行動主義心理学では行動の積み重ねが行動障害の治療に有効である、と提唱しています。また、行動障害につながるような状況を特定し、排除することも提唱しています。

  • Carrillo, J. M., Collado, S., Rojo, N., & Staats, A. W. (2003). Personalidad, emociones y dolor. Clínica y Salud14(1).
  • Staats, A. W. (1979). Conducta social y problemas sociales. Modificación de conducta: Aplicaciones sociales, 75-102.
  • Staats, A. W., & tr Carrillo, J. M. (1997). Conducta y personalidad: Conductismo psicológico.
  • Staats, A. W. (1979). El conductismo social: un fundamento de la modificación del comportamiento. Revista Latinoamericana de psicologia11(1).