心理的虐待:私の物語

· 2018年7月12日
数年前、私よりもずっと若い人たちと一緒に暮らす機会がありました。私がまた学校に行って勉強するという決断をしなかったら、決して彼らと出会うことはなかったかもしれません。彼らの年齢は私の世代と私の子供の間くらいでした。

 私の注意を引くものがありました。特に女の子の間でです。 彼女たちは、自分でも気づかぬ内に心理的虐待の関係に完全にはまっていたのです。これが彼女たちを待つ将来の形なのでしょうか。
彼女たちは、どのようにして彼氏と議論になり、最終的に喧嘩になったかを私によく話してくれました。それはいつも同じように聞こえました。まず、怒りの理由を説明し、どのようにして限界に達したかを話し、そして最後には罪悪感や責任感で話は終わるものでした。 「私はすぐカッとなるから…」 「本当は彼はそこまで悪いことしてないのに…」
本当のことを言うと、私は彼女たちの話を聞いてゾッとしました。それは、女の子が決して我慢するべきでないものばかりです。この女の子たちは、たとえ自分がどのように扱われていたのかに同意できなくても、彼の「悪い」行いの言い訳をします。もし彼女たちがそれについて客観的に考えたら、自分たちが必死にしがみついていた言い訳にも同意できないはずです。
私は、朝に彼女たちが何となく悲しそうにやって来るのを目にしていました。休憩に入ると、心の内に貯めておいたすべてが出てくるまで、何が起こったのかを教えてくれます。それはとても明らかでした。それは愛された女の子の顔ではありませんでした。それは、心理的虐待で満たされた、従属関係にある人の顔でした。
そして、私は自分自身に尋ねました。警告するために何かできないだろうか?私たち皆が自分の目で見て苦しまなければ、心理的虐待の恐ろしい結果を理解することはできないのでしょうか?それがこの記事の意味です。それが役に立つと思う人にとってのものです。
ここにある女の子の証言があります。気づかぬうちに少しずつ心理的虐待の罠にはまっていき、あと一歩遅かったら、取り返しのつかないことになっていたかもしれない例です。

心理的虐待の実際の事例

顔を両手で覆い泣く女性
私は幽霊に脅かされるのを自ら許してしまいました。彼は年上で経験豊富でした。何が待っていたのか、見ることも認識することもできませんでした。当時、私たちは心理的虐待について知りませんでした。残念ながら、遅すぎたという瞬間まで、私は真実に目を開くことが出来なかったのです。
私は自分らしく感じ、自分の息子を通して完璧な子供時代を過ごしたかっただけでした。そのころには可能に思えた、私がいつも憧れていた「幸せな家族」の完璧な子供時代です。
私が妊娠したとき、本当の彼が見え始めました。彼は私をひどく扱い始め、怒鳴り、侮辱し、すべての小さなことについて私と喧嘩し始めました。彼は私が劣った、何もできない人だと感じさせました。「彼がいなかったらわたしは何?」という考えです。

息子が生まれてから、すべてが悪化した

私の小さな息子が生まれたとき、物事は悪化しました。彼は、私が赤ちゃんを腕に抱えている時ですら私を襲いました。それ以来、私はできるだけ議論を避けるようにしました。私は彼の怒りの爆発やから逃げ、単に「ごめんなさい」と言い聞かせてきました。それはもっと頻繁に起こるようになりました。私は心理的虐待の罠にはまっていたのです。ほとんどの場合、私はそれに責任を感じました。「私がカッとしやすいから?悪いのは私?」
彼は仕事をやめ、家の周りのことを手伝うようになりました。彼がビールを飲んでいる時、彼は悪魔になりました。彼は言葉で私を攻撃し、叩き、彼の手の届くところですべてを壊しました。しかし、私は、美しい目標を守りました。幸せな家族。どんなカップルも何かしらいざこざはある、と自分自身に言い聞かせました。
彼が私と喧嘩したとき、私は彼を避けました。わたしは、実家で経験した両親の叫び声と侮辱を、自分の家でも経験するなんて、考えられませんでした。最悪なのはその破壊的な態度です。それは癒されることなく、毎日深くなります。
彼は息子が3歳の時に息子を虐待し始めました。彼は私にしたのと同じように息子に屈辱を与えました。息子は、彼が内に貯めていた憎しみの簡単な獲物でした。憎しみ…なぜ?私には決して分かりません。しかし、私は彼がいつも近くに被害者を置こうとしていたことは分かっています。私たちが不幸だったことは明らかでした。

