ハリー・フーディーニ症候群

感情的にうまく人間関係を気づけない人がいます。関係が深くなればなるほど、逃げたい衝動に駆られてしまうのです。
ハリー・フーディーニ症候群

最後の更新: 25 9月, 2019

ハリー・フーディーニ症候群は、「脱出王」の異名を取った、ハンガリー出身の奇術師ハリー・フーディーニに由来しています。しかし、この記事では彼についてではなく、関係を回避することによって引き起こされる心理的問題についてご紹介します。例えば、パートナー、友人、家族などの人間関係から逃れようとする行動を指します。

人間関係において相手を傷つけることなく自分を表現することは、非常に難しいものです。しかし、これらの関係に向き合うことなく逃げてしまうことはコミットメントの欠如であり、現代社会においてよく見られます。

多くの場合、コミットメントが大きければ大きいほど、逃げ出す必要性が大きくなります。現代において、ますます多くの人がこの症状が発生していますが、その原因は何なのでしょうか? 彼らにとって、他人と感情を通わせる事はそれほど複雑なのでしょうか?

ハリー・フーディーニ症候群

感情的なやりとりとフーディーニ症候群

感情的なやりとりが、今日ほど疑問視されたことはありません。社会的な関係は私たちの進化において常に重要な役割を担ってきました。

感情的やりとりがあると言う事は、孤独ではないことを意味します。感情を持ちそれを表現する能力は、他者に共感するために必要不可欠です。

ハリー・フーディーニでさえ驚く現代の人間関係

近年、人間関係とメンタリティの概念は変化しています。また個人主義化もますます進んでいます。これは恋愛関係だけでなく、功利主義に発展する可能性のある友情関係にもあてはまります。

フーディーニ症候群の段階

通常、フーディーニ症候群にはいくつかの段階があります。感情的なコミットメントから始まり、完全な拒絶に至るまでのプロセスです。主な特徴をご紹介しましょう。

  • 密接的な関わり合い:感傷的になる段階です。この段階ではまだ、他人と密接に関わっています。
  • 疑い:基盤がしっかりしていない感情的なつながりについて、自分の感情を疑います。物事がバラバラになり始めるのはここからです。それはゆっくり、しかし確実に起こります。
  • 逃避:この最終段階では、他人とのつながりはありません。他者はあなたの人生から去り、コミュニケーションも途絶えてしまいます。
フーディーニ症候群

人間関係の変化

現在は、個人主義の世の中です。必ずしも人と関係を築かなければいけないわけではありません。テクノロジーによる完全なコミュニケーションが確立しているからです。

誰かと関係を築くためにその人の隣にいる必要もありません。顔を合わせて自分を正当化する必要がないため、関係を簡単に切り離すことができます。絆は、物理的にあなたの周りにいる人々を超えたのです。

ソーシャルネットワーク

今日では社会的関係を促進する多くのデバイスがあります。たとえば、TinderやFacebookなどが良い例でしょう。世界中のどこに住んでいる人にもすぐ連絡することができて、相手を見つけることができます。身近にいる人間である必要ありません。SNSを通して、いくらでも相手を探すことができるからです。

感情の需要と供給

急速に変化する社会的絆において、愛情と友情は長続きしません。関係が終われば、ソーシャルマーケットに戻り、再び新しい相手を見つけるだけです。これが、「共通する新規性を備えた需要と供給」と言うある種の感情になりました。この市場では、表面性が非常に重要視されています。印象的なソーシャルメディアのプロファイルが必要不可欠なのです。

若者の愛情

この症候群は若い頃から発生します。多くの専門家は、10代で感情教育がほとんどされなかったのが原因だと考えます。若者達は、人間関係はこうであるべきだというステレオタイプに、常に影響され悩まされています。

逃避反応

この症候群の患者がいたとしても、その特徴は多種多様です。多くの異なった症状があり、性格など要因も様々です。

判断方法

ハリー・フーディーニ症候群であると判断するには、自己分析する必要があります。多くの場合、人間関係に不満を感じるとすぐに他の人を探そうとする傾向があります。

感情的な関係は利己心につながります。自分の興味を超えて相手と積極的に良い関係を築くことができない場合ハリー・フーディーニ症候群になる可能性があります。

感情的な弱さ

あなたは相手とよい関係を築くことができますか? 恋人や友人との人間関係に積極的に関わることができるでしょうか? 繰り返し他人を利用して逃げることは、感情的な弱さの明らかな症状です。弱さは多くの方法で表れます。

  • 回避行動。積極的には関わらないけれどもその関係を断ち切ることはしません。様々な理由を作ることで、人との接触を徐々に回避します。
  • 拒否。感情的な閉塞を示します。誠実に感情を表現できない傾向にあります。
  • わがまま。自分の興味のない活動には参加しません。
フーディーニ症候群

症候群から抜け出すには

あなたの行動を分析し、今回ご紹介した症候群に似た特徴があると気付いたら、それが体系化する前に止めることが大切です。以下のアドバイスを参考にしてください。

  • 恐怖に向き合う。感情的にコミットするたびにリスクを負う可能性があるのは事実です。自分の考えに基づいて行動することを恐れないでください。
  • 自尊心。自分を偽る必要はありません。あなたと本当に一緒にいたい人は、本当のあなたを知っても一緒にいてくれるでしょう。
  • 他人を思いやる。本当に大切な人がいたら、その人との関係を深く築くことが大切です。常に正直でなければなりません。

今までの人生においてハリー・フーディーニ症候群の症状があったかどうか、客観的に考える必要があります。個人主義と変化の速さも、現代の人間関係における特徴です。より良い社会的資質を求めているとの見方もとれるでしょう。

こちらの記事もおすすめ
カプグラ症候群:愛する人は偽物?
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
カプグラ症候群:愛する人は偽物?

人の顔を認識して、その違いを見分ける能力は、人が生まれた時から持ち、2歳まで発達し続ける能力です。しかし、突然近しい親類の顔がわからなくなってしまったらどうなるでしょうか?もし、愛する人が別の人とすり替えられたと思ったら、何が起こるでしょうか?