エドガー・アラン・ポーの人生を学びましょう

2019年10月2日
エドガー・アラン・ポーの人生について様々な憶測があります。悪徳の多い悪い男だという人がいます。エドガー・アラン・ポーについて学びましょう。

エドガー・アラン・ポーは、世界の偉大な天才文学者です。彼の日常に関しては様々な伝説があり、彼の著書自体がかすんでしまうことがあるほどです。ポーの創造力は果てしなく、天才的な話し手です。

エドガー・アラン・ポーが登場し、ミステリー・ホラー文学界は一変しました。この偉大なアメリカの作家は、探偵というジャンルを作った人だと言われています。彼は、ゴシック文学を復活させ、ホラーに心理学的要素を取り入れました。

「私は人間の完全性を信じない。人の努力は、人間性に明らかな影響を及ぼすとは思えない」

-エドガー・アラン・ポー-

ポーは、様々な困難や悲劇を抱えていました。評論家の中には、彼を混とんとして堕落した人だと描き、それにより、ある意味で成功した人もいます。彼は思慮や注意を持った人の典型ではありませんが、敵によりその役を買わされたモンスターでもありません

エドガー・アラン・ポー

 

エドガー・アラン・ポーの苦難の幼少期

1809年1月19日、エドガー・アラン・ポーはマサチューセッツ州ボストンで誕生しました。両親は旅役者で、兄弟は2人です。ところが彼が2歳になろうかという時、両親とも亡くなり、兄弟とは別の家庭に養子に出されました

ポーが住むことになったのは、ジョン・アランという男性の家庭です。ジョン・アランは裕福なビジネスマンで、チャリティーの一環としてポーを養子にしました。養母の死と養父との難しい関係の影響が彼の作品には繰り返し見られます。

ポーと養家はイギリスとスコットランドに住みました。この国での生活はゴシック調で、後に彼の作品の特徴になったようです。その後、彼はアメリカに戻り、最良の学校に通います。

 

激しい青年期

エドガー・アラン・ポーは、14歳で初めて最初の作品を書きました。友達の母親に恋をした時です。ところがその女性が突然の死を迎え、報われない愛と向き合うことになりました

若い頃のポーはスポーツ万能で、天文学に興味を持っていました。そして、バージニア大学で語学を専攻します。しかし、お酒とギャンブルに溺れ、退学処分になってしまいます。養父は、自身の会社のひとつでポーを雇いましたが、長くは続きませんでした。

1827年、ポーはひそかに処女作 「Tamerlane and Other Poems 」を出版しました。その後軍隊で2年間過ごします。養父はポーのために就職先を見つけましたが、すぐに解雇されてしまいました。この間に、ポーはさらに2冊の本を出版しています。1832年、ボルチモアに移り、13歳のいとこと結婚しました。

 

「呪われた」作家

ポーの養親は、ついに彼を見捨てます。ポーは生きるために、美術評論家、レポーターとして新聞社で働き始めます。その鋭く優美なスタイルで、彼の知名度は上がりました。さらに、働きながら自身の本を出版し、作家として「黄金虫」などの作品を世に生みだしたのです。

1847年、若い妻を結核で亡くしました。妻の深刻な病気に苦しみ、ポーは酒や薬物に手を出します。彼女の死後、彼は非常に強い薬物であるアヘンチンキも摂取していたと言われてます。その結果、健康被害に苦しみます

ポーは必死になって新たな妻を探します。とどまることなく、複数の女性と付き合いました。アヘンチンキを使用し、自殺を図ろうとしたとも言われています。

エドガー・アラン・ポー

 

エドガー・アラン・ポーの最期

人生の終わりにかけ、彼は昔の恋人サラ・エルミラ・ロイスターと再会しました。1849月14日2人は結婚することになっていましたが、婚約後、ポーは姿を消しました

10月3日、ポーは誰かの服を身にまとい、困惑した状態で発見されました。友人につれられ病院へ行き、10月7日に亡くなりました。彼が姿を消してから、何が起こったかは誰にも分りません

解剖結果も消失しており、今になっても彼の死の原因は不明です。いずれにせよ、ポーの功績が後の作家に影響したのは間違いありません。ポーは力強く、深く、感動の作品を世に残しました。

  • Lanero, J. J., CSantoyo, J., & Villoría, S. (1993). 50 años de traductores, críticos e imitadores de Edgar Allan Poe (1857-1913). Livius, 3, 159-184.