アクセル・ホネットの承認理論

2019年11月7日
アクセル・ホネットの承認理論は、テクノロジーに満ちた現代世界における承認をめぐる闘争について述べています。

アクセル・ホネットの承認理論は、承認をめぐる人間の闘争に基づいています。かつて、人々は国の承認または大勢の人々の権利のために戦いました。現在、絶えず変化している社会においても、人々は形を変えて未だ承認を求めています。

理論を理解するということは、現在の状況を理解することを意味します。私たちは、超近代に囲まれたグローバル化した世界に住んでいます。 ジグマント・バウマン によれば、かつての厳しい社会的パターンは、もはや消滅したとそうです。これは、通信、経済、技術の進歩のためです。

世界の速度と私たちが果たす役割に疑問を持っていますか?現代は、技術革新の時代です。インターネットとサイバー世界が拡大しています。残念ながら、コミュニケーションが進み、人間が変化すればするほど、時空関係が歪められてしまいます。人間は変化し続け、個人としての私たちの意味も変化してきているのです。

私たちの多くが、ネットを利用し、その世界の中で生きています。問題は、それが私たちにどのような影響を与えるかということです。

ご存知でしたか?:
認知刺激のカギとなる運動

アクセル・ホネット:認知理論の創造者

承認理論 アクセル・ホネス

アクセル・ホネットは、1949年生まれのドイツの哲学者および社会学者です。彼は、フランクフルト大学社会研究所に関連する社会理論および批判哲学で有名なフランクフルト学派のいわゆる「第三世代」でもありました。

ユルゲン・ハーバーマスの助手として知られており、フランクフルト学派を代表する哲学者として活動を行いました。また、イマヌエル・カントとヘーゲルの概念を援用しました。

アクセル・ホネットは、人間の苦痛に関する道徳的な社会学的理論を構築しました。これは、今日の世界における社会的闘争の原動力である承認不足の産物です。

著者は、愛、法(権利)、価値共同体(連帯)という三つの承認形式を唱えています。

第一に、法律は、承認の形式を確保するためのガイドラインを提供しています。人権がきちんと尊重されていること、不当な差別を受けて いないことを指しています。

第二に、愛情による承認形式では、自分の存在が他の者とは違った、特別な価値を持つ『固有の存在』として捉えられています。

最後に、社会的評価による承認では、自分の能力や仕事が自分が所属する集団や社会、 広くは国や世界に認められることを意味しています。

承認がされない場合何が起こるか

承認におけるさまざまな集団や他人との関係は、必ずしも調和的だとは限りません。常に一定の緊張が存在しています。承認されないことによる結果は、各分野によって異なります。

ホネットは先で挙げた三つの承認関係を「実践的自己関係 」と呼び,この関係が何らかの形で侵害されていたり、 社会的な不正が行われていると感じた場合、つまり当然のことと見なされる承認が期待に反して行われないとき、侵害されている状況を改善したいという積極的な動機が生まれ、承認をめぐる闘争が行われると論じています。

コミュニティまたは仕事で認められないと感じたとき、これらの関係は崩壊します。日頃属しているグループにおいて自分が必要ではないと感じることで、自尊心が傷つけられ他者との絆に亀裂が生じます。これは非難の結果であり、名誉と尊厳に影響します。

同様に、愛情もまた特別です。家族、パートナー、友人などの最も深く基本的なつながりは承認において非常に大事です。同僚に承認されることと、家族や身近な人に愛されていると感じることは同じではありません。

こちらもご参考に:
承認欲求と闘う3つの方法

アクセルの社会的交流論

承認の理論によれば、社会的絆は、複数の方法で自分自身を表現することを可能にするため重要です。

承認不良の兆候は、ソーシャルネットワークの過剰な使用と、他人に高く評価されるプロフィールを作成することに対する懸念である可能性があります。

対照的に、次の行動を介して心理的幸福を促進することが可能です。

  • 道徳的原因に積極的に関与することは、関心と興味を呼び起こします。
  • ソーシャルネットワークを超えたコミュニケーション。直接の対話を通して、最も近い環境の人々とのつながりにもっと注意を払います。
  • より親密なつながり。誰かの共有写真には「いいね」や気分をよくするコメントを書くことは希薄な関係でも可能です。親しい友人や親からの愛情と比べることはできません。

承認をめぐる闘争

承認理論

先で説明したように、承認をめぐる闘争は、法律、愛、連帯の限界を超えて広がっています。いくつかの例をご紹介しましょう。

法の領域において、生態学的ムーブメントは常に特別な役割を持っていました。たとえば核規制に対する闘争は、政党(例えば、ドイツ)として統合するように導きました。

連帯の面では、LGBT運動の闘争が挙げられます。これらは権利を要求するだけではなく、社会の他のメンバーによる平等としての承認と、スティグマとの戦いを要求しています。

愛の領域は、その親密性のため解釈するのが最も困難です。愛情に問題があると、他のものにも影響を及ぼします。愛情の欠如を中毒性行動や社会的拒絶に関連付ける研究もあります。同様に、学校での感情的および性的教育にもこの動きが見られます。

結論

周囲とのつながりや社会をよりよく理解しようとするとき、承認理論は非常に重要です。ネガティブな人や落ち込んでいる人を見たときに何が原因なのか考えたことはありますか? それが医療専門家、友人、家族、誰であるかは問題ではありません。その人が道徳的、社会的または個人的に承認されているのか疑問に思ったことはあるでしょうか?

承認理論は、私たち自身の承認のためのガイドラインとしても機能しています。私たちが参加しているグループでの役割は何ですか?自分の価値が認められていると感じていますか?これらの質問を心に留めておく必要があるでしょう。

  • Honneth, A., (1997), La lucha por el reconocimiento, Traducción española de Manuel Ballestero, Barcelona, Crítica (citado como LpR).
  • Honneth, A., (2003), Kamf um Anerkennung. Zur moralischen Grammatik sozialer Konflikte, Frankfurt, Suhrkamp (citado como KuA).