誰かを手放すことは、あなたの人生にとどまる人を知ること

· 2018年2月17日

あなたの運命の人ではなく、あなたの過去の一部になる人がいることに気づいてください。ある人を過去の人にすることは、あなたを傷つけないという意味ではありません。別れた後も、常に心の中に痛みが付きまとうでしょう。この別れがもたらす痛みは、人生において、他人と私たちのやりとりを支配する感情的な事項の一つです。

あなたの人生に大きな印象を与える人間関係(または特定の人)があるでしょう。あなたがどれだけそれらを確保するために戦っても、頑張ってその関係を保とうとしても、どんなに愛していても少しの衝撃で壊れてしまうのです。 さよならを言うのは楽しいことではありませんが、時にはそうすることで解放をもたらします。なので、別れには、それがもたらす自由の中に美と必要性の両方が見い出せます。

なぜなら私たちは時に幸せになるために、痛みや心配の人生を手放し、感情的な不確実性を放棄する必要があるからです。精神的な平和を取り戻し、私たち自身の感情的な自由を築くために、人を去る必要があるからです。

良い思い出とともに一歩下がって別れることは、主張を繰り返して迷惑になるよりもましでしょう。 あなたはあなたが持っていなかったものを失うことはできません。そしてあなたのものでないものを保つことはできませんし、持っておきたくないものにこだわることもできません。

抱き合うカップル

すべてを話しつくした後にさよならを言うのが最適

あなたは、あらゆる経験から将来に生かせる教訓を得ることができると心に留めて、あなたを傷つける人々にさよならを言うことを学ばなければなりません。これは、時と場合において私たちが経験しなければいけない悲しみに価値がないことを意味するわけではありません。うまくいかなかった関係を愛し、そこから学ぶことが最適だからです。

これは偉大なガブリエル・ガルシア・マルケスも言及しています。 以下で、愛が終わりを告げると知っているときでさえ、私たちの強みをもって人を愛することの重要性についてたくさん学ぶことができます:

「あなたが眠っているのを見るのが、今日が最後であることがわかったら、あなたを抱き締め、あなたの魂の守護者になれるように祈っています。 今日があなたがこのドアを去る最後の時であることがわかったら、私はあなたを抱きしめて、キスして、電話していろんなことをするでしょう。

私があなたの声を聞く最後の瞬間であることを知っていたら、今後何度も何度も聞くことができるようにあなたの一言一句を録音するでしょう。 もし私が今回あなたに会う最後の瞬間であることがわかったら、私はあなたを愛していると言うでしょう。あなたがすでにそれを知っているだろうとを愚かに推測するだけでは終わらせないようにします。

裸足の足と落ち葉

いつでも明日があり、人生は正しいことをする機会を与えてくれます。しかし私が間違っていて今日が最後の日だと仮定して、私はあなたにどれほど愛しているかを伝えたい。

明日は若い、老いている関係なくすべての人に保証されているものではありません。今日があなたが愛する人たちを最後に見ることができる機会かもしれません。だから今日はやめてください。もし明日が来なければ、あなたは笑顔、ハグ、キス、のために時間をとらなかったこと、最後に良い言葉をかけてあげなかったことを悔やむでしょう。

あなたが愛している人を近くに置いて、あなたが彼らをどれだけ必要としているのか、彼らを愛しているのか、よくしたいのかを彼らに囁いてください。「ごめんね」、「許して」、「お願い」、「ありがとう」や、 彼らへの愛を伝える言葉を言いましょう。 あなたの秘密の考えは誰の記憶にも残らないのですから。

木が生えた心臓

さようならを言うのが苦しい時は、これは教訓だと受け入れて

さよならより悲しいことはありません。永遠にさようならは、いつまでさようならという意味なのでしょうか? 長い間続く恋愛関係、友情、またはあらゆる種類の人間関係は、私たちの感情、感情、思考を表現することに基づいているべきです。

私たちが感じたことを誰かに伝えないまま終わらないことが重要です。私たちの気持ちが残っているのに、さよならを言うのはもっと苦痛です。もし私たちがそれを伝えなければ、それは乾いて、おそらく私たちを台無しにします。

別の言い方をすれば、感情的な過去が私たちの現在を決定するでしょう。ですから、現時点での私たちの感情、感情、思考に応じて行動することが重要なのです。

このことを覚えておいてください:さようならはつらいものですが、最も苦しいことは言葉に出されていないもの、私たちの心を傷つける可能性のある未解決の問題なのです。