フォグレイヤー:社会的スキルを向上させるための簡単な手法

· 2018年4月3日

私たちが高速道路を運転していて、突然深い霧の層の中にいたら何がおきるでしょうか? 普通、私たちはブレーキを踏むでしょう。 そうすれば、私たちはもっとゆっくり進んで、良く道を見ることができます。

私たちがこのような状況で行動する方法は重要です。これは、社会的スキルを向上させる技術として実際に適用することができます。

ある時点で、私たちは皆恥ずかしい瞬間を経験したことがあるでしょう。私たちは皆予期せぬ批判を受けたり、私たちが興味もないいざこざに引き込まれたりしてきました。

このような状況には「フォグレイヤーテクニック」と呼ばれるものを使うことができます。そうすれば、こういったの状況から無事に抜け出すことができます。

「反応する前に、ペースを落とし、3回呼吸し、笑顔で、思いやりをもって反応してください」
-ディーパック・チョップラ-

私たち自身に与える時間の重要性

フォグレイヤーのテクニックは、私たちに停止を促します。私たちの感情を遅くするためです。なぜなら、何かが自分の思い通りに行かない時、感情は衝動的に反応するよう私たちを駆り立てるからです

たとえば、誰かが予期せず私たちを批判しているとします。 私たちは怒っているせいで、自分の意志に反するような反応をしてしまうかもしれません。

屈辱的、恥ずかしい、または攻撃的な状況は、私たちが(少なくとも簡単には)コントロールできないと感じるような側面を引き出します。それは、私たちが自分自身を守ろうとする側面です。

たとえそれが攻撃的だったり個人的な非難に見えようとも、これは真実です。それは「彼らは私を判断している」「彼らは私を評価していない」あるいは「彼らは私に屈辱を与えたい」といった考えです。これらの考えは、その時の私たちの精神状態と高ぶった感情に基づいた反応を引き出します。

シダで顔を覆う女性

しかし、感情が私たちの行動を完全にコントロールするのを阻止できるようになったらどうでしょう? 感情はすでに衝撃を生み出してしまっており、後になって「ああすればよかった」と考えるような気持ちに引きずられます。

フォグレイヤーのテクニックを使うと、私たちは物事をゆっくり行うことがいかに重要であるかを知るようになります。少なくとも、状況をよりはっきりと見ることができるようになるまではです。

それはまた、私たちの感情を観察するのにも役立ちます。もしそうすれば、感情が送るエネルギーとメッセージを最適な方法で処理することができます。したがって、私たちの社会的スキルはますます良くなり、私たちがしたこと、言ったことに対して謝罪して回る必要がなくなるのです。

「行動する前に、聞いてください。 読む前に、考えてください。 批判する前に、待ってください。 辞めてしまう前に、試してみてください。」
-アーネスト・ヘミングウェイ-

すぐに反応する必要はない

とても危険な誘惑が1つあります。私たちの不意をつくものに瞬時に反応する誘惑です。例えば、意見の衝突や批判などがその例です。

多くの場合、私たちは自らに十分な時間を与えず、フォグレイヤーのテクニックを使用しません。まるで何かが「待ってはダメ!」と叫んでいるようです。私たちはそれに耳を傾け、話したり、議論したり、賛成しなかったり自分を正当化したりします。

頭がコーヒーカップ

今日の世界では、こうした「驚き」のほとんどは社会的状況で、生死の脅威に直面することはありません。言い換えれば、私たちが通りを歩いていて、ライオンに遭遇することは滅多にないことです。 もちろん、そんなことがあれば瞬時の反応を迫られるかもしれませんが。

別の言い方をすると、ほとんどの場合、感情の雲を晴らすのに十分な時間があるのです。十分な時間があれば、私たちは適切な反応をすることが出来て、長期的な害を与えるような反応を避けることができるのです。

フォグレイヤーテクニックの例

実際のフォグレイヤーテクニックの例を紹介します。例えば、自分が友達となかなか遊びに出かけられないことを突き付けられたとします。仕事やその他の義務が原因でしょう。

しかし、この技術を使うと口論にならないでしょう。私たちは、(大声で、目に見えていらだった表情とネガティブなトーンで)あなたもいつも自分のためにいてくれないじゃないか、と言い返したりしないからです。

このように言い返すのは、ある意味で本能的で感情的な反応でしょう。しかし、フォグレイヤーのテクニックは、非常に異なった方法でこのような状況にアプローチします。

上記のように友達が訴えてきたとしましょう。ここで、私たちは衝動をゆっくりにします。それから、「私があなたのために居ることがないと感じているから怒っていること、私は理解できるよ。」というのです。

私たちは同意していると言っているわけではありませんが、友人にメッセージを送っています。彼らが何が起こっていると考えているのか、私は理解している、ということです。少なくとも、そうすることで両者が落ち着きます。男性の頭の中の街と鳥

そうすると、誰も怒ったり苛立ったりしていないときに、その状況について考え、問題について話す時間を持つことができるでしょう。 そうすることで、四六時中一緒に遊びに出かけないことと、全く合わないこととは別のことだ、と友達に理解してもらえるでしょう。そして、仕事やその他の責任があっても、彼らは私たちの人生の重要な一部だということを伝えることができるのです。

「あなたの感情に反応する代わりに、考えを選んでください。」
-ロバート・キヨサキ-

ここまで見てきたように、フォグレイヤーの技術は、私たちが社会的スキルを向上させるために使うべきものです。少なくとも、後に害が現れるような場合です。

それを試して、どれほど効果的かを見てください。 あなたがより健康的な方法で人と接するのを助けてくれることを見てください。そして、最終的には、それがあなた自身の感情をより良く処理するのに役立つことを感じてください。