ジョージ・オーウェル:ディストピア文学の先駆者

2019年12月1日
ジョージ・オーウェルは、ディストピア文学における偉大な作家として知られています。彼の発表した小説『1984年』において、アイデアの基礎を築き、読者にもっと批判的な視点をとるよう促しました

ジョージ・オーウェルはイギリスの小説家であり、エッセイスト、ジャーナリストでもあります。 『動物農場』と『1984年』などが彼の代表作です。個人的な経験に基づく作品は、3つの異なるカテゴリーに分類されます。イギリス帝国主義支配における生活・労働体験から書いた帝国主義批判の作品、イギリス、パリの都会で貧困生活を体験した後の資本主義批判、ナチスとスターリン主義批判を書いた作品に分けられます。

オーウェルは1940年代の最も重要なエッセイストの一人でした。作品は、主にファシズムへの反対に焦点を当てています。スペイン内戦は彼に深く影響を与え、ファシズムと戦うために自ら参加しました。第二次世界大戦中の経験も彼の作品に影響を与えました。ジョージ・オーウェルは、全体主義システムと戦争の危険に反対して文章を書き続けました。

彼の小説『1984年』は、全体主義社会に対する究極の作品です。オーウェルがこの小説で再現した世界は、これらの世界観を指すために作られた用語「オーウェリアン」の発祥の地でした。この小説では、言語の操作、メンタルコントロール、権力の濫用などの概念について述べられています。ディストピアを使用して、恐ろしい未来の世界を提示しました。

ジョージ・オーウェル ディストピア

こちらもご参考に:
村上春樹:日本人ベストセラー作家の伝記

生い立ち

ジョージ・オーウェルの本名は、エリック・アーサー・ブレアです。1903年にインドのモティハリで生まれました。父親は、インド公務員アヘン部門のイギリス人エージェントでした。

若いエリックは、幼少期に母親と一緒にイギリスにやってきて、最高の学校で教育を受けました。

この学校で、ジョージ・オーウェルは最初の作品に影響を与えた友情を築きました。イートンでの研究を終えた後、ビルマの帝国警察に加わることを決め、そこで5年間働きました。この期間に健康が悪化し、彼は帝国主義を拒否し始めました。

ジョージ・オーウェルと戦争

ビルマを去った後、オーウェルはイギリスに戻り、作品の出版を始めました。教師として働き始めましたか、しばらく本屋でも働きました。しかし、執筆が彼の主な専門的活動でした。

その後、作家としての地位を確立するためにフランスで叔母と暮らしました。しかし、ガリアでの生活も楽なものではありませんでした。1933年にイギ​​リスに戻ったとき、彼はジョージ・オーウェルと言うペンネームを用いることに決めました。そして、1936年に、南北戦争でファシズムと戦うためスペインに渡りました。

ヘミングウェイなどの友人は彼を説得しようとしましたが、それにもかかわらず彼は同年の終わりにバルセロナにやってきました。理想主義を追い求めた彼は、「ウエスカ戦線」で戦い、首への弾丸で負傷しました。

スペイン内戦への参加は、彼の世界観を永遠に変えました。戦争から戻ったとき、深刻な結核の発作に苦しんでいたため、英国の病院に滞在しなければなりませんでした。

その後、第二次世界大戦中にホーム・ガード(国防市民軍)に加わりました。彼は作品にその時の自分の考えや経験を記録しました。そして東アジア諸国からの同盟戦争への支援を得るプログラムに参加し、BBCに勤務しました。

死の少し前に、ソニア・ブラウネルと結婚し、結核により1950年1月21日に亡くなりました。

ご存知でしたか?:
ジョゼ・サラマーゴ:ノーベル文学賞受賞作家の伝記

全体主義と言語の腐敗

ジョージ・オーウェルは、全体主義と言語の腐敗が絡み合っていると固く信じていました。政治的言語が概念と出来事を歪めたと主張しました。

ジョージ・オーウェル ディストピア

『1984年』には、これらのアイデアを支持する非常に重要なメッセージが含まれています。政府がどのように言語の構造を変えて反乱や不服従の考えを防止できるかについての考察が書かれています。同様に、政治に関与する人は心理的操作で言語を操作すると述べています。

また、「二重思考」についても執筆しました。これは、2つの矛盾するアイデアを同時に心に留めるスキルです。『1984年』において、このタイプの認知的不協和を、戦争の努力を行う平和省や経済的希少性を管理する機関などの概念と組み合わせて使用​​しています。

言語は人間の思考構造だと彼は主張しています。政治機関が言語の制御を一元化すると、政府の絶対的な力に誰も疑問を持たないような方法で言語を再構築できます。これが全体主義です。

批判的な見方

時には、文学や他の芸術は重要なメッセージを伝えてくれます。 ディストピア文学は人々に多くの問題を提起し、メッセージを伝えています。

オーウェルの作品は、現在の記憶を含む遠い未来に読者を連れていきます。 これにより、読者が自分の現実を批判的かつ客観的に見ることを奨励しています。 人はどのように物事を変えることができるのでしょうか? この恐ろしい未来を避けるために、人は何ができるでしょうか?

オーウェルはこのジャンルの巨匠であり、これまでに書かれた最高のディストピア傑作の1つ、『1984年』を私たちに与えてくれました。

  • Rueda, Soriano (2010) Manipulation of language as a weapon of mind control and abuse of power in 1984. Rorueso blog. Recuperado de http://rorueso.blogs.uv.es/2010/10/28/manipulation-of-language-as-a-weapon-of-mind-control-and-abuse-of-power-in-1984/
  • Taylor, D.J. (2003) Orwell: The Life. Edited by Holt Paperbacks. ISBN-13: 978-0805076936
  • Hossain, Mozaffor. (2018). Language as the Device for Psychological Manipulation in George Orwell’s Nineteen Eighty-Four: a psycholinguistic analysis.