母親は親友ではない

· 2018年2月11日

母親と娘の間に存在する最良の関係は「親友」の関係であると考えている人がいます。 しかし、この状況は、時間の経過とともに、相互の競争、尊敬の喪失、役割の混乱、プライバシーの侵害に発展するリスクを伴います。

子供たちには、彼らの模範となる権威と尊敬の人物となる大人が必要です。 彼らを導き、彼らに保護とサポートを与える人です。そうすれば、彼らの必要としている感情の安定と精神的な健康を保ち、生活の秩序をもたらすことができます。

「息子の将来に関することはいつも彼の母親の仕事だ」

-ナポレオン・ボナパルト-

このタイプの「親友」関係の問題は、母と娘の関係の健全な限界が消え始めることです。 原則として、母と子の繋がりは親交的かつ教育的なものでなければなりませんしかし、友情は娘を支配するような過保護な関係に変えます。 その結果、母親は自分と平等だと認識されるため、尊敬と権威のモデルを構築することができなくなるのです。

このタイプの不健全で混乱しやすい関係では、彼女の決定は彼女の母親の知識と承認を必要とし、母親を失望させる恐れから高レベルの不安が娘に生まれます。 この過剰保護の兆候は、両者の間に有害な依存関係を作り出すため、娘の性格の発達に有害なのです。

赤ちゃんを抱く母親

母親になるさまざまな方法

娘が彼女の権威的な人物の考えを理解していないとき、彼女は保護されていないという感覚を経験するでしょう。 彼女の自信は害されます。 決断を下し独立しなければいけないとき、躊躇するでしょう。

母親と娘の関係が「親友」の一つではないという事実は、両者にとって密接で豊かではないということを意味するものではありません。 しかし、友人になることと母親と娘でいることは別なのです。 疑いの余地のないことは、良い母親は常に彼女の娘のために最善を尽くすことです。 しかし、これは彼女にプライバシーを侵害する権利を与えるものではありません。

この現象の起源を理解することは不可欠です。ほとんどの場合、この母親による行動は、依存関係に関連する感情的な葛藤を示しています。そして場合によっては、これらの葛藤には、うつ病と、彼女の娘が母親と同じような依存関係を自分の娘と築く恐れが伴います。この場合、母親は自分自身で、または専門家の助けを借りて、これらの葛藤を解決する義務があります。

二人の娘と母親

この関係を改善する方法は?

娘たちは、必ずしも友人に従う必要はないと知っています。なので、母親は愛情であり、同時に堅実でなければならないのです。さらに、娘は母親の個人的な問題について知る必要はありません。これは、彼女の両親の関係に関する根拠のない恐れ、悲しみ、混乱につながります。

これらのタイプの関係は透明性が高いことが推奨されます。自発的に信頼を築くことが重要です。もしそうでなければ、苦痛と不安が永続的に続き、感情的な疲労に退化するでしょう。しかしそれを避けることは可能なのです。

一方、母親と娘の両者は、お互いの間に起こりうる問題を発見した場合、それについて公開するべきです。 問題の原因となるものについて黙っていることは、二人の関係に健康的ではありません。 常に誠実さと尊敬の気持ちを持って一緒に話し合わなければなりません。 このようにすれば、関係は健康で自由なまま保たれます。

両方とも何を学ぶべきか

娘は、特に彼女が未成年者の場合、母親が決断すべきことがあるのを理解する必要があります。 それらの決定は、友人によってされれば怒ることもあるかもしれません。 友人には許されない権威が母親にはあるのです。

ピクニックをする母親と娘

母親と娘の間の誤解は、いつでも解決することができます。 その適切な時期を選択することが不可欠です。 すでに存在している愛情と信頼に、両者の間に生じた相違やその可能性のあるものを解決するために、ちょっとした常識を加えるだけです。

娘が自分の問題を解決して独立をすることを学ぶことが重要です。 母親だけがそれを行う方法を知っているので、母親が常にそこにいて、彼女を助け、助言することを彼女に知らせてください。 娘はまた、自分の人生の側面が自分自身であることを理解しなければなりません。 誰もが独自の物語と自分の人生を生きるために、信用のレベルは濫用されるべきではありません。

あなたはどうですか?あなたはどう思いますか?