デュシェンヌスマイルの力

2019年3月22日

デュシェンヌスマイルを、本物の笑顔と呼ぶ人がいます。その魔法により私達は輝き、ポジティブな気持ちが伝わります。人の顔が反映させることのできるすべての表現の中で、これは間違いなく、最も魅力的で印象的です。力強い効果があるため、笑顔の科学の研究は何十年にも渡って行われています。

一部では、笑顔は「社会的触媒」だと言われています。実際は、それ以上のものです。DNAに組み込まれた社会的メカニズムをもって私達は生まれます。笑顔を見たことのない盲目の人でも、自然と笑顔を作ります。笑顔は、気分を高め、関係を最適化し、言葉を使わずに感情を表現することを可能にします。

「あなたの笑顔で、あなたは人生をより美しいものにしている。」

-ティック・ニャット・ハン-

ここで重要なことは、笑顔には種類があると言うことです。笑顔はすべて同じではありません。顕著に他より目立つものがあります。それは、デュシェンヌスマイルです。この名前は、19世紀半ば、写真医学のパイオニアで、神経科医であったギヨーム・デュシェンヌからきています。

デュシェンヌ博士は、運動生理学の専門家で、真の笑顔と偽の笑顔の違いを見分け、それを著そうとしました。そのために、どのようにして顔に笑顔が現れるかをひとつひとつ詳しく調べました。笑顔には、複雑な顔の構造に存在する筋肉がたくさん使われます。興味深い分野で、探求する価値があるでしょう。

葉で顔を隠す女性

 

デュシェンヌスマイルについて分かっていること

これを読んでいる人の中には、本物で誠実な笑顔があることを疑う人もいるでしょう。それは、間違いでもありません。多くの人が予想したように、デュシェンヌスマイルは作ることができます。そこに誘惑、説得、魅了、騙すなど具体的な狙いがあれば、偽の笑顔になります。

マサチューセッツのタフト大学は、ある研究を行い、 イギリス心理学会で発表しました。98人の被験者の内、69%以上の人が、「ほぼ完璧」にこの種の笑顔を作ることができたと言います。

「ほぼ」と言っているのは、デュシェンヌスマイルの専門家はそれが偽の笑顔だと分かったためです。この社会的ジェスチャーには、口や目を超えるかすかな違いがあります。それは、感情的真正です。

 

デュシェンヌスマイルの見分け方

1862年、どんな笑顔も、口角をあげることにより頬の筋肉が上がるという基礎的な特性がある、とデュシェンヌは言っています。デュシェンヌスマイルには、ポジティブな気持ちや喜びが生み出す、ある独特で優れた雰囲気があります。いくつかの筋肉の絶妙な組み合わせがこの雰囲気を作ります。

口の側にある大頬骨筋と小頬骨筋の収縮によりこのタイプの笑顔ができます。これにより、口角が上がるのです。違うのは、目のそばにある眼輪筋と頬の筋肉の両方が収縮すると、目の周りに小さなシワができることです。

笑顔の人

 

本物のデュシェンヌスマイルと偽物の見分け方

パウル・エクマンは、感情や笑顔の分野で有名な心理学者です。彼のおかげで、最大18種の異なる笑顔があり、感情はそれに関わり、それぞれの表情で使う顔の筋肉があることが分かりました。

ほとんどの笑顔(偽物も含む)に、それぞれ目的があるとエクマン博士は言います。真のデュシェンヌスマイルは、心の感情が反映されたものです。

詩的な響きですが、これは社会心理学ジャーナルに彼が実際に発表したものです。人の目を見て、それを見分けることができると言います。目は、幸せ、健康、より真正なつながりを感じ取ることが出来る部位です。

デュシェンヌスマイルは、運動野と大脳辺縁系によりコントロールされていると知っておいた方が良いでしょう。どういうことでしょうか?これは基本的に、このジェスチャーが脳の最も感情的な部分と関連しているということです。真の笑顔は、脳からきていると結論づけられます。

目

誰かがあなたに笑顔を向ける時、魅力的なくちびるの形のみに注目してはいけません。真のポジティブな感情で目が輝いているかを見ましょう。逃げることがなく、相手を深く包み込む視線と誠実性を受け取りましょう。

さいごに、ダニエル・ゴールマンが著書「ソーシャル・インテリジェンス(社会知性)」で指摘しているように、偽の笑顔をもつ人はたくさんいます。しかし、感情に働きかけ、幸せや健康に投資すれば、私達は世界に真のデュシェンヌスマイルを示すことができるでしょう。