男性と女性は感情を同じように感じるのか

2018年6月8日 in 感情 0 シェア済み
男と女が横たわっている

この記事のタイトルを読んだあと、あなたの思い出を思い返し、男性と女性が取る行動に多くの違いがあることに気づいたかもしれません。しかし重要なのは、それぞれの性別がどのように自身を表現するかではありません。本当の疑問は、男性と女性は感情を同じように経験するのでしょうか?

ゴットマン博士が行った研究では、性別によって感情の表現の仕方に違いがあるにもかかわらず、男性と女性が非常に似た感情を経験すると結論づけています。 Cohen教授がイギリスのケンブリッジ大学で行った他の研究では、男性と女性の脳の構造が異なっていることが分かりました。

男性と女性の脳

女性の脳は共感のためにコードされています。一方、男性の脳は、システムの理解と構築のために構成されています。子どもたちが成長すると、これらの違いがますます目に見えるようになります。これは特に、テストステロンレベルが上昇し、より多くの差異が生まれる思春期以降です。

だから、女性の脳は表情や気分を読むためにもっと準備されているのです。しかし、男性の脳は構造とシステムをよりよく見ることができます。これはもちろん、男性が人々の感情を理解できないという意味ではありませんし、女性がシステムを構築できないことを意味するものでもありません。男性と女性の脳が特定の活動に罹りやすいということだけです。その傾向がない動作を行うためには意識的な努力が必要です。

カップルが靴を持って立っている

感情を表現する方法を学ぶことができる?

遺伝と環境は、私たちの行動に対してほぼ同等の影響力を持っています。確かに、私たちの脳は特定の刺激を感知するよう準備されています。しかし環境もまた、私たちを特定の物に傾倒させます。

私たちの祖先はすべての世代にその跡を残しています。ほとんどの社会において、男は食べ物を狩りに出て、家族のために働かなければなりませんでした。彼は痛みを感じてもそれを隠さなければならなりませんでした。彼はグループ内で「男の役割」を果たさなければならなかったのです。

フィッシャー博士はまた、女性は家にいなくてはならず、子供を世話しなければならなかったと述べています。したがって、女性の共感はより発展しているのです。子供や家族のニーズをすばやく理解するためには、彼らは知覚的である必要がありました。

脳がこのように構造化されてきたのは、おそらく感情そのものではなく、感情を表現しなければならない必要性からでしょう。今日では様々な点が変わってきていますが、世界にはまだ昔とさほど変わらないところもあります。我々はより均等な機会を確保するために教育制度を変える努力をしてきました。感情的知性は今の若者にとって非常に重要なものと見なされているため、より多くの子供が感情について教わっています。

カップルがワインを飲んでいる

感情よりも表現の違いが大きい

男性と女性の脳には小さな違いがありますが、私たちがどう感じるかではなく、私たちが感情をどう表現するかにおいて最も明確な違いを見つけることができる、と結論づけることができます。

男女間で違いはありますが、グループ内にはさらに違いがあります。つまり、感情と気持ちを表現する上で、グループとしての女性とグループとしての男性との間には、より多くの違いがあります。

私たちは大人として、教育において非常に重要な役割を果たしています男性と女性の平等な機会を確保することは、私たちの責任です。固定観念や偏見を正当化するのに違いを利用するのではなく、個人の可能性を見なければなりません。

そうすることで、皆同じように感じ表現することができるようになります。感情を表現しないことが強いことを意味している、と言う考えは捨ててよいのです。本当にそれらを表現する方法を知っていることこそが、男性か女性かにかかわらず私たちを人間にすることです。

あなたへおすすめ