友人が、私の目を覚ますのに不可欠でした

ゆっくりと、私は社会の輪を広げました。私はすでにかなり引きこもりがちだったにもかかわらず、私は新しい友達を作りました。そして、私は気づき気づかされました―これらの喧嘩は普通ではなかったと。彼は私の自尊心を破壊していました。
私は家にお金を入れるために、家の内外で働いて、奴隷になっていました。夏には、9時間10時間と働いた後、数時間友達と現実から逃げ出す時間を作りました。私は優しい言葉やサポートと愛情で慰められました。しかし冬が訪れると、また刑務所に逆戻りでした。 日々が過ぎるにつれ、幸せな家庭の夢はどんどん遠く離れていくように感じました。
女性達が心理的虐待について話している
私の息子は3歳になり、私が最後にしっかりと鏡をみてから2年が経っていました。私は身なりを整えたり、綺麗に見せることに関心を失っていました。そんなことして何になるの?私は醜く、疲れていました。
私は30歳で、もう若くないと感じました。数少ない一緒の外出でも常に私を罵倒し、蔑みました。彼がしたことは、どれも正しくも大丈夫でもありませんでした。私の目は悲しみで曇っていました。まるで月のない夜の海の雲り空のように。

私はこれを警告として取りました。これは計画ではありませんでした。

それを知ると、私の苦痛はさらにひどくなるだけでした
私は、自分が選んだこの人生の責任は私にあり、それはすべて私のせいだと感じるようになりました。私は、自分の関係についてみんなに嘘をつきました。私は脱毛の原因がホルモンのせいだと周りが信じるまで嘘をつきました。
ある日何かがぷつりと切れ、私の体が「もうたくさんだ!」と声を上げました。私はパニック発作を起こし、ほとんど死の門へたどり着くほどでした。ゆっくりと私は、体が機能しなくなっていくのを感じました。最初は私の指の感覚が失われ、次に私の手足の感覚が失われました。それから、私の顔、舌、腕、脚…そして私の呼吸は不安定になりました。
私は他の誰もがこんな経験をすることを望んではいません。あなたの体が少しずつ動かなくなるのを見守るなんて。 友人達が私を病院に連れて行き、私は観察のために一晩入院しました。彼は私たちの子供と家に行きました。その小さな町の医者は、私の友人であるばかりでなく、精神科医でした。彼は平穏と回復のため、週末まで友人の家に泊まることを私に勧めました。

私は「NO」と言うことを学びました。

そこから私は回復し始めました。私は帰宅するまで5日間かかりました。彼はそこに、ポーチの上にいました。私は階段を上がり彼を抱きしめました。「ただいま。もう良くなったよ。」と私は彼に言いました。しかし彼は、私がバランスを失うほど押しのけて拒絶しました。
彼は私に叫び始めましたが、私は彼が何を言ったか覚えていません。突然、私はもう彼の言葉を聞くことができなくなりました。私は彼が怒鳴る姿と私を押しのける様子を見ることしかできず、彼の暴力的な振る舞いと声は、私を怖がらせました。
私も、私の子供も一緒に来ていた友人も、恐怖を感じました。 「逃げろ!」、これが私の頭をよぎった唯一の言葉です。しかし、5歳の息子を残していくことはできませんでした。なぜなら、彼が私を傷つけるために息子に手を出すのではないかと恐れていたからです。彼は私にまた同じことをする、と私は思いました。私は何もしていないのに!
私たちは身の毛もよだつほど恐怖を感じていました。友人の家向かっている車の中では、誰も何も言いませんでした。私たちがそこに着いときも、私たちは沈黙していました。数分後、彼が到着しました。私は2階のテラスに出て、そこから下にいる彼を見ました。
心理的虐待に悲しみ、涙を流す女性

もう一度彼は、ごめんなさいと言った

どう思いますか?もう遅すぎたのです。私の魂の奥底から言葉が出てきました。  「いやよ!私にはもう無理!あなたとはもう終わりよ!」私は心理的虐待の檻から抜け出すことを決めました。
彼は私と一緒にいて幸せそうには見えなかったので、彼は一人でいることで幸せであってほしいと願いました。そして、彼を愛していたことを伝えました。別れた後、彼がしたのは私を死で脅すことだけでした。 彼はこの屈辱のために復讐すると私を脅しています。
いいえ、私たちは彼をもう見たくありません。彼が周りにいれば、彼は私たちを傷つけます。彼と離れることだけが、私の望んだものを引き寄せてくれます。私の平和と、何より、私の息子。私は誰も彼を傷させない、彼の魂でさえも。愛と侮辱を決して混同しないようにと彼に教えることは、母としての私の義務です。
・・・誰かがあなたを愛しているなら、心理的にあなたを拷問することはないからです。