アントニオ・タブッキの名言7つ

10 12月, 2019
アントニオ・タブッキの名言を通し、彼の言葉がどんなに批判的でありながら穏やかであったかを知ることができます。彼の主張は、非常に人間的で、現代に光を当てようとします。
 

アントニオ・タブッキの作品は、明快であり、新鮮で、非常に魅力的です。その表現はユニークで、あなたをどこか別の場所へと連れて行ってくれます。このような思考や普遍的な真実を表現できる作家は他にいません。

このイタリア人作家はポルトガルを愛していました。生まれはイタリアのピサです。偶然にも彼の誕生日、同盟国がナチスからの解放を求め、この都市を爆撃した日と同じです。彼は若い時から、熱心な読書家で、旅行好きでした。そのために、アントニオ・タブッキの名言の多くがこれらの問題について言及しています。

アントニオ・タブッキの作品では、記憶と夢も重要になります。彼はフェルディナンド・ペソアを崇拝していました。タブッキの時代の現実の分析に加えてペソアの影響があり、彼は現代小説の著名人のひとりになりました。それでは、アントニオ・タブッキの素晴らしい名言をご紹介します。

 

1.ふるさと

アントニオ・タブッキの名言には、彼の起源を語るものがいくつかあります。フェルナンド・ペソアの言葉の影響が大きいことの表れです。そして、彼はポルトガルへ移り、ポルトガルを愛することになったのです。

次の名言は、ふるさとに関して語っています。「私は自分の国を離れたことがない。血統として、そこに植え付けられているからだ」これは、彼のプライベートだけでなく、ふるさとを離れた人すべてに通じます。どんなに離れていても、育った場所に必ずルーツがあるのです。

 

2.アントニオ・タブッキと記憶に関する名言

アントニオ・タブッキの言葉には、記憶というテーマが繰り返し出てきます。例えば「おじいちゃんが語ってくれた第一次世界大戦の虐殺の話を思い出す。これが人間の歴史の中でもっとも残虐だった出来事のひとつであることを、人は忘れがちだ」戦争の最中に生まれた彼にとって、これは非常に繊細なトピックです。

記憶は創造性や想像性と直接的な繋がりがあることが分かっています。また、これらの特性は、忘却にも当てはまります。どんなに忘れようと頑張っても、忘れられないものがあり、特に自分で体験したものは忘れられないものです。

アントニオ・タブッキ

 

3.心と信念

アントニオ・タブッキは、有名な名言の中で、考えることと感じることの間に生じる誰もが経験するジレンマについて語っています。「心の理由について語る時、正確な信念をもつことは難しい

本質的には、人間の感情があいまいな傾向にあることを示しています。主観的理由から生じる信念は通常、壊れやすく、またどこか混乱しています。これに関して、理由は信頼しやすい基準になります。

 

4.混じり合うこと

アントニオ・タブッキは旅行好きでした。好奇心に動かされ、いつも何かを学ぼうとしていました。様々な存在、思考、生き方を学ぼうとしました。違いに対しオープンで、驚異にも寛容でした。

 

そのため、彼は人工の純正なものは面白みがなく、豊かではないと考えていました。これを有名な名言で説明しています。「興味深い文明に風味を加えるのは、混合である」社会が多様であればあるほど、より面白いものが生まれます。

 

5.政治的にみえない政治問題

政治の世界は、政治家の世界だと思う人は多いでしょう。しかし、よく見てみると、公式な政治への参加に関わらず、その力は様々な意味でそれぞれの日常の一部であることは明らかです。

私の仕事は、自分が政治家になることではなく、政治家のすることを見ることだ」政治に関わる人の行動に直接左右されず、力が働く現実に注意を向けることの重要性を語っています。

アントニオ・タブッキ 名言

 

6.アントニオ・タブッキの完璧への理想

民主主義の真言にもなりうる名言がこちらです。「完璧は主義、独裁、全体主義の考えを生む」悲惨な状況につながることが少なくない完璧への理想を批判した鋭い言葉です。

家族や教育など社会の様々な分野で、恣意性につながるだけの完全の要求が増えています。これは人と繋がるためのもっとも不完全な方法です。

 

7.今の記憶

アントニオ・タブッキは、関係の構築の仕方や知識の流れに関し、非常に批判的でした。言い換えると、「ポストモダニティ」を批判しました。

この言葉がすべてを表現します。「今、私達の記憶は、変化のない脳波である」つまり、様々な出来事があまりに速く、些細に感じ、記憶にも記録されないことがあるということです。

アントニオ・タブッキは、活発で、エンターテイメント性のある作家で、夢を叶えられなかった人や夢をもつことができなかった人に、言葉を捧げています。彼の文を読むことは素晴らしい経験となり、驚きや内省に通じるでしょう。

 
  • Capano, D. A. (2007). El errático juego de la imaginación: la poética de Antonio Tabucchi. Editorial Biblos.