アンディ・ウォーホルとタイムカプセル

2019年9月18日
アンディ・ウォーホルは、20世紀のポップアートムーブメントを先導した代表的なアーティストです。芸術家としての人生の中で600以上のタイムカプセルを作成しましたが、タイムカプセルは、それぞれに特定の「開封日」がありました。今回の記事では、なぜタイムカプセルの中に「世俗的」なものを保存しようとしたのかについてご紹介します。

アンディ・ウォーホルは、20世紀に起こったポップアートムーブメントの中でも、最も認知度が高い一人です。彼の作品が人気を博すようなったことから、世界的に有名な芸術家の一人となりました。

1928年8月6日にペンシルベニア州ピッツバーグで生まれたアンディウォーホルは、画家や映画製作者として多くの作品を作り上げると同時に、大量のタイムカプセルを作り続けました。

アンディ・ウォーホルを、1960年代のポップアートムーブメントの父であり主要人物であると考える人もいます。彼が大量に製作した芸術作品は、アメリカの商業文化に陳腐さを批判するものでした。

彼は、非人間性を持つ空虚な芸術家としての自己イメージを投影することができた、偉大な自己宣伝者でした。

今回の記事では、アンディ・ウォーホルという偉大な芸術家の人生と彼の作品が持つ重要なテーマについてお話ししましょう。

アンディ・ウォーホル:人生と遺産

アンディ・ウォーホルは、現在はスロバキアとして知られている国からの移民の息子でした。1949年にカーネギー工科大学(現在のカーネギーメロン大学)を卒業し、グラフィックデザインの学位を取得しました。

その後はニューヨーク市に移り、約10年間商業イラストレーターとして働きました。

1950年代の終わりごろから絵を描き始め、1962年にキャンベルのスープ缶、コカコーラの瓶、そしてブリロの石鹸入れの木製レプリカの絵を発表したことで突然有名になりました。

アンディーウォーホル

1963年には、スクリーン印刷と呼ばれる技術を使用して、意図的にありふれた消費者向けの製品を大量生産し始め、その後は有名人の肖像画を、人目を引く色で印刷し始めました。

スクリーン印刷はウォーホルにとって完璧な媒体であり、何度もイメージを再現することで、文化的なアイコンを意味のない非人間的な人物に変えることに成功しました。

彼にとってのアイコンとは、唯物論の空虚さと芸術に対する彼自身の感情面での「無関心さ」を表現しています。

こちらもご覧ください:転換性障害と満ち足りた無関心

基本原理

一般の芸術論において、人々は長期にわたり、常に芸術と美しさを関連付けており、身近なものなど、現実的な場面を絵の中でより美しく表現することが多くありました。

しかし時間の経過の中で、現実主義や写実主義から、芸術は徐々に変化遂げ、芸術における「トレンド」は進化し、そして変化しました。

ハイカルチャーとサブカルチャーの間には常に明確な区別がありましたが、このような事実に対してはある疑問が生じます。

芸術とみなされる価値は何だろうか?

芸術における基本原理は、長い間修正されず、時間の経過とともに再び進化を遂げていますが、人気の芸術は常にサブカルチャーに位置付けられてきました。少なくとも20世紀まではその傾向がありました。

その後、芸術面ではハイカルチャーだけでなく、人気のテレビ、ニュース、そして音楽などに芸術が登場し、影響を及ぼし始めました。

何でもお金を出せば手に入り、商業化され「非人間化」された世界においては、アンディ・ウォーホールの芸術は革新的であり、大衆文化と西洋社会を支持する叫びでした。

芸術が社会のように進化したため、シンプルに美しいものである必要はなくなったのです。アンディ・ウォーホルの作品は、1987年2月22日に彼がニューヨーク市で亡くなるまで、アメリカのポップアートムーブメントの最前線にいました。

こちらもご参照を:賞賛に反応するための繊細な芸術

アンディ・ウォーホルのタイムカプセル

1974年から、アンディ・ウォーホルは610個のタイムカプセルに個人の持ち物を入れて密封し、保管しました。その膨大なタイムカプセルを一連の芸術作品だと見る人もいます。

ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル博物館がこれらのタイムカプセルを発掘して、その中に密封されていたものの内容をカタログとして記録を始めた時、日々の無意味な物質がタイムカプセルの中に入っていることに気づきました。

たとえば、新聞記事、チラシ、食べかけのサンドイッチ、切った足の爪までありました。逆に、大きな作品になる可能性のあったものの写真、委任状、または実際の芸術作品までタイムカプセルに入っていました。

