勉強法:5つのヒント

· 2018年10月15日

アルベルト・アインシュタインは言いました。「勉強をしなければいけないと思ってはいけない。美しく気高い知識の世界に浸るチャンスだと考えよう。」このアドバイスを聞けば、自然と勉強するようになるのではないでしょうか。そうなるには、良い習慣を身につける必要があります。良い勉強の習慣です。ここでは、うまく勉強するための5つのヒントを紹介します

勉強は、知識を成長させる方法です。しかし残念なことに、勉強は退屈なもので、モチベーションが上がらないという人は多いものです。勉強に対する不安や不満は増える一方です。

勉強にはポジティブさが必要

勉強しなければいけないと思っていると、長期でみた時、期待するほど結果がでません。同じところを繰り返し、時間をかけ勉強し、せっかく頭に入ったものも1~2日で忘れてしまいます。

鉛筆を持つ女性

正しい勉強法を学ぶと、時間と労力を無駄にせず、不安や不満を抱えることがなくなります。また、目標を達成しやすくなります。まず、自分の状況を確かめてみましょう。自分に質問してみてください。うまく勉強していますか?もっと良い方法はありませんか?これらの質問に答えるためのヒントを次に紹介します。正しい勉強法が分かるでしょう!

「勉強は、波に逆らい船を漕ぐようだ。止まるとすぐに押し戻される」

-エドワード・ベンジャミン・ブリテン-

 

うまく勉強し、結果を出すための5つのヒント

すべてをうまく働かせるには、次のヒントを勉強に取り入れ、根気強く続けましょう

1.時間を短く区切る

勉強に関し、人は集中力が長くは続かないことが分かっています。一回が30分を超えないようにしましょう。そのほうが、脳がより素早くより多くの情報を取り入れます。長時間勉強し続けるより、短時間に分けて勉強した方が、良い結果が出ます。

睡眠も重要です。自分に必要な睡眠時間を取らなければ、脳は100%の力を発揮できません

2.勉強の計画を立てる

勉強のスケジュールを組み、それに従うとより効果的です。計画的にすればするほど、勉強に入りやすくなります。同じところを何度も勉強する必要がなくなります。夜たくさん勉強したり、朝早く勉強しなくてよくなります。睡眠不足で疲れを感じる時、集中力は切れ、情報を保持するのに3倍の時間が必要になってしまいます。

規則正しく勉強することは、集中力を高め、効率があがります。

3.毎日勉強し、成果を評価する

毎日ジムに通う人は、週一回の人より健康的な体をしています。勉強も同じです。毎日勉強すると、「詰め込み勉強」をしなくても、重要な情報を保持できます。習慣にしてしまえば楽です。

自分の勉強の成果を試すと、結果が目に見えます。さらに、自分の間違いに気づき、正すことができるようになります。

本を読む男性

4.まとめる

短くまとめたシートを作ると、勉強内容を理解し、保持しやすくなります記憶するだけでなく、学ぶことができるのです。その結果、忘れにくくなり、必要な時に説明できるようになります。

5.邪魔をなくす

勉強の時間は、勉強のためだけに使いましょう。勉強の邪魔になるものは、準備の段階で隠しておくのが一番です。

携帯やテレビ、周りの人などです。これらから離れておくのが一番です。短時間だから大丈夫と自分に言い聞かせましょう。一回の勉強が終わるごとに、ご褒美として5分間携帯を使うのも一つの方法です。

これらのヒントを利用し、勉強に対する考えを変えるのは難しくありません。うまく勉強する方法が分かれば、より有効に時間を使うことができます。試してみましょう!勉強が楽しく、刺激的だと感じられるようになるでしょう

「賢さとは単なる知識ではなく、知識を使いこなす技術でもある」

-アリストテレス-