アルベルト・アインシュタイン:革命的天才の略歴

2019年7月10日
アルベルト・アインシュタインは、自身の理論を確かめるために思考実験という方法を用いました。彼は宇宙の拡大と無限の過去について人類で初めて提唱した人物でした。

アルベルト・アインシュタインは科学者であり、先見の明を持ち、人々にインスピレーションを与えるような人物でした。彼は暗闇の中にある美しさを発見し、物理学界に革命を起こしました。彼のおかげで私たちはそれまでとは違った形で宇宙を理解できるようになりました。彼はよく、自分には才能が欠けており、ただ単に情熱的なほど好奇心が強いだけだ、と発言していました。好奇心と創造力こそ、紛れもなく彼の軸となる考え方でした。

アルベルト・アインシュタインは20世紀の最もカリスマ性が高い人物です。誰もが彼の有名な質量とエネルギーの等価性の方程式、E = mc²を知っていますよね。しかし、宇宙論や統計物理学、量子物理学の基礎を築いたことに関する功績も認めるべきです。

さらに、多くの人が彼を”原子爆弾の生みの親”として言及します。これは彼の研究がマンハッタン計画の発展に貢献したためです。にも関わらず、アインシュタイン本人は自身のことを平和主義者だと表明しています。彼は頻繁にルーズベルト大統領に自分の研究の資金援助をするよう説得したことへの後悔を口にしていました。それでも、彼の研究や発見はあらゆる意味で歴史を変えたのです。

アインシュタインの業績はスティーブン・ホーキングにとってカギとなるものでした。彼の遺産はとても広大であり刺激的だったので、彼の予言の多くは重力波の場合のように今もなお信用されています。

世界を驚愕させた少年

アルベルト・アインシュタイン 革命的天才 略歴

アインシュタインはドイツ、ウルムでユダヤ人家族の元に生まれました。父親のヘルマン・アインシュタインはビジネスマンで、母のパウリーネ・コッホはピアニストでした。音楽はアインシュタインの人生において若い頃から大きな意味を持つものとなっていました。

アインシュタインが言葉を話せるようになったのは比較的遅く、読み書きの習得もゆっくりだったことに触れておかねばなりません。さらに、彼はあまり打ち解けず、静かでとても内向的でした。こういった彼の性格のせいで、両親や教師は彼が何らかの学習障害を持っているのではないかと疑っていました。

しかし、彼はこの時期のことをある種の隠遁状態のようなものだったと述べており、この頃から彼は他の同じ年頃の子が到底考えもしないようなことについて思いを巡らせ始めたそうです。6歳という年齢にして、彼は宇宙や時間について疑問を抱き始めたのです。音楽の素養や辛抱強い妹、そして叔父のジェイコブ(代数や研究に熱心でした)の助けもあり、アインシュタインは世界に対して心を開き始めました。

15歳の時、彼は独学で微積分を学び始めました。17歳になると、チューリッヒにあるスイス連邦工科大学にて物理学と数学を学び始めます。それから間も無くして、彼は生涯の恋人であるミレーバ・マリッチという聡明なセルビア人と出会いました。そしてのちに彼女との間に二人の子どもを授かることとなります。

彼の残した科学的な遺産

1905年に、科学者としての彼の功績の土台となるような論文をいくつか発表しました。1つ目の論文の中で、彼はブラウン運動(液体の中で微粒子がランダムに運動する現象)についての調査を行いました。その他の論文は光電効果や特殊相対論、そして質量とエネルギーの等価性について触れています。

光電効果の研究により、ほぼ20年後の1921年に彼はノーベル物理学賞を受賞しました。アインシュタインはベルン、プラハ、ベルリンの大学で教授として働きましたが、1933年にヒトラーが興隆を見せ始めると、彼はアメリカへ避難します。彼はそこで人生の残りの25年間を過ごすこととなります。

腹部動脈瘤の肥大化による出血に苦しんだ後、彼は1955年の4月16日に亡くなりました。76歳でした。

“逝きたい時に逝きたい。命を人工的に長らえても味気ないだけだ。私はすでに役目を果たした。もう旅立つときが来た、エレガントにやってみせるよ”

-アルベルト・アインシュタイン-

アルベルト・アインシュタインは革新的な天才だった

彼は革新的な天才であり、よく”思考実験”と呼ばれる方法を用いました。彼は、多くの時間を自身の理論の様々な側面について想像することに費やしました。例えば、彼はエレベーターで宇宙を旅する人物のことを想像していました。また、目の見えない昆虫が湾曲した面を這い上がる様子を想像することもありました。

こうした実験によって、彼は重力や、重力の中で光子が輪を描くように進む様などについての様々な要素を説明できるようになったのです。光子については、それまでは多くの人がまっすぐに進むと考えられていました。

近年でも、彼の理論の多くを論証し続ける人がたくさんいます。

アルベルト・アインシュタイン 革命的天才 略歴

光電効果

ほとんどの人がアインシュタインは相対性理論によってノーベル賞を受賞したと思っていますが、実際は光電効果の研究に対する表彰でした。実は、この理論の発展のおかげで、私たちはテレビやソーラーパネル、マイクロチップ、モーションセンサー、コピー機、デジタルカメラ、自動照明といった生活に不可欠なテクノロジーの大半を手に入れることができたのです。

アインシュタイン 天才 略歴

相対性理論

1915年に、アルベルト・アインシュタインはプロイセン科学アカデミーにて一般相対性理論を発表しました。彼はこの理論によってニュートンによる重力の法則の誤りを暴こうとしたのです。

その他の功績

アインシュタインの遺産は広範囲に及び、1905年の最初の出版物から始まります。統一場理論には何年間もの時間が費やされました。これは、彼には重力に関する研究を電磁気学と統合させたいという願望があったためです。これらもまたあまり知られていない彼の功績の1つでしょう。

今日になっても、彼が抱いた疑問の多くは答えが出ていないままです。アルベルト・アインシュタインは宇宙の謎や原子のミステリーを暴こうとした先駆者でした。

彼の創造力と好奇心には際限がありません。彼の批評的精神は他の人が当たり前だと決めつけているようなことに対して挑戦的に疑問を抱きました。すでに確立された事実を改めて見直してみる、最終的にはこれが真の科学者や本物の知識追究者が行うべきことなのです。

  • Einstein, A. (1956). Investigations on the Theory of the Brownian Movement. Courier Corporation.
  • Einstein, A. (2011). The Theory of Relativity: And Other Essays. Open Road Media.
  • Einstein, A. (1905). Über die von der molekularkinetischen Theorie der Wärme geforderte Bewegung von in ruhenden Flüssigkeiten suspendierten Teilchen. Annalen der physik322(8), 549-560.
  • Einstein, A. (1905). Zur elektrodynamik bewegter körper. Annalen der physik322(10), 891-921.