エレクトラコンプレックス

· 2018年6月16日

女子の精神的な発達について最もよく知られている理論の1つ、すなわちエレクトラコンプレックスを説明したのは、カール・グスタフ・ユングでした。このスイスの心理学者は、ギリシア神話のエレクトラの歴史と象徴に触発されていました。

エレクトラはミケーネ王の娘でした。彼女は弟のオレステスと共に、父親の復讐のために洗練された計画を立てました。そして彼女は自分の母親と母親の恋人を殺しました。

名前の語源的意味を見ることは興味深いです。エレクトラとは、化石樹脂である琥珀が発する静電気が由来で、「琥珀」と「閃光」の両方を意味します

多くの現代作家が、この人物像と名前に刺激されました。例えば、「喪服の似合うエレクトラ」という有名な小説を書いたユージン・オニールです。この本は1930年代のある家族の中に起きた不明瞭で心理的な動きについて論じました。

心の振り子は善と悪の間ではなく、意味と無意味を交互に行き来する。

カール・グスタフ・ユング

ユングの理論

カール・グスタフ・ユングはこの神話的な人物を心理学的な観点から最初に使用しました。 1912年に発表されたエレクトラの概念は、女子の両親に対する早期の固定概念を説明するのに役立ちました。

エレクトラコンプレックスは、ジークムント・フロイトによって開発されたオイディプス・コンプレックスと対をなすものです。オイディプス・コンプレックスは、古典ギリシア神話の「ソフィクレス」のオイディプス神話に由来します。ここでは、この精神分析の世界の有名な父は、すべての男子は母親に魅了され、父親をライバルとして認識しているという考えに至りました。

お父さんんと小さな娘

心理学者によれば、このタイプの精神状態は(普通の人には異常に聞こえるかもしれませんが)すべての3〜6歳児の心理発達の正常な段階だとしています。この年齢の子供特有の固視または嗜好は自然に解消されていきます。さあ、もっと詳しく見てみましょう…

エレクトラコンプレックスの始まり方

エレクトラコンプレックスがどのように構成されているのかを理解するために、適切な背景を知る必要があります。この記事では精神分析の側面から紹介します。ジークムント・フロイトは、彼の研究の大部分を性心理の発達に捧げ、人生の初期段階でセクシュアリティがどのように管理されているかということに集中しました。それはフロイトの思想の偉大な革命の一つでした。それまでは、心理学者は子供たちがセクシュアリティを持つことができるとは考えられていませんでした。

父親になるためには、息子であることをやめなければならない

カール・グスタフ・ユング 

私たちがどれほど精神的に成熟し、心理感情がどれだけバランスが取れて健康的なものになるかは、幼い頃にセクシュアリティがどのように発達したか、並びに幼少期の性的衝動への対応方法に左右されます。ここで、特定の固定概念を維持することは精神障害につながる可能性があります。フロイト自身はこれらの神経症と問題を「異常」と分類しました。

しかし、カール・グスタフ・ユングはこれらの問題について異なる見方をしていました。最初にユングが指摘したことは、フロイトの理論に深刻な「理論的空白」があることでした。オイディプス・コンプレックスは男性のみに焦点を当て、6歳までの息子と母親の間の強い肉体的・感情的繋がりだけに注目しています。

ここから、理論の隙間を埋めるために、1912年彼はエレクトラコンプレックスの理論を発達させました。彼の考えは、女児の発達にその視点をもたらすことでした。

エレクトラコンプレックスの特徴

エレクトラコンプレックスは、異なる段階を含みます。以下に各段階がどのようなもので、どのように表れているかを簡単に説明していきます。

第一段階:母親に魅了される

カール・ユングは、生後3年間における女児と母親の感情的な絆は、男児と母親との絆よりはるかに強いことを示しました。この最初の愛着意識は、後になって「回帰点」としてマークされます。つまり、母親としての特徴を自らの人格の中に取り入れていく、また「超自我」の中に母親の道徳を内在化させるために母親と自らを重ね合わせる必要性のことを指しています。

第二段階:父親に引き付けられる

娘と父親

3歳〜4歳の時に、女児は母親に今までのような魅力を感じなくなり、父親に魅力を感じ始めます。

  • エレクトラコンプレックスは、女児が自身にペニスがないことを発見したときに始まります。そして、この性器が象徴するものを得たいという欲望を持ちます。さらに、精神分析者によれば、父親の人物像へのこのアプローチが、母親との一定の競争と距離を生み出すとしています。
  • 女児は嫉妬を感じ、父親への愛情あふれる行動を見せるようになるかもしれません。または、父親から望みを得られない場合、敵意を示すようになります。

エレクトラコンプレックスの自然な解決方法

女児が6〜7歳になると、母親との親密さと一体感の必要性を再び感じるようになります。こうして、女性としての社会的役割を理解していく中で、「女性らしい」世界への模倣と興味が発達し始めます。

ユングは、この全段階が女児の正常な発達の一部であることを彼の理論で強調しました。それは女児の感情的、社会的、心理的な行動の基盤を構成し、後に成熟し続けます。最終的にはすべての摩擦が消えて、女児は母親を敵に思ったり、ライバル視したりしないようになります。

エレクトラコンプレックスの真実

描き途中の少女

多くの女児は、人生の特定の時期に父親を好みます。しかし、現代の心理学では、これらのオエディプスとエレクトラの理論を非常に古いものと見なしていることに注意する必要があります。それは、口唇期、肛門期、男根期などと分類させる古典的な心理性発達段階のように、昔の考え方だと見られています。

実際、良く知られている精神分析者の中には、この考え方と理論に頼らない人々がいます。たとえば、ドイツの精神分析家、カレン・ホーナイは、女児が父親のペニスを羨ましがるという考えは、女性にとって不快であると言います。

女児が、母親よりも父親の愛情を求めたり、父親と一緒に時間を過ごすことを選んだり、「お父さんと結婚したい」と言うような行動をしたとしても、それは悪いことでも病的なことでもありません。

結局のところ、彼女の父親は彼女に最も身近な男性像です。彼女自身の仲間と過ごす時間が増えるにつれて、この幻想、ゲーム、行動は自然に消えていくことでしょう。

実際に、カール・グスタフ・ユング自身は、これらの行動に完全な生物学的または普遍的な価値を与えませんでした。それは、少女の中で起こり、通常は短期間で解決する行動でだからです。

参考文献:

-Freud, S. “Three Essays on the Theory of Sexuality” Basic Books: Nueva York
-Jayme, María y Victoria Sau (1996) Psicología diferencial del sexo y el género: fundamentos, pp. 109, 110. Icaria Editorial
-Jung, C. G.: Obras completas, Madrid: Editorial Trotta, 1999/2016.
-Scott, J. (2005). Electra después de Freud: El mito y la cultura. Estudios de Cornell en la historia de la psiquiatría. Ithaca: Cornell University Press.