正気を失わせる嫉妬

· 2018年6月12日

嫉妬は、何かの唯一の所有者でありたいと思う行き過ぎた欲望からやってくる感情です。人や愛情に関してこのことを考えます。辞書では、嫉妬を次のように定義しています。「ライバル、成功しているまたは有利な人、あるいは成功や有利な点そのものに対する嫉妬の怒り」。

パートナーや配偶者だけではありません。嫉妬のふるまいはどんな人間関係でも起こります。子どもへの親の愛や友情などもです。物に対して嫉妬を感じることもあるかもしれません。それを楽しむ唯一の人でありたいがために、物を貸しません。 それを自分の個人的な所有物と考えます。

のぞき見

嫉妬はどのようにして始まるのか?

嫉妬は子供時代にすら始まることがあります。両親、またはどちらかから愛情を一身に受けようとして、兄弟に嫉妬します。子どもは親の愛をシェアしたくありません。それは自分への愛が減ってしまうことを意味すると思っているからです。

似たことが親にも起こるかもしれません。父親や母親は、子どもがどちらかとより仲良くなったら子どもの愛を失う恐怖を感じるかもしれません。別の場合は、子どもの愛情すべてを自分に向けてほしくて、子どもが別の人に愛や愛情を与えると嫉妬します。

思春期には、友人間での嫉妬がよくあります。子どもが仲のいい友達を作りはじめ、何でも共有し始めるときです。新しい友達がグループに加わったら、自分のステータスが危険にさらされていると感じるかもしれません。友人の輪を広げることを拒んだり、他の人と友情をシェアすることを拒んだりするかもしれません。

イヌと赤ちゃん

カップルにおける嫉妬

よく見られる嫉妬は、カップル間で起こるものですこのようなケースで、生まれつきの自己中心さに加え、相手を所有したいという行き過ぎた欲望を持つことは、忠誠心や浮気の問題で複雑化します。

伝統的に、社会は男性より女性が嫉妬深いとみます。だから男性が嫉妬深い時、社会は否定的です。女性は、「プリンセス」から「魔女」扱いされます。

このお陰で、起こりえる「嫉妬のバトル」で失うものが多いと男性は感じます。だから、自分が嫉妬していることはあまり認めません。

そうは言っても、ゆっくりですが物事は変わりつつあります。これらのジェンダーステレオタイプが完全に変わることが重要です。

コミュニケーションと信頼と嫉妬の克服

嫉妬は、残念ながら恋人の間でとてもよく見られます。どちらかがスパイしたり用心深い目を向けていることは珍しくありません。このような継続的な不信感の状況は、緊張を生み出します。「相手」は監視されていると感じます。でも、たいていそのようなふるまいに正当な理由なんてないのです。

コミュニケーションと信頼は、恋愛関係において最も大切な柱の2つです。嫉妬は関係を壊しかねません。疑念を抱いた人は、直接的な質問をして恐怖を抑え込もうとはしません。代わりに探偵のように行動します。

過度な嫉妬 — 嫉妬深さが病気になるとき

特定のパーソナリティータイプは嫉妬深くなりやすいという研究結果が出ています。それはどんな人でしょうか?自己中心的、懐疑的、不安定、自己陶酔的

その人の嫉妬深い思考が継続的でかなり押しつけがましくなると、行き過ぎた嫉妬心になります。強迫観念的になります。パートナーのふるまいを常に確認して、多くの場合携帯電話をチェックします。極端なケースでは、嫉妬によって妄想を抱かせます。このような状態の人は、自分が病気だと気づいていません。

もしある程度信ぴょう性のある浮気のサインを見つけたとき、嫉妬深い人はパートナーの疑惑の浮気のシナリオを頭の中で作り上げます。それは際限なく続きます。

階段

行き過ぎた嫉妬心を乗り越えるには

第一歩は、多くの問題と同じく、それを認めることです。この状態に対する気づきがなかったら、助けを求めることもありません。もしかしたら、あなたの嫉妬心には正当な理由があるのかもしれません。でも、たいていはそんな理由はないのです。

どんな状況で嫉妬を感じるか、自分の思考やふるまい、どんな影響があるかなどを書き出すのはいいことです。あなたの嫉妬の裏側には、関係や相手の行動様式に対するわい曲された思考があります。これらの情報を集めたら、分析しましょう。自分の疑念をバックアップする証拠を集めましょう。

嫉妬を感じたらどうしたらいいか?

役立つ可能性のある基本的なガイドラインをご紹介します。

すべきでないこと:

  • パートナーの携帯をチェックする。プライバシーを尊重してください。
  • パートナーの着信の請求書のチェック。もし浮気したかったら、あなたが携帯電話の履歴をチェックするかどうかに関わらずどっちにしろ彼らは浮気します。
  • 自分の疑念を証明することを目的として、友人や同僚に質問する。
  • 自分の気分を良くするために相手に嫌な思いをさせる。「これで傷ついたらわたしのことを愛してる証拠」などのことを言うのはあなたを簡単に慰めてくれるかもしれません。しかし、ダメージしか残さず、あなたの関係性や未来には何もメリットがありません。
  • 友人や家族からパートナーを遠ざける。もっと強迫観念的になって、嫉妬心の改善には役立ちません。

すべきこと:

  • パートナーの信頼。浮気する可能性を心配しないでください。嫉妬心溢れるコメントでしつこく追いかけるほど、恋愛関係は持ちません。そして、手遅れになります。

これらのアドバイスを読んで実践してまだ嫉妬を感じるなら、いいセラピストに相談するのが一番です。嫉妬深い人は悪評を受けますが、彼らが苦しみその苦しみは本物であることは否定できません。もし嫉妬があなたの人生に影響を及ぼしているなら、恥ずかしがらないでください。助けを得てください。