アントナン・アルトーの言葉5選

12 4月, 2019
アントナン・アルトーの言葉からは、彼の悲劇的な存在が垣間見れます。彼は、素晴らしい文学を生み出しつつ、精神病院に閉じ込められていたことのある天才です。多くの人は、アルトーを現代演劇の父と考えています。

アントナン・アルトーの言葉は、美しいものです。彼は、詩人、演劇家として有名でしたが、すべての文学の分類を網羅しています。 彼は残酷演劇の創始者です。

現代の演劇は、この素晴らしいフランス人芸術家が信じていた哲学に寄るところが多い、と考える人もいるでしょう。アントナン・アルトーの言葉は、演劇を正確に語りつつ、アルトー自身の辛い時期に発見した人間の現実をも語っています。

4歳の時、アルトーは髄膜炎を発症します。9歳の時に、突然姉を亡くします。これによって、乗り越えることのできない悲しみに浸っていきます。これこそ、彼をあれほど深い作家にたらしめた理由のひとつかもしれません。それでは、アントナン・アルトーの素晴らしい言葉を見てきましょう。

「死ななくてはいけなくて死ぬのではない。それほど遠い過去ではないある日、我々の意識が死が必要であると考えるように強制されたから死ぬのだ。」

-アントナン・アルトー-

1. 人生の意味とは?

「人生は、燃え上がるような疑問達でできている。」

アントナン・アルトーの最も美しい言葉のひとつです。アルトーは、人生を、それを特徴づける不可欠な無知と関連付けていました。人は、ほとんど何もわからず生まれます。そして、頭の中で考えていたいくつかの答えしか見つけられずに、人は死んでいきます。

アントナン・アルトーは、知的な視点から生を語っているわけではありません。「燃えるような」という表現をしているのはそのためです。未知のものを、燃えさかるような炎に例えています。どこから来たかもわからず、どこに行くかもわからず、何故ここにいるかもわかりません。

 

とり

2. 本当の演劇の意味

「本当の演劇的な経験は、感覚の穏やかさを揺るがし、抑圧された無意識を開放し、潜在的な拒絶へと誘う。」

この言葉は、アルトーが演劇に関して本当に感じていたことを表わしています。アルトーは、言葉は必要ないと常に語っていました。感情や思考を表現する他の効果的な方法が存在するからです。その一つこそ、演劇でした。

彼は演劇を愛し、映画を嫌いました。映画を、本質的にネガティブだが深刻な損害のない「害のない毒」と認識していました。アントナン・アルトーにとって、演劇とは自分を表現する最高の方法だったのです。死、苦しみ、決断における人生の教訓を教えるように、演劇は生み出されるのです。

3. 人間に関するアントナン・アルトーの言葉

「糞の匂いがするところには、人間の匂いがある。」

アントナン・アルトーの多くの言葉は、激しく暴力的と言ってもよい精神を暴露しています。彼の子ども時代の病気は、アルトーを極端に神経質な人へと変えていきました。実際、アルトーはこれが原因で妄想的な思い込みを持つようになります。

これで、何故アルトーが何年も精神病院で過ごすことになったかお分かりいただけるかと思います。この言葉は特に、激しくも、真実の生々しいメッセージを明らかにしています。人間は、高尚な存在だけでなく、平凡で不快な存在でもあるのです。

4. 言葉の言語

「言葉の言語が、言語の中の最高の言語であることはまだ証明されていない。」

アントナン・アルトーは、神秘的な現象について知ることに興味を持っていました。子供時代や青年期は宗教にかなり入れ込んでいます。数年後、彼は新しいスピリチュアリズムのようなものを求め始めます。これがきっかけで、アルトーはメキシコのタラフマラ族と生活を始めました。

彼の生への変わった見方のお陰で、アルトーは多くの小さな現象にも敏感になりました。言葉の壁があったものの、タラフマラ族と深く関わっていくようになります。周りにいる人とコミュニケーションをとって理解するのに、言葉は唯一の方法ではないということを示唆しているのかもしれません。

アップ


5. アントナン・アルトーと人生経験の重要性

「明白であってもそうでなくても、意識的でも無意識であっても、人生の卓越した経験である詩的な状態は、人々が愛、罪、ドラッグ、戦争、暴動を通じて本質的に求めていることである。 」

アルトーは、人間の精神の探求者でした。メキシコで時をすごしたのち、占星術、タロット、数秘術などの秘儀的なものに傾倒していきます。これらのものに対する彼の執着は、異常な緊張状態へとアルトーを導いていきました。

1938年、「周縁の限度を超えている」として、アイルランドからフランスへ強制送還されます。そこから9年間を、精神病院で過ごしました。この時代、彼はかなりの苦しみを経験します。これらすべての経験が、彼の精神科への憎悪を高めていきました。

アルトーを肉体的にも、精神的にも破壊していった電気けいれん療法を数回受けたのち、アントナン・アルトーは1943年に亡くなっています。友人グループのお陰で、最後の3年は精神病院との関わりなく過ごすことができました。

「私は、頭のおかしい精神病棟で9年間を過ごしたが、自殺願望を抱いてはいなかった。しかし、自分の首を吊りたいと思ったのは、朝の回診で精神科医とした会話だ。医者の首を掻っ切ってやることができないと分かっていたからだ。 」

-アントナン・アルトー-

  • Carrilho, C. (2015). La crueldad creadora de Antonin Artaud y sus implicaciones para la formación de profesorado.