ファシズムの特徴:ウンベルト・エーコの分析

2019年8月22日
ファシズムには多くの形態がありますが、その心理的特徴は同じです。

権力はどのように社会を形成するでしょうか?ウンベルト・エーコは、ファシズムの心理的特性を確立することにより、この質問を分析しました。

現在、ファシストの価値を擁護していると思われる人々や組織は、実はファシズムの心理的特性をすべて示しています。これらの特性は、不平等を助長するため、人々や社会にとって不健康です。

エーコは、ファシズムは偽善的で一貫性がなく、人々の心に浸透していると結論付けました。

「ファシズムは、最も無邪気な仮面をかぶって戻ってきます。私たちのするべきことはそれを明らかにし、毎日、世界のあらゆる場所でその概念や物体を指摘することです。」

-ウンベルト・エーコ-

ウンベルト・エーコ ファシズム 特徴

ファシズムの3つの特徴

ウンベルト・エーコによると、ファシズムは3つの特徴から成り立っています。まず第一に、伝統崇拝、伝統主義と呼ばれるものです。ファシズムとは「伝統の権威」を母体とするものだと述べています。しかし、「自らが理解している」歴史のある一地点に戻そうという恣意的な含蓄が節々に感じられ、それゆえに実際には伝統を軽視する行動などをむしろ積極的に取っていくことが多々見られます。

第二の特徴は、ヒーローと死について述べています。ファシストは危険な行動を取って死んだとしても、あなたがヒーローとして生涯を閉じたのならば、死は大したことではないと主張しています。人生を有意義にするよりも、死を正当化することに重点が置かれているのです。

第三は思考よりもまず行動と言う姿勢です。ファシズムによれば、物事を瞑想し、考えることは時間の無駄です。ファシストにとって、行動を起こさない限り、思想家とパフォーマーは単なる臆病者でしかありません。

こちらにもご参考に:
戦争が心に与える影響

拒否と除外

ファシストは、近代化と啓蒙に伴う社会的価値に反対しています。彼らは物事は黒か白だけだと信じているので、議論や批判の必要はありません。決して批判を受け入れず、対立する意見に耳を傾けないと言う姿勢を持っていました。あなたが見たもの、それがあなたの手に入れたものだという信念を持っています。

したがって、ファシズムは批判的思考を拒否します。反対することは裏切ることであり、異なる考え方をする人は、沈黙する必要のある異端者です。ファシズムの別の心理的特徴は不寛容なのです。

ファシストはまた、違いを恐れています。反体制派は敵です。彼らにとって、反対する人は人ではなく、すべての人権を剥奪されるべき人です。また、反体制派は革命の成功をうらやむだけだと信じています。

ご存知でしたか?:
男性至上主義:社会が一丸となって解決すべき問題

恐怖とアポロギア

ファシズムの他の顕著な心理的特徴は、ナショナリズムと外国人嫌悪です。このタイプのアポロギアと拒否は、出身国に対するものだけでなく、グループや人々のアイデンティティに対するものでもあります。彼らは自分自身の美徳を増幅し、他人を拒絶し、偏見を持つのです。

ファシストはまたエリート主義者でもありました。経済階級の衝突を切望しており、彼らにとって富は人間の価値を測るものでありました。そして、あらゆる種類の脆弱性や脆弱性の兆候を拒否します。

同様に、ファシストは性差別を行なってきました。よって、フェミニストとLGBT活動にも不寛容です。

ファシズムの特徴 ウンベルト・エーコ 分析

ファシズムの他の心理的特徴

ウンベルト・エーコは、ファシストは完全に定義されていない動的な社会経済グループである中産階級に特別な関心を払っていることにも言及しています。彼らは操りやすい対象だったのです。欲求不満の中間層に焚付けを行い既存の政治をスケープゴートにして増長するのがエーコの述べるファシズムなのです。

別の特徴は、戦争の促進です。自分では平和主義者と言っていますが、実際は程遠い存在です。彼らは、違いを解決する最善の方法は、暴力を使って息の根を止めることだと考えています。

ファシズムの最後の心理的特性を、ウンベルト・エーコは「ニュースピーク」と呼んでいます。これは、国民の語彙や思考を制限し、イデオロギーに反する思想を考えられないようにして、支配をすることを意味します。ファシズムにおいても制限された言語を使用をすることで批判的思考を中和しています。

過去に多くの人を傷つけてきたファシズムですが、残念ながら今でもファシズムは残っており、そのような考え方から身を守ることが重要です。

  • Bornhauser, N., & Lorca, D. (2019). Notas para una caracterización del fascismo. Ideas y valores, 68(169), 61-81.