グループやチームのリーダーになるためのヒント5選

2019年7月17日
あなたはグループやチームのリーダーですか?この記事では優れたリーダーになるためのヒントをいくつかご紹介します!

グループやチームをリーダーとして率いるのは容易ではありません。どれほど高いリーダーシップがあろうとも、いくつかある重要な要素を見落としてしまえばミスにつながります。ですので、今回はグループやチームを導くのに役立つ5つのヒントをご紹介していきます。

現在では、おそらく皆さんのご想像とは反対に、リーダーシップの欠けている人物でもリーダーになることはできます。そのような人がこなさなければならないことは、次にご紹介するヒントを考慮に入れることだけです。リーダーシップが無いとグループが目標を達成することは困難でしょう。

1. 効率的な伝達方法を選ぶ

効率的な伝達を実現するためには、率いるグループを観察し、自分の感情の処理法を知り、人々の話に耳を傾ければなりません。その後で、明確な指示を与えましょう。

グループ チーム リーダーになる

ほのめかしや曖昧な言い方は避けるべきです。ワーキンググループには、明確でわかりやすい指示が必要です。そういった指示をもらって初めて自分たちは何をする必要があるのか知ることができます。そうでなければ、良い結果は得られません。

何かを伝達する際は、言葉で話す内容だけに集中するのではなく、ジェスチャーにも気を使いましょう。コミュニケーションの70%が非言語によるものであり、言語コミュニケーションはたった30%だということを覚えておきましょう。

2. 権威に訴えない

権威に訴えるというのは、皆さんがかなり幼い頃から家庭内でよく見ていたであろう行為です。”俺はお前の父親なんだぞ”あるいは”俺がそう言ったからにはそうなんだよ”というような言葉とともにこの行為を目の当たりにしているでしょう。これは、グループやチームを率いる時には絶対に犯してはならないミスです。

チームリーダーが権威に訴えてしまうと、メンバーたちはその人物をリーダーとしては見なさなくなります。この肩書きは単なる肩書き以上の意味を持ちますので、それに見合った働きをしなければなりません。権威に訴えることで、リーダーの信ぴょう性は低下し、グループやその目標、目的などにも影響を及ぼしてしまうのです。

3. 定期的な目標・目的を定める

もしグループが何の目標も目的も持っていなかったら、グループは成長できません。この状況からは弊害が生まれる可能性があります。モチベーションの低下や、方向性の欠如による問題などに繋がってしまうのです。この時点では、人々がコンフォートゾーンから抜け出すのは困難です。

グループあるいはチームが前進できないと、あなたのリーダーとしての働きも失敗に終わってしまいます。従って、週毎あるいは月ごとの課題や目標を定めるのがいいでしょう。全てはあなたが何を成し遂げたいかにかかっています。

グループ チーム リーダー

4. 対立の解決はグループを率いる上で欠かせない

グループあるいはチームを効果的に導くには、対立が生じた時にそれを解決できるようにしなくてはなりません。対立をネガティブなものとして捉えるのではなく、学びの機会として、そして物事を違うやり方で行うためのチャンスとして考えることが重要です。

グループやチームが様々な人員によって成り立っているという事実を頭に入れておかねばなりません。対立が上手く処理される限り、これがグループを豊かにしてくれます。対立の解消はグループの力を強め、設定した目標に到達できるようにさせてくれるでしょう。

もし対立を適切に解決あるいは処理できなかった場合、全く予期しなかった瞬間に問題が生じ、それまで達成してきたものが全て台無しになってしまうでしょう。

5. 役割や責務を変更する

コンフォートゾーンに留まり続けるという事態を避けるために、チームのメンバー全員になんども同じことばかりをさせないようにすることが大切です。それぞれのメンバーがグループのためになるような独自のスキルを持っています。しかし、他の道を模索してみることはいつでも素晴らしいことなのです。

各メンバーが常に同じタスクを担当していると、最終的にはモチベーションを保たせるのがとても困難になってしまうでしょう。ルーティンは大抵退屈なものになりがちです。だからこそ、折を見てそれぞれの役割や責務を変えてやるのがいいでしょう。

グループやチームのリーダーになるためのヒント5選

ご覧いただいた通り、グループやチームのリーダーになることは単純なことではありません。しかし努力と熱意があれば、上記のヒントを用いて目指す目標へとチームを導くことができるはずです。理想的なのは、毎月自分の状況を分析し、必要な変更を加えることです。

設定した目標に到達できていないか?メンバーの中にモチベーションが低下している人がいるのではないか?未解決の対立があるか?コミュニケーションが破綻しているところはないか?こういった質問の答えを考えてみることで、リーダーシップのスタイルを改良していく手助けになりますよ。