反依存とは?

2019年1月19日

反依存は、比較的新しい現象を表わす新しい言葉です。恐怖によって感情的に距離を置くことです。多くの人は、普通の人間らしい行動として他人との絆を強めます。社会は家族の絆やコミュニティーとの絆を育てるように期待します。

このような近しい関係は、小さな町によく見られます。反対に、大きな街では反依存が蔓延しているように思われます。多くの人は、他人には自分の人生に介入してほしくありません。こういった人は、つかの間のその場だけの関係をたくさん形成します。 反依存は孤独の人生に重きを置きます。

「人生は一人でいるには辛すぎるときもあれば、一人でいるほうがいい時もある。」

-エリザベス・ギルバート-

そうであるにもかかわらず、こういった人は孤独を感じると口にします。「違っていたら良かったのに」と思うことが沢山あっても、必要な変化を起こしません。こういった人は他人にそばにいてほしいのに、重荷にはなりたくないようです。依存したくないけれど、反依存の犠牲は払いたくありません。かなりの矛盾です。

反依存の特徴

人がはじめに思うこととは違って、反依存を抱える人は一人でもなければ、孤立しているわけでも、友達の輪が小さいわけでもありません。むしろ逆です。親密な関係への恐怖が極端な行動をとらせます。次から次へとパーティーに参加して、みんなと遊びます。どこにでも現れます。

楽しい

反依存的な人の主な特徴は、他人と深いつながりを持てないということです。さらに、この問題を抱えた人を特定するための特徴は他にもあります。

  • 簡単に関係を確立できるものの、そこから止まって発展しない。
  • 誰かが親しくなりたいと思うと、「捕まった」ように感じる。
  • 事前の知らせなく人から距離を置く。
  • 愛に飢えたり他人を恋しく思う人に共感する。
  • いつも「忙しい」。
  • 必要な時も助けを求めない。

苦しむ前に逃げる

反依存を持つ人の論理では、何が何でも苦しみを回避しなくてはいけません。他人との絆を強めることはリスクが高すぎます。特に、弱さを感じることや、見捨てられる可能性におびえます。

結果、自分を2つの方法で守ります。1つ目に深い感情を感じないように外側を殻で覆います。それから、捨てられる前に自分から相手の元を去ります。

女性

反依存を持つ人は、他人との対立があまりありません。対立には、それなりの親密さと絆が必要だからです。これはまさにこういった人たちが避けていることです。他人にとっては、彼らのふるまいはおかしくて理解できません。何の理由も残さずに、突然消えてしまうこともあります。

他人よりも、自分の成功や目標に注力している人達です。人間関係を築くことが重要だと思っていません。他人より優れている、と思っている人もいます。自分が進化しすぎていて、他人には理解できないと思ったり、他人は自分を利用したいだけだと思います。

恐怖に侵された内面の世界

反依存の人の裏側には、いろんな意味での恐怖が隠れています。この回避は、乗り越えられていない過去の経験が原因かもしれません。特に未解決の争いや、トラウマ的な子ども時代の経験です。傷ついたり、捨てられた経験のある人は、感じることをやめて、その痛みをもう一度経験しないようにします。

しかし、自分のうそを信じることになってしまうのは問題です。自分が問題を持っているとは思わないのです。むしろ逆です。他人より自分は優れていると思います。それは、自分の弱さに対処するための埋め合わせのシステムです。同時に、自分にも厳しく、自分の間違いを厳しく批判します。悩む
反依存の人は、個人的で親密な状況になると緊張します。他人が必要だと感じたときは、恥を感じて自分を罰します。他人を信用していません。一般的に、他人は隠れた思惑を持っていると思っています。

しかし、心の奥深くでは苦しんでいるのです。空虚感と孤独を感じます。それでも、慎重すぎて、他人とポジティブな関係を築く機会があっても幸せになることを諦めてしまいます。いずれにせよ、自分の殻から抜け出すために、これらの人は理解、愛情、専門家の助けが必要であることは明確です。

Serrani, D. (2011). Luces y sombras del trastorno Borderline de personalidad. ALCMEON, 16.