アニマル・セラピーの利点

· 2019年6月9日
セラピー犬はセラピストと患者間のコミュニケーションの「架け橋」としての役割を果たす以外にも、遊びを通した学びを提供してくれます。彼らは社会的接触と社会的スキルの発達を促してくれるのです。

犬は私たちの最高の友達であり、それには納得の理由があるのです!その日がどんな日でも、仕事でどれだけ辛いことがあっても、犬はいつでも傍にいてくれます。そしてこの先天的な忠誠心以外にも、セラピー環境において犬は様々な支えになります。

専門家たちはこのセラピーを使い、アルツハイマー病や障害、うつ病、自閉症を治療します。アニマルセラピーには、身体的利点や精神的利点、社会的利点があるのです。それでは、それがどういったものなのか見て行ってみましょう。

どのような人に対して、アニマルセラピーが有効か?

アニマルセラピーでは通常、犬が用いられます。研究では、犬が患者の健康改善と幸福を手助けすることが明らかにされています。

また、アニマルセラピーは臨床治療の補完であるということは明確にしておくべきでしょう。アニマルセラピー自体は、従来の治療法の代用法や代わりになるものではありません。同様に、健康や教育の専門家はあらゆる種類のセラピーを管理する必要があります。アニマルセラピーを成功させ、良い結果を得るためのカギは学際的研究にあるのです。

セラピストは、幅広い問題を抱える人々の治療にこのセラピーを用います。ADHDやストレス、不安症、うつ病などの感情障害や行動障害にも用いることもあります。さらには、中毒症やアルツハイマー症などの神経障害にも適応されます。他にもアニマルセラピーは、自閉症や、AIDSなどの性感染症の治療、高齢者の支援などにも有効的です。

アニマル・セラピーの利点

セラピー犬の2つの種類

セラピストは、一定の条件を満たす犬や特定の特性を持つ犬を探します。従順で我慢強く、人懐っこい気質を兼ねそなえた機敏かつ行動的な犬が求めらえます。最初の基準を満した犬は、その後セラピー犬になるためのトレーニングを開始します。

セラピストは、セラピーのゴールによって犬を2つの種類のセラピー犬に分けます:

  • アシスタント犬:特定の必要がある人々を手助けするために、トレーナーはこのような犬を育てます。盲導犬や障がい者を支えるサポート犬などがその例です。
  • セラピー犬:これらの犬は、よりセラピストと協力してアシスタントなどとして働きます。セラピストは、患者とより効果的な対話を築くためにセラピー犬を用います。犬たちは、高齢者や自閉症の子供、その他の精神的障害を患っている人たちのために働きます。

アニマル・セラピーによる精神的利点と感情的利点

脳に障害を負っている人々は、セラピー犬と治療に取り組むことでとてもやる気が起きます。動機を得ることや患者の行動性を保つうえで、動物と対話することはとても役立ちます。それにより、リハビリの回復が早くなるのです。犬に餌をあげたり、共にアクティビティに取り組むことは、素晴らしい精神的刺激になります。そして同時に、注意力をも向上させるのです。

アニマルセラピーは孤独をも助けます。犬は人間の親友だと考えている人は多く、彼らは人間のように無条件に人を受け入れ、愛してくれます。だからこそ、犬にはセラピストとしての気質が備わっているのです。彼らは不安やうつ病、ストレスに対する完璧な薬なのです。

動物愛好家でなくても、多くの患者が犬と過ごすことを楽しいと感じます。通常、人は命のない運動器具よりも、別の生き物と一緒に治療していくことを望むのです。

さらに犬と人々の間に形成される絆は、ただの相互愛情にはとどまりません。多くの人々はその絆を母親と赤ちゃんの間に形成される絆に似ていると考えるのです。このような良い影響を与えることで、セラピー犬は患者の気分を全体的に改善します。

身体的利点と社会的利点

さらに、アニマル・セラピーは患者の身体活動を増加させます。彼らと一緒に遊びながらストレッチやウォーキングをすることで、筋肉や骨、関節が強化されます。さらに、前庭器官(バランスを司る器)を改善して、固有受容を増加させます。

アニマル・セラピーの利点はさらにあります。このセラピーによって、総合的な運動能力や協調性も向上します。視力や聴覚、触覚など患者のすべての感覚が刺激されるのです。犬を撫でることや、餌を与えること、ブラッシングなどの活動は、特に手や腕の動きのコントロールを改善します。

これらすべての理由により、セラピー犬はセラピストと患者間のコミュニケーションの「架け橋」としての役割を果たす以外にも、遊びを通した学びを提供してくれます。彼らは社会的接触と社会的スキルの発達を促してくれるのです。さらに、共感や尊敬、コミュニケーション、協力、チームワークなどに対する能力も改善してくれます。

アニマル・セラピーの利点

アニマルセラピーの大きな強み:多様性

セラピストは、集団治療や個人治療の場で犬を用いたアニマル・セラピーを行います。手法は患者のニーズや、患者の障害や病気、状況に対してどのようなアプローチが最適かによって異なります。

また、専門のセンターでしかできない治療法とは異なり、アニマル・セラピーは患者の自宅で行うことができます。子供から高齢者まで、あらゆる年齢層の人々がパーソナライズされたセラピーの恩恵を受けることができます。

犬は子供や大人に人気があるだけでなく、犬は癒しの力も持っています。治療の補完として犬を用いることはあらゆる側面において効果的です。これが、専門家が有効的な結果を得る確率を上げるために、動物と協力してセラピーを行う理由なのです。