不完全な家:考えさせられる物語

2019年6月27日
不完全な家の物語から、一生懸命働くことの価値について考えさせられます。いつもベストを尽くし、一生懸命働くことの重要性を思い出させてくれます。最後には、世界が何らかの恩返しをしてくれるでしょう。

不完全な家の物語は、あまり稼ぎはありませんが希望を持っている男性の話です。この男性は、自分のより良い将来を常に思い描くという意味で希望をもっています。いつも自分を律し、一生懸命働きあまり休むことなく何事にも取り組んでいました。目標は、もっとお金を稼ぎ、家族を養い、快適な生活をすることです。

この男性は、一時的な低給の仕事をしています。そのため、貧しさや経済的困難に直面しています。男性の妻は、この状況を男性のせいにします。夫が十分なお金を稼いでこないといつも彼を非難します。食べ物が乏しく、洋服や必要な物を買うこともできません。男性は、いつも悲しみや怒りを抱えていました。

 

チャンス

彼らの住む街に、ある素晴らしいビジネスマンが大きな家具工場を開きます。不完全な家の物語の主人公の男性は、すぐに、あるポジションに応募しました。そして、これにより妻が自分の働きを認めてくれることを望みます。

男性は教育を受けていませんでしたが、請負人は、彼が誠実で一生懸命働く人だと見ました。その結果、良い給料で彼は雇われることになったのです。

男性と妻は有頂天になります。新たな人生のステージの始まりです。家にはいつも食べ物があり、子どもは学校に集中することができます。彼らの生活に良い変化が起こったのです。

不完全な家:考えさせられる物語

 

予期せぬ変化

男性はできる限りベストを尽くしました。そのおかげで、すぐに一等大工になります。家族は今まで欲しかったものをすべて手に入れ、必要のないものにまでお金を使うようになります必要な物だけを買う生活は終わりました。わびしい家には似合わない豪華な家具も買いました。

ところがある日、工場の所有者が十分な利益が得られていないことに気づきます。そしてこの工場を閉め、別の場所で新たなビジネスをスタートすることにしたのです。悪銭身に付かず。不完全な家の家族は、また経済的困難に直面することになります。それでも、主人公の男性はすぐに仕事を見つけました。建築会社のレンガ職人として働き、わずかな給料をもらいます

妻と子どもは、今の良い生活に慣れているため、男性を責めます。前の生活には戻りたくないからです。男性は昇給を求めます。今は不可能だが、一生懸命働くのであれば将来昇給を考えると上司は言いました。

不完全な家:考えさせられる物語

 

不完全な家の物語:反省

男性が家族に上司に言われたことを伝えると、家族は怒ります。彼が工場でどんなに必死に働いたか、そして、それでも会社は廃業したと家族に言われます。さらに過去から学び、必死に働くことを止めるよう言われます。いつか解雇されてしまうかもしれないからです。

はじめ、この男性は家族が言ったことを気にしませんでした。しかし、時がたつにつれ、その言葉が思い起こされます。なぜこんなに一生懸命働くのか?それから、彼は一生懸命働くのをやめてしまいます。質の悪い材料で家を建て、細かいところは気にしなくなりました。

何年も働いた後、彼は退職を決意します。それを上司に伝えると、最後に家を建てるようにお願いされました。彼は、しぶしぶ最後の家を建てましたが、ほとんど興味はありませんでした。頭にあるのは、退職のみです。建設が終わると、上司は家をチェックし、彼にカギを渡します。「この家はあなたに」

「怠惰は魅力的かもしれないが、仕事は満足感をもたらす」

-アンネ・フランク-

 

  • Díaz, G. (1987). Cómo tirar la casa por la ventana, de la desidia. Chile Vive: memoria activa, 34-37.