現代社会の解決策は脱成長にあり?

· 2019年4月7日
脱成長は、より環境に優しく、集団的幸福を尊重するために、現代資本主義の熱狂的リズムの減少、生産システムの変化を提案します。

脱成長の動きは、優秀なルーマニアの数学者で経済学者であるニコラス・ジョージェスク=レーゲンにより開発された生態経済学理論が元になっています。人間と自然界のバランスを取り戻すために生産を減らしていくというのが、基本的考えです。これにより、より持続可能な社会的動きが生まれます。

現代社会では、おそらくすべての経済目標が成長でしょう。これは資本主義の要点です。生産と消費を増やそうという考え方です。しかし、自由な成長が、求めていない結果を生み出しました。まず、自然やその過程に対する体系的攻撃です。そして、人やその他の生き物のクオリティ・オブ・ライフの著しい低下をもたらしています。

脱成長の動きでは、人は働く時間を減らし、自由な時間をとるべきだと言います。環境破壊をせず、人がロボットのようにならないよう、私達のニーズを満たす方法で、生産を調整するという新たなモデルが基盤になっています。

「縮小をスローガンとすることの主な目的は、資本家が制限なく利益を求めることに突き動かされた成長というおかしな目的の放棄することだ。」

-セルジュ・ラトゥーシュ-

 

消費の脱成長

現代、私達のほとんどが、仕事に一番時間を費やしています。過去、人々は、基本的ニーズを満たすために働いていました。今はそうではありません。時間とともに、人は消費に関わるニーズを増やしてきました。

多くの人にとって、「良い」仕事とは、購買力を高める仕事です。たくさん買うために、より多くを欲しがります。それが妥当であるか、役立つものかは関係ありません。数十年前、人は体をきれいにするのに、ただ一種類の石けんが必要でした。しかし、今は5個、もしくはそれ以上を「必要」とします。ハンドソープ、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーなどです。

多くの社会で、購買力は著しく増加しています。しかし、それは私達がより幸せで充実していることを意味するわけではありません。カナダで行われた研究では、自分が親より幸せだと思うか、という質問が有志の人を対象に行われました。購買力は60%上昇したにもかかわらず、そこでは、たった44%がはいと答えました。

時計を見る女性

脱成長の基盤

世界は、生産と自然との不均衡が危険な状態まで来ています。将来の世代の特定の資源の可用性が疑われています。私達は、何か間違ったことをしているようです。脱成長は、制限のない生産が問題だと考えます。そこから、脱成長の動きの中では、現代社会の8つの解決策を提案します。

制限のない成長への解決策

  • 再評価:再成長を信じる人は、私達の価値観を変える必要があると考えます。何より、個人主義や消費主義に価値をおくことを止めなければなりません。そして、協調や人間らしい人生の意味に焦点を置くべきです。
  • 再概念化:貧困、富裕、必要性、消費などを定義しなおすことです。社会として、不足や豊富に対する新たな観点を適用する必要があります。
  • 再構成:環境保全や人の幸福など異なる目的に向けて、生産を適応させなければなりません。環境効率や単純性を目指すべきです。社会として、多い方が良いという考えを手放しましょう。
  • 再配置:脱成長は、地域経済が重要だと考えます。多国籍生産は害を伴います。それぞれの地域で、ニーズに合う十分な生産をする方法を見つけることに焦点をおくべきです。
  • 再配布:地域に目を向け、皆が基本的ニーズが満たされるよう配慮することを意味します。大きく、世界的な消費者の購買力を下げ、派手な消費を避けることが必要とされます。
  • 減少:これは、労働時間を含む生産や消費への脱成長の適用です。搾取的な観光業や医薬品の消費を減らすことも意味します。
  • 再利用:様々な製品の寿命を延ばすことと関わります。使い捨ての文化を変える必要があります。
  • リサイクル:リサイクルできない製品を避け、私達が生成するゴミに責任をもち、正しく、消費と向き合うことです。

新たな時代の新たな模範

喜ぶ男性

現在の経済システムが私達を幸せにしていないことは明らかです。反対に、神経症、疎外、不平等の原因になっています。逆成長のように新たな模範は、世界を惹きつけ、より優しく、より人間的な方向性を提案します。

  • Latouche, S. (2010). El decrecimiento como solución a la crisis. Mundo siglo XXI, (21), 48-53.
  • Karafin, B. (2007). Hooked!: Buddhist writings on greed, desire, and the urge to consume. Buddhist-Christian Studies.