アンディ・ウォーホル財団は、タクシーの領収書からファンレターに至るまでのすべてを調査するために、アーキビストのチームを雇いました。

アーキビストは、細心の注意を払ってすべてのアイテムをカタログ化し、写真を撮り、(しばしば非常に奇妙な)記事を調査し、データベースにそれぞれの情報を入力しました。

アンディ・ウォーホルのタイムカプセルの意味

日常生活の表面から何かを取り出して「再包装」することは、アンディ・ウォーホルの創造的な作風の基本となりました。

彼の作ったタイムカプセルは、いたずらと西洋文化に向けられた冗談であり、私たちの生き方に対する風刺の反映だと考えることができます。

アンディ・ウォーホルは、亡くなる日まで「芸術作品を作らなくても芸術家になれる。私が芸術だ。」という考え方を常にもっていました。彼は芸術家としての自分を文化的アイコンという地位にまで押し上げたのです。

芸術家はもはや、世界を美しく表現する人ではなく、風変わりで先見の明がある人物となりました。

「すべての中に美しさがある」とアンディ・ウォーホールは語ります。

アンディ・ウォーホルのタイムカプセルは、基本的に死に関するもので、マリリンモンローとエルビスの肖像画も同様で、彼は死とゴミを芸術に変えました。

彼が選んだのは、ウェルカムカード、挨拶状、高級レストランから盗まれた灰皿、エルビスの写真、クリスマスの包装紙とリボン、ビバリーウィルシャーホテルの「do not disturb(起こさないでください)」のサインなどです。

「アーティストとは、人々が持つ必要のないものを生み出す人のことだ。」

-アンディ・ウォーホル-

アンディウォーホル バナナ

ゴミは芸術になる

アンディ・ウォーホルは、あらゆる意味で時代を先取りしていました。彼は、ゴミ箱からゴミを慎重に拾い上げるとそれぞれに15分間の栄誉の時間を与えました。

彼ほど、ゴミを芸術に変えた芸術家はいないのではないでしょうか?

芸術家であるフランシス・ベーコンの友人は、彼が亡くなった後に、フランシス・ベーコンが持っていたゴミのようなものを保管して、オークションにかけました。フランシス・ベーコンは、自分の死後に自分の古い小切手などのゴミに芸術的価値が認められるとは、思ってもみなかったでしょう。

アンディ・ウォーホルにとって、机の上のゴミは貴重なものであり、見る人が見れば芸術になるかもしれないと考えました。芸術とは、もやは芸術論や理想ではなく、経験するのがより難しい視点と考えるのがよいのかもしれません。

アンディ・ウォーホルのタイムカプセルは、20世紀の最重要な芸術家の1人であるアンディ・ウォーホルに関する魅力的な視点を紹介するものとなります。

ウォーホルの人物像

アンディ・ウォーホルのような考えを持っていたのは、彼自身だけではありません。彼のタイムカプセルに固有の価値があると考える人がいます。

ある1人のファンは、最後のタイムカプセルを開けることができる権利を得るために、3万ドルという衝撃的な金額を支払いました。

「人間は一人で生まれるが、どこでも、相互作用の連鎖である花輪のような鎖に繋がれている。社会的行動はその場しのぎのものであり、しばしば勇気が必要で、時にはばかげており、常に奇妙なものだ。ある意味においては、すべての社会的行動は交渉であり、「彼」、「彼女」、そして「彼らの」願いとあなたの願いとの間の妥協といえる。」

-アンディ・ウォーホル-

アンディ・ウォーホルは、セレブリティー、そしてビジネスマンとしてのコンセプトで遊ぶ、複雑かつアーチスティックな人格を形成しました。

それ以降、他のアーティストが彼を真似ているように、現在でも影響を与えている芸術家の一人です。

アンディ・ウォーホルは、時代と革命の象徴としてのアイコンとなり、その非人間化された芸術は、新しいニーズ、消費の新形態、そして新しいライフスタイルを反映していました。

彼は芸術家と言う存在を、骨の折れる職人から、多くの人から認識され芸術家そのものが芸術となる世界への特定の視点を持った風変わりな人物へと高めた人だと言えるでしょう。

  • Ribas, J., & Warhol, A. (1990). Comprar es más americano que pensar. Ajoblanco, 21, 22-41.
  • Honnef, K. (1991). Andy Warhol, 1928-1987: el arte como negocio. Benedikt Taschen.
  • Warhol, A., & Covián, M. (1981). Mi filosofía de A a B y de B a A. Tusquets.
  • Smith, J. W. (2001). Saving Time: Andy Warhol’s Time Capsules. Art Documentation: Journal of the Art Libraries Society of North America, Volumen 20, número 8. Pp. 8-10.