フランツ・カフカの人生

2019年4月11日
フランツ・カフカの人生は、彼が書いた「カフカエスク」でした。誠実さと深みをもち、苦悩の時代を捉えた神経の鋭い作家です。

20世紀終わり、今世紀もっとも重要だと思う作家は誰かという世論調査が行われました。シェイクスピア、ゲーテ、セルバンテスに影響を受けたフランツ・カフカが圧勝でした。その中で、カフカは誰よりも人間性に触れた作家でしょう。

「カフカエスク」という言葉がいくつかの言語で存在するほど、カフカは大きな影響を与えました。不合理、抑圧的、動揺させるような状況を指します。独自の空気とユニークな作法で文学の世界を作り上げる作家の一人です。彼の世界では、理論は説得力があり詩的でもあるものです。

「詩は、いつも真実を求める探検である。」

-フランツ・カフカ-

彼の作品でもっとも顕著な面は、知的な誠実性です。フランツ・カフカは、誇張せず、物々しくありません。実際、彼は友人のマックス・ブロッドに彼の作品をすべて燃やすよう頼んでいます。幸運にも、ブロッドがそれを実行しなかったおかげで、私達はカフカの傑作を楽しむことができるのです。カフカは、マーケティングの力や有力なスポンサーによって有名になったのではありません彼の書いたすべての文のユニークな質が彼を有名にしたのです

 

フランツ・カフカ

1883年、7月3日、フランツ・カフカは、当時のオーストリアハンガリー帝国、現チェコ共和国のプラハで生まれました。父ヘルマンの実家は肉屋です。フランツが生まれた時、父親は高給の仕事をもつ、自己の力で成功したビジネスマンでした。母ユーリエは、裕福な家庭で育ちました。夫より学歴は高かったものの、子どもの教育にはあまり関わりませんでした。

カフカは6人兄弟の長男です。2人の弟は、1歳の誕生日を迎える前に亡くなりました。フランツと3人の妹は生き延びました。父親がフランツに対して特に権威主義的で厳しかったのも、そのせいかもしれません。ご存知の通り、フランツは父親との関係があまり良くなく、彼の作品の中で、顕著に繰り返される特徴でもあります

フランツ・カフカは、名の知れた厳しい2つのユダヤ教の学校で教育を受けました。書くことを始めたのは、多感な13歳の時です。カフカがほとんど燃やしてしまっため、若いころの作品はほとんどありません。フリー・スクール・グループという反聖職者団体に所属していました。そこで、哲学、社会学、無神論について読み始めたのです。

フランツ・カフカとサイン

 

カフカの教育

大学では当初化学を専攻していましたが、自分には合わないとすぐに気づき始めます。そこで、専攻を変えました。しかし、父親の命令で、本人は望んでいなかった法律を勉強するようになります。大学で、マックス・ブロッドと出会い、カフカの死まで二人は親しい友人でした。

卒業後、カフカはいくつかの法律事務所で働きます。後に、保険会社でアルバイトをします。そこでは、やっと生計を立てられるほどでしたが、彼がもっとも好きな執筆に費やす時間ができました。1917年、結核を患うまで、彼はそこで働き続けました。無殺菌の牛乳を飲むことが好きだったために病気になったのではないか、という話もあります。

 

恋愛と晩年

フランツ・カフカは、彼の人生に現れた女性達と波乱の恋愛関係をもちます。彼の恋愛は手紙から始まることが多く、突然、何の説明もなく終わりました。複雑な関係をもつ、複雑な人でした。例えば、彼は最愛の人フェリーツェ・バウアーが、彼の作品である「変身」を見せた時に無関心であった、という事実を忘れることが出来ませんでした。

本

1917年からカフカの死まで、彼は入退院を繰り返しました。家族から離れようと1920~1923年ドイツに住んでいました。しかし、肺炎が深刻化し、1924年、両親の元へ戻らなければなりませんでした

そこへ到着すると、病状は悪化します。彼は再度入院することとなり、結核は咽頭まで広がっていました。喉があまりに痛く、食べることができず、数週間後1924年、カフカは亡くなりました。41歳でした。

フランツ・カフカは、多くの短編の物語や小説を残しました。もっとも有名なのは、「審判」「変身」「城」です。また、妹オットラ、マックス・ブロッド、フェリーツェなどにあてた手紙にも美しい言葉を残しています。彼の遺作は、これからも多くの人に影響を与えるでしょう。

Ritvo, S. (2007). Kafka’s “Letter to His Father” and “The Judgment”: Creativity and conflicts of aggression. Psychoanalytic Study of the Child. https://doi.org/10.1080/00797308.2007.11800794 Kafka, F., & Appelbaum, S. (1996). The metamorphosis and other stories. Dover thrift editions. https://doi.org/10.1136/bmj.39262.746100.94 Batuman, E. (2010). Kafka’s Last Trial. The New York Times Magazine. Reiss, H. S. (1948). FRANZ KAFKA. German Life and Letters. https://doi.org/10.1111/j.1468-0483.1948.tb01735.x