ビッグ・ブラザーの心理学者ジェフリー・ビーティー

2019年11月9日
ジェフリー・ビーティーは有名な心理学者です。テレビに出演し、彼の考えは世界中で知られるようになりました。彼が真面目な仕事をしていないというわけではありません。心理学者ジェフリー・ビーティ―の研究は、ビッグ・ブラザーで見られるものより大きなものです。

イギリスの心理学者ジェフリー・ビーティーは、長年、非言語コミュニケーションを研究しています。彼は話す時に動く私達の手はコミュニケーションの一種だと、研究により示しています

これに関し、彼は本や記事をいくつも出版しています。また、数々の賞も受賞しています。ジェフリー・ビーティーが知られているのには、他にも理由があります。彼はよく知られるようになった心理学者のひとりなのです。

ビーティーは、イギリスのテレビ番組ビッグ・ブラザーの心理学者の顔として知られています。日々の生活で役立つ心理学を一般の人に教えてくれました。また、著書Get the Edge: How Simple Changes Will Transform Your Life は、何カ国語にも翻訳されています。

ビッグブラザー ジェフリー・ビーティ―

 

心理学者ジェフリー・ビーティーの人生

ジェフリー・ビーティーは、ベルファストで生まれました。バーミンガム大学で心理学を専攻し、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号を取得します。その後、シェフィールド大学の社会心理学教授になりました。彼の関心は、非言語コミュニケーション、言語と思考の関係です

彼が育った北アイルランドは、常に、激しい対立と暴動に巻き込まれていました。ビーティ―は、アルスターやプロテスタントの状況について複数の本を書いています。また、 The Guardian に連載された記事の中でも、これについて触れています。

 

ジェフリー・ビーティーとメディア

BBCなどの大企業で、彼は北アイルランドに関するドキュメンタリーを撮りました。また、ラジオにも登場し、スポーツと心理学の関係について話しています。

中でも、彼のメディアでの顔を大きくしたのが、イギリスのテレビ番組ビッグ・ブラザーです。これにより、頭を抱えることにもなりました。相談者としての出演が、学問の世界において問題となったのです。

心理学会の同僚は、商業目的での人の搾取とされるものに信頼性を貸していると彼を非難しました。そのような批判もありしたが、彼は番組の出演を続けました。

ビーティーは、彼が行っていたことは、政治家やメディアに登場する人物の非言語コミュニケーションの解説と変わらないと言います。この論争により、人はビーティーを(不当に)ビッグ・ブラザーの心理学者だと見なすようになりました。

 

多様なコミュニケーション

心理学者ジェフリー・ビーティーは、研究により非言語コミュニケーション理解の概念を立て直しました。私達が知っている会話の中の非言語コミュニケーションの関係に革命を起こすものです。また、効果的なコミュニケーションにおいて大きな意味合いをもちます。

スピーチの中の語彙的ジェスチャーやその認知的、社会的、機能的目的に焦点を当てました。つまり、より複雑なコミュニケーションの形を作るため、ジェスチャーやスピーチがどう働くかに集中したのです。

言葉にしない考えを語彙的ジェスチャーが反映する時のことに関する研究は特に興味深いものです。

また、人の語彙的ジェスチャーをどう解釈するかも研究しています。さらに、なぜ、特定のジェスチャーが即時に人の注目を浴びるのかの理解にも努めました。

もうひとつ、宣伝におけるこの理論の潜在的応用性も、彼が行ったこの分野の研究で非常に興味深いものです。この研究は、最高の記号的研究としてムートンドール賞を受賞しました。

ビッグ・ブラザー ジェフリー・ビーティ―

 

ジェフリー・ビーティーと暗黙の人種差別

この素晴らしい研究者のもうひとつの功績に、暗黙の人種差別があります。人間の、非常にかすかで、無意識の部分に焦点を当てることにより、暗黙の人種差別が人の決断に与える影響を研究しました。

特に研究の対象としたのは、人はお互いをどう見ているか(文字通り)です。ここから、目の前にいる人が違う人種である時、その人に対する考えに反映されるかを見ようとしたのです。

ここ数年、ビーティーは、持続可能なライフスタイルを適用しづらくする心理的バリアの研究をしています。消費主義に関する分析、消費者の態度の変化を理解するための市場の分析を行っています。気候の変動に関し、より責任のある行動をとらせる方法を見出すことが目的です。

心理学者ジェフリー・ビーティーは、心理学において非常に魅力のある人物であることは間違いありません。彼を好きか嫌いかに関わらず、ビーティーは一般人に心理学的知識をたくさんもたらしています。

Beattie, G., Webster, K., & Ross, J. (2010). The Fixation and Processing of the Iconic Gestures That Accompany Talk. Journal of Language and Social Psychology, 29(2), 194–213.

Beattie, Geoffrey. (2013). Our Racist Heart? An Exploration of Unconscious Prejudice in Everyday Life.. 10.4324/9780203100912.