ダンスの5つの心理的メリット

2018年4月21日

踊ることに心理的なたくさんのメリットがあるって知ってましたか?ダンスがもたらしてくれるものを試してみましたか?この記事では、ダンスによって得られる5つの心理的メリットと、音楽に合わせて足やこころや体を動かす5つの理由を紹介します。

踊ることは世界共通語です。2人かそれ以上の人が、体の動きと音楽のリズムに合わせて動きたいという欲望だけでつながり、コミュニケーションを取ることができます。音楽は、話すことなく、一言も発することなく、新しい人と出会うチャンスを与えてくれます。

 

それでは、ダンスの体と精神への心理的メリットをご紹介します。

クリエイティビティーを養うダンス

体が音楽と流れることを許すとき、わたしたちは精神が自由に動くことを許します。言葉は必要ありません。必要なのは、感じて物理的に自分を表現することです。自発性とクリエイティビティーのドアを開けると、新しい道が待っています。問題に対する新しい答えを見つけ、精神は新しい道を旅します。

ハートフォードシャー大学のダンス心理研究所の所長、ピーター・ラヴァットは、ダンスは脳が新しい考え方をするのを助けて、新しい神経サーキットを作り出すことを証明した研究を行いました。

 

森の中のバレリーナ

つながりとしてのダンス

ダンスは内なる自身とわたしたちをつなげてくれます。ダンスを通じて、自分が意識していないような感情を表現できるかもしれません。わたしたちが運ぶ重荷から自由にしてくれます。異なる言語を通じて自分自身を知る機会を与えてくれます。

ダンスは自分自身とつながる助けをしてくれるだけではありません。ダンスには社交的な面があり、お互いを知るチャンスを与えてくれます。様々な年齢の人を繋げ、どんな人にも共通の言葉を与えてくれます。それ以上に、異なる好みや性格の人を一緒につきあわせてくれます。音楽とリズムによってです。

ダンスは存在状態や自尊心を改善

ダンスするとき、あなたの精神は自由になり、すべての問題を忘れて動きに集中します。また、ダンスはストレスを軽減し幸せの感覚を増幅させるドーパミンやセトロニンを分泌します。多くの研究が、ダンスは頭痛や腰痛などの肉体的な痛みを軽減するという仮説を支持しています。鬱の症状も軽減します。

ダンスは、体、こころ、精神が一体化することをゆるし、つながりや自尊心を改善させます。また、自信を生み出し、ダンスパートナーと踊ることで他人への信頼も生まれます。抑止をなくし、ダンスフロアでクリエイティビティーに任せると、自分自身のドアを開き、自分のことを少しだけもっと好きになれます。

海でダンス

脳の消耗を遅らせるダンス
M. Joe Vergheseによって行われた研究 (2003)は、ダンスが神経シナプスにとって都合がよく、年齢を重ねるとともに自然と起こる海馬の損失量を下げることがわかりました。 長い目で見て脳を守ってくれます。また、同科学者は別の研究で、ダンスが中央神経システムと脳のアクティビティに刺激を与えることを発見しました。

ダンス、音楽を楽しむこと、精神を自由にすることで何が起こるかを学びました。すべて時間の影響からを守ります。ダンスはクリエイティブになるチャンスだと思ってください。足を自由に動かしてください。音楽とダンスはあなたをワクワクさせてくれます。

「人の本当の表現はダンスと音楽の中にある。体は決してうそをつかない。」
–アグネス・デ=ミル