フェルナンド・ペソアの5つの名言

2019年6月20日
「ゼロはすばらしい比喩だ。無限で偉大な類推法だ。その存在が偉大な象徴だ」 -フェルナンド・ペソア-

フェルナンド・ペソアは、ポルトガル出身の作家で詩人です。1888年に生まれ1935年に亡くなりました。新聞、広告、企業で働きましたが、一番の成功は作家としてでしょう。ペソアは素晴らしい文学の宝を世界に残しており、今日はここでその一部を紹介します。

ペソアの作品の特徴をひとつあげるとすると、示唆する力です。ペソアは、読者に解釈の余地を残します。彼の主観的なテーマをよりどころとし、他律性を使い(または乱用し)、読者に熟考するよう誘います。彼の独特なスタイルが、多くの研究者の注目を集めている理由かもしれません。

ここでは、フェルナンド・ペソアの名言を通して彼について少し学びましょう。彼の持っていた世界、人間関係、その他の人生の一面に近づくことができるでしょう。余計なことはここまでにしておきます。フェルナンド・ペソアの言葉をお楽しみください!

 

1.「私はとても孤立し、自分と自分の服の間にさえ距離を感じる」

この名言は、私達の存在を表しています。私達は時々、外の物事に集中しすぎて最も重要な自分を忘れることがあります。自分と自分の存在の間の距離は、私達が自分が何者であるか分からないことがあるということを意味します。

人を前にして、常に本当の自分を出していますか?他者を喜ばせるため、諦めていることはありませんか?イメージを上げるため、何か隠していませんか?人から受け入れられない恐怖のため自分を偽ることはありませんか?これらの行為は、とても深いところの自分を孤立させることにつながります。また、自分の本質から離れることにもなります。そうです。自分の本質は、人が自分をどのように見るかに比べて重要でないかのように、捨てられてしまっているのです。

人から孤立するほど嫌なことはない。ところが、考えてみると、それより嫌なことがある。自分から孤立することだ

フェルナンド・ペソアの5つの名言

 

2.「あなたのすべてを、あなたのするとても小さなことの中に入れよう」

この言葉で、フェルナンド・ペソアはベストな自分を出すよう私達を誘います。私たちはときに、ある物事が重要でないと考え、自分のすべてを尽くさないことがあります。その対象ではなく私達の気質により、私達は物事の重要性を定義しがちです。自動的に生きるのをやめると、小さなことも幸福を高めるということに気づくでしょう。

この姿勢を頭に入れて日々の生活に活かすと、その恩恵を受けることができます。これは、私達が育むことのできる非常にポジティブで豊かな習慣です。もっとも難しいことから大きな満足を得られるということを忘れてはいけません。努力すれば成長し、困難に立ち向かうことができ、自分はできるのだということを思い出させてくれます。

どんなに些細にみえても、自分のすることを減らすことはやめましょう。一見とても小さく見えても、そこから何かを学び、扉が開かれるかもしれません。スモールステップこそが最も重要なものです。道のりが長いか短いかに関わらず、すべての旅が小さなステップで成り立っているからです。

 

3.「旅は旅人だ。自分の見るものは見た目のままではなく、自分自身である」

フェルナンド・ペソアの名言の3つ目は、私達を囲む世界への新たな視点への扉を開きます。自分の外の物事を見たり、評価、批評する時、私達はその物事に自分の一部を見ています

批判的な人を好きにならずに批評することは不可能です。これはよく使われる次の言葉のようです:

「弟の目についているおがくずは見えるのに、なぜ、自分の目についている板の切れ端には気づかないのか?」

自分の欠点を認める前に、人の欠点に気づくことがよくあります。自分が見ているものは、自分自身です。同じ壁に直面したとき、なぜ人は異なる反応をするのでしょう?自分は犠牲者だと感じる人がいる一方で、そう感じない人がいるのはなぜでしょう?それは、自分がどうあるかを選び、世界にどう反映したいかによるのです。

フェルナンド・ペソアの5つの名言

 

4.「明日できないことを今日するな」

先延ばしは絶対によくありません。私たちは世界には時間が余っているかのように物事を明日にとっておきがちです。「今日できることは明日に残すな」と言う言葉がありますが、似たようで違う観点からとらえた言葉があります。それが、フェルナンド・ペソアの名言の4つ目です。

ペソアは自分のすることについて考えるよう、私達を誘います。そこには価値があるのか?それは夢に近づく、または、前進するものなのか?時間の無駄ではないか?ただ、するからと言う理由で物事をすべきではありません。目標や夢について考え、時間を有効に使いましょう。時は一刻一刻と過ぎています

気分の良くない時間は少なくありません。幸せじゃない、コンフォートゾーンにとどまる…気分がすぐれないにもかかわらず、私たちはいつもの日常を変えません。本当はそれを分析し考え直す必要があります。やりたくないことがあるのであれば、明日それをしないという選択肢もあります。ぜひこれを実践してみましょう。時間は価値あるものです。大切に使いましょう。

フェルナンド・ペソア 名言

 

5.「物事に意味はない:そこには存在があり、物事はそれに隠された意味である」

フェルナンド・ペソアの名言の最後は、物事にラベルをつけたがる人間の傾向に関するものです。人がそうするのはより安心するためです。ラベルのないものは存在しないかのように感じるのです。物事の存在には、意味がないかのようです

コミュニケーションの仕方を分析してみると、このペソアの言葉によりすべてがとても明白になります。私達のもつ言葉の中で、「物事」というのは心地よいものです。すべてにこの言葉を使います。しかし、本当はどういう意味なのでしょうか?実は、意味の欠如はその存在の中核です。つまり個性の欠如なのです。

「ゼロはすばらしい比喩だ。無限で偉大な類推法だ。その存在が偉大な象徴だ」

-フェルナンド・ペソア-

これらのフェルナンド・ペソアの名言はすべて、異なる視点、世界を見る異なるレンズを私達に与えてくれます。新たな目で、周りを見るのに役立ちます。彼の文章を通して、ペソアの思考と言葉のすばらしさが輝きます。作家としての彼の遺産は、彼の文章の深さであり、それは解釈や分析の助けになります。