転換性障害と満ち足りた無関心

2019年8月21日
転換性障害は、身体機能が停止したり弱まり、神経学的検査によって説明のできない神経症状を示します。

転換性障害や満ち足りた無関心は機能障害ですが、その症状は身体的であり、まるで器質的な病気のようです。

転換性障害は、ヒステリック神経症障害によって発生します。身体機能を弱める恐れがある症候学であり、物理的損傷がなかったり、虚偽性精神障害の一部として発生します。

転換性障害は心理的要因が存在する場合の病態生理学的プロセスであるため、心身症と混同しないでください。

転換性障害 満ち足りた 無関心

こちらもご参考に:
高機能不安障害と内向性

転換性障害の臨床的特徴

転換性障害とは、基本的に身体機能を失うことを意味します。このため、突然失明したり、声を失ったり、手足が麻痺したり、頭痛がひどいなどの症状が出ることがあります。ただし、すべての症状を明らかにすることは容易ではありません。それでは、転換性障害が起こる理由は何でしょうか?

転換障害は、ヒステリックな人格として現れます。ステリックな人は、被暗示性が高く、浅はかで、感情的不安定、依存心が高く、自己中心的などの傾向が見られます。最も注目すべきは、このタイプの人は、身体化障害に対して非常に敏感だということです。

転換性障害の大きな特徴は、いわゆる「満ち足りた無関心」です。これは、患者が自身の症状の重篤さに比して無頓着な態度のことを指しています。

ある日起きて、腕が麻痺したとしましょう。あなたはそれを心配し、自分の体の状況を分析し、医者に行き、早く治ってほしいと願うでしょう。それは正常です。しかし、転換性障害の患者ではそうはなりません。彼らは自分の思わしくない状態に無関心のようなのです。

転換性障害の症状はさまざまです。一般的な症状は、失明、難聴、麻痺、失声症、および過敏症です。

症状は通常、青少年および若年成人に現れます。また、子供の頃、特に10歳未満の子供に現れ、歩行や発作に悩ませられることがあります。

また女性は男性に比べて、この状態に苦しむ傾向があります。社会経済的地位が低い、心理的進行が少ない、または教育レベルが低い場合も回復が遅いと言われています。別のストレスが生まれた場合、症状はおそらく再び現れるでしょう。それゆえに転換性障害は慢性障害として知られています。

転換性障害 満ち足りた 無関心

ご存知でしたか?:
双極性障害と恋愛関係

説明と治療

ほとんどの場合、ストレスが障害の連鎖を招きます。時には、症状はそれらを引き起こした問題に関連している場合があります。たとえば、事故の際に他の人が怪我をした場所と同じところで痛みを感じる患者がいます。それは愛情や注意を引く方法にもなります。

良好な回復には、ストレスの多い出来事を特定、良好な病前機能、他の精神的または身体的障害の欠如、症候期間の期間などが重要な鍵となります。

認知行動療法(CBT)は、患者の不安レベルを下げ、ストレスに対処するのに役立ちます。催眠やリラクゼーションなどのいくつかのテクニックが役立つと言われています。同様に、精神力学療法は、根本的な精神内問題の解決に役立ちます。

  • Belloch, A., Sandín, B. y Ramos, F (2008). Manual de psicopatología. Volúmenes I y II. McGraw-Hill.Madrid
  • American Psychiatric Association (APA) (2014): Manual de Diagnóstico y Estadísitico de los Trastornos Mentales, DSM5. Editorial Médica Panamericana. Madrid.