あなたが苦しい時、わたしはここにいます

· 2017年10月10日

あなたが苦しい時、私はいつでも傍にいます。あなたが立ち直った後でも、いなくなったりなどしません。義務感から話しを聞くわけでも、見返りが欲しいから手を差し伸べるわけでもありません。そしてあなたが聞きたい言葉を言うために私は傍にいるのではなく、真実を伝えるためにいるのです。

悲しみに暮れ、泣く場所を求めている友達や家族に、あなたの肩を貸してあげるのはそんなに難しい事ではありませんよね? みんな慰められるより慰める方がずっと簡単だと思っています。ですが、あなたの慰め方は間違っているかも知れません。たくさんの間違いをおかしていて、その結果が目に見え始めているのに、それに気づいていない可能性があります。

 

「誰かを慰めるのを、決して急いてはいけません。急くという事は、結局のところ あなたは相手が不平を言うのを止めたいだけなのです。」

 

心ここにあらずの状態で聞きたいことだけを聞き、自分なら絶対に従わないであろうアドバイスをする、、身に覚えがありませんか? 自分では助けている、慰めていると思っている事でも、実はその逆の事をしている可能性があります。目を覚まして自分のしてきたことを考えてみましょう。

 

もし辛い状況にあなたが置かれたら、私はあなたの言いたい事全てに耳を傾けます

苦しんでいる誰かに手を差し伸べたいと思っていても、あなた自身が問題を抱えていればしっかりと話を聞いてあげることなど出来ません。彼らの話しが馬鹿げていると考え、起こったことや、それに何を感じたのか真剣に心から考えてあげられていないかも知れません。もしそうなら、相手をしっかりサポートしている事にはなりません。

このような状況下では、心から相手に共感しなければなりません。その人の身になって考えてみてください。人に真剣に話しを聞いてほしいと思いませんか? 何と言って欲しいですか? 何が助けになりますか? こういうことに対する答えが、相手を助ける答えなのです。

女性の鎖骨に乗る鳥

相手の話しを聞きながら、何を言っていいのか言葉に詰まり沈黙が苦しくなったとしても、決まり文句を口に出すのは避けましょう。良い言葉が見つからない時、人はついつい「大丈夫だよ」「こんなことすぐに終わるよ」「必ず良くなるよ」などというお決まりの言葉を言ってしまいます。正しい慰めの言葉などありません。何を言っていいのか分からなければ、ただ相手の話を聞いてあげるだけでいいのです。

 

「意味のない慰めの言葉をかけても 何の役にも立たない」

 

必ずしも励ましの言葉をかけなければならないわけではありません。傍にいて話を聞き、問題を解決しようとするのではなく、理解しようとしてあげてください。

時には、何もしないことが最大の助けになることもあります。中身のない話をするくらいなら、ただ黙って抱きしめてください。耳を傾ける事、行動する事の方が1000倍も価値があるのです。

 

「慰めとは、評価することなく話しを聞く事である」

 

辛いかも知れないけど、私は真実を伝えます

その人を助けたいと思うのなら、どうやって解決するべきかなどのアドバイスは必要ありません。自分の経験を話してあげると、「自分は一人じゃない」「自分だけじゃない」と勇気づけられたりします。ですが、その時にウソを言ってはいけません。必ず正直に話しましょう。

例えば、恋人関係に悩む友人がいるとします。彼女は辛い幼少期を過ごしてきており、これまでどんな恋愛も最後はドロ沼になって終わりました。彼女は自分が愛していると思っている人に対する依存と強すぎる愛情に苦しんできました。彼女をどうやって慰めますか?

光る手

もし自分が似たような経験をして来たなら、それについて話しますか? 恋愛をしないで自分の時間を楽しむ期間を作る、友達と出かけて気を紛らわすなど、恋人がいなくても楽しく幸せになる事は出来るのだというアドバイスをするかもしれません。ですが、あなたの時はどうでしたか? 自分が今言った事が出来ていましたか?

本当に素晴らしいアドバイスを与えてくれる人が大勢いますが、みんな自分の時にそうする事が出来ていたのでしょうか? 苦しい状況の中でそれを実行するにはあまりにも自分が弱かったかも知れません。もし人にアドバイスするなら、その内容が更なる苦しみをもたらさないかしっかり考えてからにましょう。

 

「もしあなたが苦しんでいるなら、私は自分の思考をいったん止めて あなたの話しだけを聞きます。」

 

また、その人が効きたい言葉ばかりを言うのも良くありません。良いことも悪いことも含め本当の事を正直に言わなければ、その人のためにはならないのです。時には建設的な批判だけが最も効果的な助けになるのです。

そばかすの女性

こうして見てみると人を元気づけるのは簡単ではありませんよね? 強い意志、注意深さ、長期にわたる無条件のサポートが必要になります。嘘の入り込む余地などありません。これらはあなたを必要としている友達や家族の痛みや苦しみを和らげ、辛い状況に光を挿し込むことが出来るのです。