鬱を患い学んだ3つのこと

· 2018年3月19日

鬱によってわたしは縮められたようでした。最終的に、わたしは自分が冷たい暗い穴にいるようでした。孤独の底から、世界のざわつきが聞こえました。わたしの「弱さ」を非難した人、人生は一瞬で過ぎ去っていくから元気を出せと言った人のささやきも聞こえました。でも、わたしの鬱は5年にも渡り、そこから学べることすべてを学びました。

ここでは、鬱におけるすべきこと・すべきでないことのわたしの個人的な意見をご紹介します。

よく、精神的な病気や他の深刻な病気を克服した人はヒーローと呼ばれます。難しい時に立ち向かったその勇気を人々は讃えます。しかし、実際にそれを体験した人は、他に策がなく、強くなり最悪の敵に降参して屈しないよう努力し続ける以外どうしようもなかっただけということを知っています。

 

「痛みはあなたを苦しめます。それはあなたに気づかせるためです。気づきに達した時、みじめさは消えます。」
–バグワン・シュリ・ラジニーシ–

そして、世界保健機関 (WHO)のレポートでは、うつ病が毎年増加していることを度々警告しています。しかし、これらのレポートは鬱の悲しい穴からどれだけの人が抜け出すことができたのかを教えてはくれません。

これは、主に去年のWHOの会合でハイライトされた点が原因です。10人に7人が必要な治療を受けていません。鬱の影が来ては去り、鬱が起こっているとき、人は簡単な解決策に頼ります。です。最高のアプローチは、様々な要因を考慮に入れ、もっと総体的であるべきです。

しかし、鬱がたいていきちんと治療されていないことにより、鬱はわたしたちを窒息させ、精神をめちゃめちゃにする招かれざる客になっています。鬱を最も喜ばせるものを達成するため、窓を閉め、わたしたちの希望にカーテンをかけてしまいます。つまり、わたしたちの家の中でわたしたちを捕虜にすることです。そのようなカオスに秩序を取り戻すのは簡単ではありません。そこらか抜け出すことも、その力や毒を弱めるのも簡単ではありません。

しかし、最も深刻な鬱であっても適切な治療で乗り越えることができますそして、わたしたちがそれを乗り越えたとき、人生における価値のある教訓を得ます。目を閉じた女性

 

1. 鬱の烙印を消し去る

鬱はいまだに烙印です。技術の時代に生きていようが、多くの情報へのアクセスがあろうが、変りはありません。そんなのはどれも重要ではありません。鬱はあまり人々が話さないことだからです。簡単でも快適でもない会話のトピックであり、タブーである場合もあります。母親が産後鬱を患い、どうすることもできなくて自分の生まれたての子供の面倒を見ることができないと感じるような場合は、タブーとして考えられます。

この母親の周りの人はどうしたらこの苦しみを理解できるでしょうか?出産前よりを幸せを感じることが最も「自然」なことなのでしょうか?さらに、一般の人が鬱に関してどのように感じているかという調査を行ったとしたら、かなりの確率で弱さや諦めという言葉が出てくるでしょう。

これらの完全に偏見に満ち満ちた不公平な見方は、鬱を患うひとを自分の沈黙の牢獄へ閉じ込めてしまうことにつながります。他の人からの非難や理解のない見方を恐れているためです。鬱を患うひとが自分を守るために作り出した泡玉の外側で誤解されたように感じて、孤独が生まれます。

わたしたちは、鬱はえり好みしないということを覚えておく必要があります。性別、ライフスタイル、ソーシャルスケールに関係なく、誰にでも影響します。そして、気づくべきことはこのような深淵に落ちてしまうのは最も強い人だったりするのです。

2. 鬱は単独では現れない

鬱は大抵一緒に招かれざるお友達を連れてきます。不安症、パニック障害、ストレスなどです。多くの人は、鬱は墜落しようとしている飛行機の中にいるようだと説明します。

心臓が高鳴り、コンスタントな恐怖は患者を自分の人生にコントロールが取れない人、ほとんど寝れない/寝てばっかりの人、ほどんと食べれない/食べてばっかりの人に変えてしまいます。

どの人も特定の症状を経験します。これは、少しづつ無限の陰影・辛い苦しみの万華鏡を形成します。そして、一夜にしてその人は不安症の治療のために抗うつ剤を、動悸を収めるために交感神経β受容体遮断薬を、吐きを軽減するために薬を、夜には睡眠薬を摂取するようになります。

波と女性

3. 鬱の治療

鬱は1,2カ月で完治できるものではありません。時に、数年を要します。各患者は自分の方法で回復し、自分のペースで孤独の引きこもりの殻から出てきます。砂漠で迷子になって、わからないまま、地図もなく、コンパスもなく、力もなく歩き回って…そこから抜け出せる希望がない時に、やっと家までの道のりを見つけたような感覚です。

  • わたしたちは鬱から学びます。でも、忘れることも大事です。時に、たくさんのものを置き去りにし、習慣を変え、人生の目標を再評価し、「自分は何でもできる」という古い考えを忘れる必要があります。
  • 鬱を克服することで、もっと思いやりのある内面の声を育てることができます。わたしたちに「ストップ、ちょっとおやすみして」「そんな風に考えるのはやめて」「自分にそんなに要求する必要はないよ」とわたしたちに伝えることを学んだ声です。

「危険から逃げたくない、それに向き合う勇気が欲しいだけ。」

マルセル・プルースト

同じように、この思いやりは自分のニーズや限界を理解するために自分の内から発生したものとコンタクトを取ることにも役立ちます。そしてもちろん、かつてウィンストン・チャーチルが言ったように「鬱の暗い犬を近づけさせない」ための必要なツールを持つためにも役立ちます。

森

どの人も自分に一番合った方法でやり遂げることができます。書き物、スポーツ、散歩、読書、友達との会話など。これらは、日常的で感情的にポジティブなヒーリング的生活の習慣を養う方法です。 わたしたちを沈まないようにし、本当のわたしたちの姿、つまりもう一度笑顔になれる人を救い近づけてくれる方法です。