人が動物を愛するようになった理由

27 12月, 2018

有名な精神分析学者のジークムント・フロイトは、その愛が無条件であるために、人は動物を愛するようになったと語っていました。

人間が動物たちと持つ関係は、社会の耐え難い対立からは程遠い場所に存在します。イヌは内面も外面も美しい生き物である、とフロイトは言います。イヌとは、親密な関係と否定できないような結束を感じます。

「イヌの単純でまっすぐな感情は心地よい。しっぽを振って喜びを表して、吠えて不快感を表現する。歴史上の英雄を思い返させてくれるから、英雄にちなんで名前を付けられるイヌもたくさんいる。」

-ジークムント・フロイト-

ハート


イヌの人生は短い

イヌやネコが平均して12年ほどしか生きられないのは悲しいことです。4足歩行の友達を失うことを考えると、かなりの痛みが襲ってきます。

動物を愛して、たくさんの時間を共に過ごすと、もっともっと一緒にいたくなります。動物のそばにいるとき、愛情を持ってその動物のことを考えます。そして、「なんて早く時間は過ぎ去っていくのだろう」と感じるでしょう。

動物をなでる度に、その心臓が自分の心臓と一緒にどきどきしているのを感じます。挨拶するたびに、その愛が無限であることを感じます。

イヌにハグ


やさしさ:動物を愛するようになった理由のひとつ

愛する動物は、自分を特別に感じさせてくれる無限のスーパーパワーを持っていると思うかもしれません。その為、動物に驚かされることを思い浮かべてみたら、笑顔が止まらなくなるはずです。

動物を愛するとき、未来を予測したり、いつ自分の飼い主が帰ってくるか分かる能力があることに気づきます。その共感力や、安らぎとエネルギーを与えて人間の感情的な状態に波長を合わせる能力にも気づくはずです。

動物と人生を共有する人はみな、動物たちが人間に感じる愛を表現する力を誇らしげに語ります。

仕事に行くとき、動物を家にお留守番させるほどつらいことはありません。そのねだるような目で悲しくなってきてしまいます。しかし、家に戻るととても喜ぶので、飼い主も幸せを感じます。

動物は間違いなく多くの人にとって最高のカウンセラーです。彼らの気高さと良さに限度なんてありません。動物を愛するまで、人の魂の一部は眠っていると言っても過言ではないほどです。人の魂は動物を愛し、その無条件の愛と教訓を謳歌するべきです。

イヌだろうがネコだろうが、「動物ほど自分自身を愛すのと同じくらい飼い主を愛すことはできない」と言えます。動物は、愛の真の名人です。動物のそばで過ごす時間は、代えがたい授かりものです。動物を愛することは、世界で最も素晴らしい経験なのです。