ボロボロになった心を修復する3つの鍵

2019年7月31日
辛い経験の後、弱った心を修復する方法があります。放っておくとますます状況は悪化するでしょう。

私たちは時に、辛く憂鬱な経験をします。激しい喧嘩、不当な扱いをされた、その他の悪い状況は心に深い傷跡を残すかもしれません。そして立ち去ることのない悲しみを生み出すでしょう。したがって、悪い経験をした後でボロボロになった心をどのように直すかを知ることが重要です。

嫌な経験をすると憂鬱になったり、過度にいらいらしてしまいます。同時に、周りのポジティブな出来事に感謝することさえ忘れてしまうでしょう。そして新たな悩みを引き起こすことにつながります。

辛い出来事に直面するたびにあなたを襲う感情的な波があります。それはあなたを混乱させ、非常に悪い後味を残します。あなたはその負のスパイラルについて理解し、できるだけその状況を避ける必要があります。今回は壊れてしまった心を修復するのに効果的な3つの方法をご紹介します。

「恐れは私の唯一の勇気なので、私は前に突き進まなければなりません。」

‐ボブ・マーリー‐

ボロボロになった精神を修復するための第一の鍵:気分を落ち込ませるものを避ける

悪い状況や否定的で悲観的な人々は感染性があります。あなた自身の機嫌が悪いことやネガティブさは周りに伝達していきます。気付かないうちに、全てがうまくいかないという感情があなたを飲み込んでしまいます。いらいらするようになり、不快感を感じますが、はっきりと何が起こっているのか指摘することができません。

ボロボロになった精神を修復するためにしなければならない最初のことは、悪い気分にさせたものを特定することです。あなたを最も悩ませた理由は何ですか?どうしてそんなに動揺していらいらしているのですか?それはなぜあなたを苦しめるのですか?

これらの質問に答えることが非常に重要なのには理由が二つあります。

  • まず第一に、あなたの不快感の原因を特定できるからです。
  • 第二に、悩ませるものを避けられるようになるからです。避けることができれば、すべてがうまくいかないと感じることはもうないでしょう。代わりに新しい視点で物事を見ることができるようになります。これは内なる平和とバランスにつながるでしょう。
ボロボロになった心 修復する 鍵

こちらもご参考に:
心を強くするための5つの鍵

長引く苦悩の判別

困難な状況の後に壊れた心を修復することに成功したあなたは、おそらくそれについて考えるのをやめて、今は何か別のことに集中しているでしょう。不快感を生み出した原因について考えることもないかもしれません。しかし、時にまたその感情はよみがえって来る可能性があります。それにも動揺することなく、気にせずにいれば、そのうち慣れるでしょう。そしてある日、ついにそれは消えます。

このように、数日後、あるいは数週間後に苦痛の感覚をもう一度経験する可能性があります。精神分析によると、苦悩は嘘をつきません。全く原因がないところに負の感情は現れません。苦悩がまた現れたということは、まだ消化しきれていない感情や気持ちを持っているということです。

苦悩の感情の再燃は警告のサインです。まだ未完成の課題があることを思い出させているのです。

ご存知でしたか?:
あなたの心を貧しくしてしまう5つの習慣

バランスを取り戻す

心を修復するための最良の方法はあなたが楽しむことです。困難な状況から取り残された否定的な感情や気持ちをうまく分離した後、普段のルーティーンに戻ることができます。あなたの大切な日々を誰にも何にも邪魔されることのないようにしてください。悪い状況を経験することは避けられませんが、それに人生を左右されるようなことがあってはいけません。

自分の気持ちに対処した後は、楽しいことやポジティブなことに焦点を合わせてください。散歩に出かけてアイスクリームを食べるのもよいでしょう。好きな人と会話を楽しむのもよいでしょう。刺激的であなたを前向きにさせることなら何でもしてください。長引く悪い感情を克服し、バランスを取り戻してください。

負の感情を無視したり悩んだりしているだけでは、あなたのバランスは回​​復しません。最も健康的な方法は、あなたを苦しめる感情に向き合い、その原因をはっきりさせ、隔離するために少し時間をかけることです。それから、あなたが好きなことをしてください。そうすればバランスを取り戻し、ポジティブな気持ちで通常の生活を送れるようになるはずです。

  • Augustine, N. R. (2001). Gestión de la Crisis. Grupo Planeta (GBS).