私の内面的な平和は私の権利である

· 2018年2月12日

その朝、彼女はいつもと同じように起きました。彼女が顔を洗うためにトイレに行ったとき、何かいつもと違うものを感じることができました。 鏡の前に立つと、彼女の中から深い力のようなものがメッセージを投げかけていたのです。「私はあなたの内なる平和です。そろそろわたしのケアをする時です。」という風に。

彼女は過去数ヶ月間、浮き沈みの激しい時期を過ごしており、人生が彼女のために用意したプレゼントや素敵なことを受け入れる願望をすっかり失ってしまったのでした。 しかし、彼女はこの自分の内なる声が正しいことを知っていました。ついに彼女の中で優先順位を設定し、本当に重要なことを再定義する時が来たのです。

「私たちが自身の中に平和を持っていなければ、外側でそれを探すのは良いことではありません」– R-

彼女の周りに何百万もの障害があり、それらが自分の内なる平和を見つめるという芸術を妨げているかもしれません。しかしやっと彼女は、一日一回以上自分の内なる幸せに耳を傾けることが、幸せにとって大きな利益になると理解したようです。さらに、内なる幸せに耳を傾けることは彼女の記憶に書かれた「付箋」のような役割を果たします。「あなたを取り囲む木々から出てきて、風船に飛び乗り、あなたのいる状況を上から見る時間です」という風です。

ブレーキの代わりに翼を

彼女は一日を通して振り返ってみました。 最初に、自分に刻まれた人生の目的に従うのがいかに難しいかを知りました。 私たちは、他の人々と関係を強め、いつも忙しく、心が私たちの利益を考えさせないようにする社会に住んでいます。 バルーンと一緒に登った上からこの社会を観察してみると、意識的かつ意図的であること、そして私たちが自分勝手であることが罪のようにとらえていることが分かります。

羽の生えた空飛ぶ女性

しかしそれだけではありませんでした。 この世には今まで存在しなかったモンスターが恐怖、不安、悲しみを作り出し、彼女はこれらと戦わなければいけませんでした。そしてこの恐怖、不安、悲しみは彼女の人生を乗っ取っとり、涙、絶望、内なる崩壊を引き起こしてしまいました。

間違った意思決定、厄介な状況、困難な瞬間は、人生が指の間からこぼれ落ちる水のように感じさせます。 また、二人分の人生を歩きたいと考える人のせいで、彼女は自分の人生を、まるで目の不自由なまま歩いているようでした。

しかし、人生の最善の目的を尽くすことは簡単ではないので、この痛みは避けられず、彼女は痛みを止められるほど勇敢でもありませんでした。そして彼女は苦しむだけで膨大な時間を無駄にしてしまったのです。

何をしたいかを選択する

その瞬間、彼女はしばらく前に読んだあることを思い出しました。私たちは自分がなろうとしているものになるので、何になりたいかを常に慎重に選択する必要がある、ということです。 これは、人生の優先事項を確立するために彼女が必要としていたものでした。自分のやりたいことに沿って行動し、心と行動の不和を取り除くことでした。

「幸福とは毎分愛と恵みと感謝の気持ちで生きる精神的な体験のことです」

– デニス・ワトリー –

彼女は、地面に縛られていたものから自分自身を解放し、彼女自身に彼女が特別な存在であることをより頻繁に伝え、自身の光を保つこと、すなわち今まで視界から消えていた光を守ることから始めると決めました。 結局のところ、彼女は自分の夢の擁護者、自尊心の最高の味方だったのです。そして彼女は愛情深く彼女を包み、彼女を啓発してくれる人たちに囲まれていたのです。

女性に群がる蝶

彼女は、内なる平和がこの世界でもっと重要視され、それをもって自分自身とつながっていく必要があることを理解した人になりたがっていました。2ブロック離れたパン屋に買い物に行った時、笑顔を浮かべて、小さな幸せに感謝し、愛する人に愛を捧げることができるような人です。 内なる平和とのバランスが戻った後は、彼女の中で悲しみなどを作り出すモンスターはもう、騒音をあまり起こさないでしょう。

内なる平和は可能性ではなく、権利である

次の日、彼女は自分が聞いた内なる深い声が本当に言いたかったことを理解しました。彼女は幸福でいる権利があり、それは単なる可能性ではなかったのです。 彼女は静けさ、落ち着き、そして内面の平和を保つために戦わなければなりませんでした。そうすればその後、自分の持つ少しのものの中でも幸せを見つけることができるからです。

「悪い時は招かずにでもやってくるが、良い時を求めるならそのことについて考えなければならない」

-ドルチェ・ チャコン-

草の中で寝る少女

内なる平和は、達成するために努力する価値がありました。特に、内なる平和が自分自身の中に存在することが分かったので、彼女が現在持っているもの、していること、そしてそれを共有することで満足できることが分かったのです。 それから彼女は毎朝鏡で自分自身を見ることを止めないことを約束しました。そうすれば彼女は内なる平和の存在を決して忘れないからです。