エスシタロプラム:効能と副作用

· 2018年10月22日

急性期のうつ、不安、パニック障害、強迫神経症…これらは深刻な症状で、これに苦しんでいる人は少なくありません。この様々な症状には共通点があります。それは、治療にエスシタロプラムが使われることです。抗うつ作用があるセロトニン再取り込み阻害薬で、医師が処方する代表的なもののひとつです。

大うつ病を患った人は、エスシタロプラムについて聞いたことがあるかもしれません。以前よく利用されていたシタロプラムやフルオキセチンと比べ、はるかに有効です。

エスシタロプラムはデンマークの製薬会社ルンドベックで開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)で、特に急性期のうつの治療に有効である

これは、気分障害の治療によく処方される向精神薬です。ルンドベックやフォレストの研究開発により、2001年から市場に出回るようになりました。大きな期待がよせられたのには、理由があります。それは、エスシタロプラムは即効性のある抗うつ薬だからです。同じタイプの他の薬より、早く効きます。詳しく見てみましょう。

エスシタロプラム

エスシタロプラムとは?

セロトニンについての記事はもうお読みになりましたか?セロトニンは、血中でホルモンの働きをし、脳では神経伝達物質の働きをします。主な作用は、心の状態を安定させることです。健康、モチベーション、エネルギーを高め、楽観的になります。人としての役割、創造的で人と繋がり機能する力が豊かになります。

うつやパニック障害のような気分障害を患う人は、この神経伝達物質がうまく機能していません。そこで、神経科学の均衡を回復させるため、薬学療法が施されます。エスシタロプラムは、セロトニンの再吸収に作用し、機能を回復させます。シナプスにある受容体にセロトニンが吸収されるのを防ぐのです。そうすることにより、セロトニン濃度が高まります。

脳の神経伝達物質を適度に保つことは、フルオキセチンなど他の薬でも可能です。では、エスシタロプラムは何が特別なのでしょうか?最も処方される薬のひとつである理由はどこにあるのでしょう?

落ち込む女性

エスシタロプラムの特徴

  • ユートマーであり、素早く作用する要素が含まれる。
  • セロトニン神経系に親和性がある。そのおかげで、生成のみでなく運搬も促す。

一時期、専門家がエスシタロプラムを処方したのにはある理由が隠されていました。当時、買い手があまり多くなかったため、精神衛生の専門家に処方するよう勧められていたのです。しかし、臨床研究の成果が明らかな現在、結論はお分かりでしょう。はっきりしていることが一つあります。この向精神薬は、市場に出回るその他のSSRIより優れた作用を発揮するということです

エスシタロプラムの処方

  • 急性期のうつに高い効果を示す
  • 一般的な不安障害
  • パニック障害
  • 社会恐怖症
  • 強迫神経症

エスシタロプラムの副作用

エスシタロプラムの副作用は他のSSRI薬と似ています。服薬期間にもよりますが、一般的に耐えがたい作用はありません。下記は主な副作用です。

  • ドライマウス
  • 動悸
  • 便秘
  • 疲労
  • 眠気
  • 頭痛
  • 体重増加

また、重い副作用の中には、性機能不全の可能性も含まれます。ただ、これらの副作用は、服用を中止することにより回復します。これらの薬は専門家が処方するものです。また、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)などの抗うつ薬と同時に服用することはできません

薬

腎臓や肝臓に問題のある人は、医師に相談しましょう。これは唯一の選択肢ではありません。妊婦、高齢者の処方量は少なくなります。医師の処方、推薦、アドバイスをよく聞いてください。心の病の治療には薬学療法以外の方法もあります。治療には、個人にあった、多様で繊細な方法があり、これはその中の一つです。