独占欲の強い支配的な男性:特徴と傾向

· 2018年12月26日

独占欲の強い支配的な男性に見られる特徴や姿勢はたくさんあります。しかし、これらの男性たちはそれぞれとても異なるということも覚えておいてください。様々な社会的・経済的地位、年齢、教育、宗教的信仰、政治的傾向、背景があります。

この記事でご紹介する特徴の他にも、こういった人たちにはたくさんの共通事項があります。独占欲の強い人のほとんどが、支配と抑圧的な姿勢で関係を維持します。優しいふるまいで自分の姿勢を隠すひともいれば、よく考えずに行動する人もいます。パートナーが逃げられなくなってしまう牢獄を少しずつ形成していくのです。

一つ目の警告の合図は、偽りの謙遜に隠された、パートナーに対するネガティブな発言や拒否です。毎日の細かい部分まで相手を詮索します。問題は、被害者は自分のアイデンティティーを少しずつ失っていくということです。被害者は苦しみや痛みを引き起こすようなふるまいを軽視して、相手を満足させるように一言一言気を付けて発するようになります。

交際関係の初めには、毎日の出来事をたずねることはふつうかもしれません。一日のうちに何度かメッセージを送ったり電話したりもします。しかし、その限度はどこにあるでしょうか?

すべてを知りたいという相手の欲求は、それが強迫観念になって、興味が操作になってきたとき問題になってきます。こういった男性は、支配的な傾向を初めは見せないものです。しかし、時が過ぎていくと、その傾向が浮き彫りになってきます。

男性にも女性にもこういう傾向はみられますが、この記事では独占欲の強い支配的な男性に注目していきます。

「自分の命を守って、自分の自立のために戦って、幸せを求めて、自分を愛することを学ぶ。」

–イザスカン・ゴンザレス-

通話

強迫的な性格

独占欲の強い支配的な男性は、強迫的な性格に特徴づけられます。すべてを知りたくて、とても防衛的です。すぐ怒って、時には自分の攻撃性を隠そうとします。

パートナーの居場所、話す人、友達関係をコントールしたいという欲望が、恋人関係の中心になります。何をしているか、どこにいるかを教えても、何度も確認して来ようとします。パートナーが本当のことを言っているか確認しないと気が済まないのです。

さて、私たちはみな自由であるということを覚えておくことが重要です。誰と遊びに行くとか、どんな服を着るとか、誰も指図はできません。自由の制限は、相手にとってとても失礼な行為です。

独占欲の強い支配的な男性は嫉妬心が強い

嫉妬は、パートナーに抱く深い不安への反応です。そのため、もうパートナーに愛されていないのではと感じた時に表面化します。それが事実でなかったとしても、愛する人の注目の的ではなくなることを恐れます。別の言葉で言えば、捨てられるのが怖いということです。感情的に依存していて、かなり不安症です。

ほとんどの人はこのような感情をうまく処理できます。しかし、独占欲の強い支配的な男性は、その感情をうまく制御することができません。その為、嫉妬心に負けてしまいます。批判的で支配的かつ攻撃的なふるまいで、自分自身を表現します。

SNSや他の機器を監視

独占欲の強い支配的な男性は、日中たくさんのメッセージを送ってくると同時に、パートナーがすぐに返事をしないと怒ります。

交際の初めにパートナーからこのような扱いを受けたら、そのことを話し合いましょう。彼が理解できないようであれば、交際に終止符を打つべきです。しかし、安定した交際関係で起こった場合は、話し合うか専門家に相談しましょう。

自分の携帯電話はとても個人的なものであると理解しなくてはいけません。通話やメッセージを監視することは誰にも許されません。自分のプライバシーを守る権利は誰にもあります。

人と連絡を取り合うのは重要です。しかし、しょっちゅう電話をかけてきては、もはやテレフォンハラスメントです。パートナーはあなたの居場所、一緒にいる人、していることを調べるためにこのようにふるまいます。

携帯
独占欲

独占欲の強い支配的な男性と暮らすのは、ほぼ不可能な話です。相手の人を服従・抑圧させます。

さらに、こういった男性はパートナーを独占したがります。パートナーをものとして見ており、相手が何をしたいか考えずに勝手に物事を決めます。これによって、心理的な虐待状態へ陥ります。被害者が状況を客観的に見れないことすらあります。これは自己欺瞞の産物です。

これらのケースで重要なことは、愛に「服従」するという概念をなくすことです。さらに、嫉妬は感情を表わすのに正当な方法であるという思い込みをなくさなくてはいけません。愛は所有物でも、必要性でも、コントロールでもありません。愛は、自由、敬意、信頼です。関係の上で限度を設定することが重要です。

相手がそのままのあなたを愛していることが重要です。また、あなたを大事にして敬意を払っていなくてはいけません。

相手の趣向やありかたを変えようとする

一般的に、独占欲の強い支配的な男性はパートナーに趣味、感心事、友情を諦めるように説得します。自分がコントロールできないような興味を持たれては困ると感じるのです。

極端なケースでは、独占欲の強い支配的な男性は、言葉でも肉体的にも虐待の傾向を見せます。自分の期待し望むようにパートナーを行動させたがります。このような状況では、被害者はできるだけ早く専門家と弁護士に相談すべきです。

愛、尊敬、相手の成長を助けたいという思いが、恋愛関係の中で最も重要です。

「尊厳、平等、自由のために誰かが戦ったら、その人の目を見てみてごらん。」

-ブルース・スプリングスティーン-