スティーヴン・ホーキングの言葉:人生に関する21の考察

2018年8月4日 in 好奇心 0 シェア済み
スティーブン・ホーキング

スティーヴン・ホーキングは、人類を星に近づけた男です。ブラックホールと宇宙の始まりを理論化した人物です。特異点や宇宙時間の中のギャップを発見しました。

ホーキングのお陰で、人はブラックホールを通って時間を旅することを夢見るようになりました。彼が宇宙の見方を変えたのです。尊敬されているのに、あまり知られていない人でもあります。そんなホーキングは、すでにこの世を去っています。

ホーキングは科学者でこの時代の賢者であり、強さとカリスマを放つキャラクターの持ち主でした。若いころは素晴らしい精神で際立っていた人物です。しかし、ホーキングはのちに人生を揺るがすような病気、筋萎縮性側索硬化症(ALS)であると診断されます。

宇宙

このような状況にもかかわらず、スティーヴン・ホーキングは生き延び、常識を打ち破りました。オックスフォードで勉学中の21歳の時に診断され、 2年もてばいいほうだと言われていたのです。

人類にとっては幸運なことに、ホーキングの体・素晴らしい精神はさらに50年間も輝き続けました。スティーヴン・ホーキングがとてもインスピレーションを与えてくれる人物である理由のひとつです。彼は、理論物理学や天体物理学などの分野に、私たちの手助けとなる知識の遺産を残していきました。

スティーヴン・ホーキングの言葉:素晴らしい思考

スティーヴン・ホーキングのことを考えるとき、たくさんの疑問が浮かびます。最も興味深い疑問は、次のような疑問ではないでしょうか。「スティーヴン・ホーキングのように考えるって一体どんな感じなのか。」この疑問に答えることはもちろんできません。しかし、彼の倫理の基本や人生、世界、宇宙についての考え方を掘り下げていくことはできます。

だからこそ、有名なホーキングの言葉をご紹介します。彼が世界と共有した考えの重要性を知ることで、彼を忘れずにいることができます。それこそが、この世界を去ってしまった星、ホーキングに対する最高の賛辞ではないでしょうか。

  • 「ブラックホールというのは、よく描かれるようにブラックではないというのがこの講義で伝えたいことです。我々が考えていたような永遠の牢獄ではありません…ブラックホールから外へでることも、おそらく別の宇宙へ出ることも可能です。だから、もしブラックホールの中にいるように感じたら諦めないでください。出口は必ずあります。」
  • 「そこに愛する人がいないのであれば、宇宙なんて大した存在じゃありません。」
  • 「人生がどんなに悪いように感じられても、いつだってできること、達成できることがあります。生あるところに、希望あり。」
  • 「わたしたちは、自分たちで発見し理解している理性的な法則によって左右される宇宙に生きています。星を見上げて、足元ばかり見ないようにしてください。自分が見えるものの意味を考えて、なぜ宇宙が存在しているかに思いをはせてみてください。 好奇心を持ってください。」
  • 死は怖くありません。でも、死を急いではいません。その前にすることがたくさんあるんです。」
    スティーブン

人生に関するスティーヴン・ホーキングの言葉

  • 「気づいたんです。すべては運命に定められていてそれを変えることはできないと断言する人でも、道路をわたる際には右左を確認するんです。」
  • 「知性というものは、変化に適応する能力です。」
  • 「我々が作り出してきた生というものが純粋に破壊的であるということに人間の本質があると思うんです。人間は自分のイメージの中に生を想像しているんです。」
  • 「種として人類が生き延びるとしたら、最終的に星に散らばるしかないんです。今日、人類は宇宙へ飛び出していくことに献身しています。わたしたちは人間で、飛ぶことが本質にあるからです。」
  • 「温暖化が取り返しのつかないものになってしまう転換期に近づいています。次に温暖化を否定する人にあったら、金星に行ってみるように言ってください。旅費は僕が払います。」
  • 「『神はサイコロを振らない』といったアインシュタインは間違っていたんです。ブラックホールにおける考察によって、神はさいころを振るだけでなく、見えないところに投げて人間を混乱させるということがわかったんです。」
  • 「面白くなかったら、人生は悲劇でしかない。」
  • 「知識の最大の敵は無知です。知識の幻想です。」
  • 「神は存在するかもしれません。でも、創造者なしに科学で宇宙は説明できてしまうんです。」

星空

人類に関するスティーヴン・ホーキングの言葉

  • 「人間は、平均的な星の小さな惑星に生息する高次の種族のサルに過ぎません。しかし、わたしたちは宇宙を理解することができます。そのことだけでも人間は特別な存在と言えます。」
  • 「静かな人は最もうるさい精神を持っています。」
  • 「自分のIQを自慢する人は負け犬です。」
  • 「いつも怒っていたり文句を言っていたら、人は時間を割いてはくれません。」
  • 「僕の未来には暗雲が立ち込めていましたが、自分でも驚くべきことに以前にもまして今を楽しんでることに気づいたんです。」
  • 「もちろん、障害のお陰で僕は助けを必要とします。しかし、自分の障害の限界を乗り越えようと常に努力し、出来るだけ思いっきり人生を送ろうとしています。南極大陸から宇宙まで、様々な場所を旅してきました。」

最後に、スティーヴン・ホーキングがかつて口にした次の言葉をご紹介します。「永遠に存在しないものなどない」。

何かが永遠に存在するというのは理解しがたいことかもしれません。しかし、一つはっきりしていることがあります。ホーキングの遺産、人生、知識は、ずっとずっと生き続けるはずです。

読者の方へ。また別の視点からのスティーヴン・ホーキングの人生を描いた映画、『博士と彼女のセオリー』 を見ることをおすすめします。 『ホーキング、未来を語る』、『宇宙への秘密の鍵』、『ホーキング、宇宙を語る : ビッグバンからブラックホール』やその他の本を読んでみることもおすすめです。ホーキングは、常に天体物理学を良く知らない人でも理解できるように執筆しているためわかりやすいはずです。

あなたへおすすめ