大事な時の不安を和らげるトリック

· 2018年2月19日

何か大事な状況が迫っている時、それは不安を悪化させ、あなたの不安をコントロールする能力をテストしているのです。仕事の面接、大きなプレゼン、試験、そして新しい事を始める日など、このような状況では、いつも以上に自信を持たなければいけません。しかし、毎回それが出来るわけではないのです。

ある人にとっては、このような状況はいつもより少し自分に緊張をもたらすだけで、比較的簡単に対処出来ることですが、その他の人にとっては、持ち直すのが困難で、バランスを崩すものなのです。

こういった状況はトラウマに成り得るストレスです。そして私達のほとんどが大事な時の前に緊張を感じる生き物なのです。

このような恐怖は必然的なものですが、私達はこの不安から自分を守るトリックが実践できるのです。

このメソッドはハーバード大学の専門家達によって検証された研究です。今回はそれについて詳しくみていきましょう。

不安制御テスト

このテストはハーバードビジネススクールの心理学者によって編み出された方法で、一時的な危機的状況についての研究を基に生み出されました。彼らの発見によると、私達がすべきことは、儀式のような、象徴的な価値を持つ順序ある動作だというのです。

呼吸法の練習

専門家達は人が不安を和らげる為に儀式のような動作を作り、実践した時、とても良い結果が出ると発表しました。

また、彼らの理論を確証する為に、とても興味深い実験を行いました。まずとても緊張しやすい人のグループを作り、多くの観客の前で難しい曲を数分間歌ってもらうことにしました。

その中で、多くの参加者が儀式のように「落ち着け」、「これはそんなに悪い状況じゃない」、「僕なら出来る」と自分に言い聞かせていたのが分かりました。

彼らは不安を軽減する為、このように言い聞かせていましたが、実際には、あまり効果的に見えませんでした。

その後、グループの中から何人かを選び、違う方法を試してもらいました。研究者は彼らに今感じている気持ちを表した絵を描いてもらい、それを破って捨ててもらったのです。すると、この単純な動作を実践した人達は上手く不安に対処することが出来たのです。

困難な状況で不安を制御する

心理学者は、落ち着けと自分に言い聞かす方法は、落ち着きを取り戻すのに良い方法でないと言及しました。心が乱れている人に落ち着くよう言い聞かすのは効果的ではないのです。

私達は時々、意図するものと真逆のものに行き着く時があります。落ち着こうとすると、逆に刺激を与えてしまうのです。まずあなたの抱えているフラストレーションに対処しなければ、「落ち着け」と自分に言い聞かしても、さらに多くの緊張感を与えてしまうだけなのです。

考え込む女性

大事な時の前に抱く不安は、コントロールを失うことに影響します。何が起こるか分からない、または変化に対するコントロールの仕方が分からない状況は、好ましくない結果を導いてしまうのです。

ですので、研究で行われた儀式のような自動的動作は、コントロールを保つ助けをしてくれます。また、その動作は、あなたにとって特別な意味があるほど、さらに効果を発揮してくれるのです。

自分自身の儀式を作る

ストレスの多い状況の前に、儀式を作り行うのは不安を軽減させてくれます。そして、それはいつも同じ儀式ではないといけません。

歌手はショーの前に喉をウォームアップすることがあります。サッカー選手も試合前に芝を触ったり、フィールドを走ったりします。また、テレビ司会者の場合は本番前にお茶を飲んだり、始まる5分前まで寝るなど、それぞれ特定の動作を持っているのです。

効果的な例をいくつか紹介しましょう。例えば、あなたが強かった頃を思い出す、あなたを触発してくれる人の写真を見る、などの動作を行いながら、特定の呼吸法を実践するのも良い方法です。

もしそれがあなた自身の写真なら、その写真を今あなたが直面している状況と類似したものにしてみるのが最適です。もしあまり上手くコントロール出来なかった時のものでも、効果はあるのです。また、実験であったように、紙にあなたの最も恐れている恐怖を書き、破り捨ててみるのも良い方法です。

これは魔法ではありません。このようなタイプの儀式は単純にあなたの持つ意識的・無意識的な強さを築いてくれるのです。どのように行うかは関係なく、あなたを象徴する儀式にしてみてください。それがクレイジーなものに見えても、あなたの不安やネガティブさを止める素晴らしい方法となるのです。

ひらめき