どうすればもっとカリスマ性を磨ける?

2019年4月25日

あなたの存在感や話し方、性格は人々があなたをどう見るかに影響します。カリスマ性があるように受け取られる人もいれば、もっと臆病そうに見える人もいます。しかし性格を形作ることは可能なのでしょうか?もっとカリスマ性を磨いて人を惹きつける特別な力を手に入れることは可能なのでしょうか?

他の能力を向上させるのはもっと困難かもしれませんが、カリスマ性は頑張れば誰にでも磨くことができます。どうすれば良いかご存知ですか?いくつかコツをお伝えします。

カリスマ性のある人々は熱情や優雅さ、調和のとれた考えを溢れ出させる

「カリスマ」という言葉を定義しようとすると、おそらく特定の著名人の名前が頭に浮かんでくるでしょう。メリル・ストリープやウィンストン・チャーチル、バラク・オバマなどです。では彼らに共通しているものとは何でしょうか?

メリル・ストリープ

カリスマ性のある人々には、人の注目を集め、人々を感嘆させる能力があります。彼らは共感を得やすいです。他人を惹きつける独特の魅力があり、うっとりしてしまうほどの自信に満ち溢れています。彼らとは何時間もおしゃべりしていたくなりますし、ただ一緒に過ごすだけでも喜ばしいことです。

彼らは懇談会などに来て自然と注目の的になってしまうような人々です。しかし大騒ぎしたり異常な行動をとるからというわけではありません。ただ彼らの人となりがそうさせるのです。では何が彼らをそんなに特別な存在にさせているのでしょうか?

カリスマ性を磨くための5つのカギ

自信を伝える

まずしなくてはならないのが、他の人々から頼り甲斐がある人だと思われるようにすることです。人と話すときには、その間ほぼずっとアイコンタクトを取り続けてくださいしかし、休みなく目を見続けるのはオススメできません。怖がらせたり嫌な気分にさせてしまうかもしれないからです。

「僕たちの成功の理由かい、ダーリン?僕の圧倒的なカリスマだよ、もちろん。」

フレディ・マーキュリー

身振り手振りは穏やかにすべきでしょう。わずかの緊張も心配も感じさせない、調和のとれた動きを心がけてください。もしリーダーが信用を失ってしまったら、それを再び回復するのは困難です。スピーチやプレゼンをする前に鏡の前でリハーサルをしてみるといいでしょう。そうすれば、聴衆に信頼してもらえる元となるようなこういった細かな気配りを付け加えることができます。

教養を感じさせる、しかし分かりやすい話し方

豊かな、そしてバラエティに富んだ語彙力で、教養があるのを見せることは大切です。カリスマ性のある人々は優れた伝達者で、どうすれば自分の言っていることを聴衆に響かせられるか分かっています。どうやっているのでしょうか?彼らは簡単に理解でき、誰にでもピンと来やすい言葉を使い、しかし教養の要素も少しちりばめながら話すのです。

下調べをしてきたことをあまりひけらかさないように特に注意してください。あまりにも複雑だったり大げさだったり専門的な言葉を使うと、傲慢に見えたり気取っているように見えてしまう恐れがあります。たとえその人に賛成できなかったとしても、他の人が話すときはいつでもその時間を尊重してあげてください。また、他人を批評しないというのも大事です。ちょっとした巧妙さと創造力で異なる観点を示してみたり、他人の観点を豊かにしてあげましょう。

親切で教養があるように見せるために、聴き手にはあなたの言葉を尊重して耳を傾けて欲しいですよね。「私」の代わりに「私たち」という主語を用いることをオススメします。そうすると、人々は自分もその一部なのだと感じられ、共通の目標を目指している気持ちになれるからです。

プレゼンする女性

普通の音量と豊かな声色で話しましょう

要領を得ないことを言っている政治家が、ただ声色の使い方だけで声援を集めている様子を何度目にしたことがありますか?話す内容と同じくらい、話し方も重要だということです。

その秘訣は、ためらったり同じ内容を繰り返したり単調なリズムのみを使ったりしないようにすることです。少し間を空けると聴衆の注意を引くことができます。聴いている人に対して印象付けたい重要な部分の後には、少し間を取るようにしましょう。

早口すぎたりゆっくりしゃべりすぎると、人々はあなたを信用できなくなるか、あるいは単にイライラしてしまうでしょう。あまりにも鋭い声色や真面目すぎるトーンで話したときにも同じことが起こってしまいます。もちろん、スピーチの中のキーワードを強調したいときには、わずかに、しかし自然に声の音量を上げても構いません。

話すときの姿勢

あなたの立ち姿はとても重要です頭は高くまっすぐに上げ、左右に傾いたりしないようにしましょう。何かを強調したいときは、アゴを少し上げてください。

肩を縮こませず、常に同じ高さを維持することが大切です。ポールのように硬くなる必要はありませんが、まっすぐに立ちましょう。この姿勢は、カリスマ性のある人々が持つ不屈さや不服従を示してくれます。彼らにとって、不満が行動を引き起こす元であり、そこから変革へと繋がっていくのです。

控えめな服装

衣ばかりで和尚はできぬ、ということわざもありますが、服装によってカリスマ性を高めることは可能です。高級な服やブランド物の服を着るという問題ではなく、適切な服装を選ぶということです。すでにテーマにお気付きの方もいらっしゃるでしょう。それは、謙虚さです。

女性の場合、ネックラインが深めの服やかなり高いハイヒールや派手な色使いの服は注目を集めるどころか気を散らせてしまいかねません。着ていて快適で、控えめなスタイルの服を選んだ方が良いでしょう。アクセサリーがあれば見た目は完璧です。

男性の場合、一番良いのはベーシックなスーツを着ることです。ライトカラーのシャツとそれに合うネクタイを合わせましょう。ネクタイは外して、ジャケットの代わりにブレザーを着ても構いません。

カリスマ性を磨くためにはリーダーになる必要はありませんが、ほとんどのリーダーはカリスマ性を兼ね備えています。カリスマになるためのマニュアルはありませんし、中には生まれつきカリスマ性が高い人もいますが、練習を積めば役に立ちます。カリスマ性が身につけば可能性が広がりますよ。ご紹介したガイドラインに従って何が起こるか試してみませんか?今までとは違う結果を出したいなら、違うやり方を試してみましょう!