ユリシーズ症候群:現代社会が抱える問題

2019年8月26日
'ユリシーズ症候群'という名前は、『オデュッセイア』の主人公が元になっています。彼は、故郷を出た後数々の困難を経験しました。この症候群は移民に多く見られ、中毒症状やその他の障害など、さらに深刻な問題に繋がる恐れがあります。

ユリシーズ症候群、またの名を慢性的かつ多順なストレスによる移民症候群は、故郷を離れて新たな土地へ移住する人々に見られるものです。これは、慣れない場所で彼らが経験する、典型的な悲しみ以上の重い症状を呈します。

ユリシーズ症候群は、他の障害とかなり類似性があります。従って、これをその他の精神的な病気と混同してしまうことがよくあり、時には症状があまりにも深刻であるために、精神病と診断されてしまうケースすらあるほどです。しかし実際には、これは過度なストレスの一形態です。

このユリシーズ症候群という用語は、バルセロナ大学の精神科医ホセバ・アコテギによって、2002年に作られました。彼は、移民先として選ばれることの多いスペインで、これについて徹底的に研究しています。スペインでは、約80万人の人々がこの症候群に苦しんでいる、と彼は見積もっています。

ユリシーズ症候群 現代社会 問題

移民とユリシーズ症候群

移住というのは複雑な問題であり、中には全ての移住者に対応できるほどの資金のない国々も存在します。また、移住には様々な形態があります。

とは言え、全ての移住者がユリシーズ症候群になってしまうというわけではありません。これにはその人の人生やパーソナリティが大きく関わっており、また、移住のコンディションや移住先の環境などにも左右されます。

パーソナリティが重要になってくるというのは、これが移住者たちの自立性や順応性に影響するものだからです。新たな国で人生を再出発させるには、かなりの精神的力や苦境への反発力が必要になります。全く見ず知らずの国で一からやり直すというのは簡単なことではありませんし、この変化が病気に繋がったり、潜在的な問題を引き起こしてしまうことはよくあるのです。

移住のコンディションというのもまた重要な部分です。戦争から逃れるための移住と、シンプルにより良い生活を求めて、あるいは何かのチャンスを追い求めて移住するのとではコンディションは大きく異なります。また、大切な人々と共に移住する人もいれば、家族を自国に残していかなければならない移民たちも存在するのです。

環境と症状

主要因の一つは、移住した先の新たな環境です。これによって、順応するのが簡単か困難かが決まってきます。また、その国が社会的・経済的に移民を受け入れる準備が整っているのかどうかも問題になります。別の言葉で言えば、移住者たちにとって仕事を得るのが容易かどうか、そして彼らが外部からのサポートを受けることができるのかどうか、という点です。

ユリシーズ症候群 現代社会 問題

ユリシーズ症候群は、その人物が自分は限界にきていると感じているのに、その感情を処理したりあるいは表現したりできない場合に発現します。これは、新たな国での失敗を予感したり、経済的に困窮してしまった時に起こる傾向が強いです。これにより、完全に道が閉ざされてしまったかのように感じてしまうほどストレスが積み重なってしまうのです。

ユリシーズ症候群が発現し始めると、以下のような症状が見られます:

  • 自分がよそ者のように感じてしまう。新たな環境で自らがよそ者のように感じてしまい、他の人が皆赤の他人のように思えてしまいます。これが、恐怖心や深い無防備感覚に繋がってしまうのです。
  • 継続的な悲しみ。故郷を切望し始め、常に動揺を感じてしまいます。
  • 健康問題。偏頭痛、吐き気、めまい、息切れなどの身体的な問題が起こり始めることが多いです。
  • ストレスや不安。これが最も明白な症状です。常に苦しい状態になってしまうので、何か恐ろしいことがこれから起こるのではないか、などと考えてしまいます。また、睡眠に問題が生じたり、他の人々といる時に過度に不安感を感じてしまったりします。
  • 孤立と自尊心。新たな環境が脅威に思えてしまい、壁を作って遮断してしまいます。これはまた、自己像や自尊心にも悪影響を与え始めます。

他にも、ユリシーズ症候群がさらに深刻な問題に繋がってしまうケースもあります。自らの期待を満たせない腹立たしさから中毒に陥ってしまったり、違法行為に手を出してしまう人々も存在します。症状が深刻な場合が多いので、心理学者の助けが必要とする移民が多いです。

  • Loizate, J. A. (2004). Emigrar en situación extrema: el Síndrome del inmigrante con estrés crónico y múltiple (Síndrome de Ulises). Norte de salud mental, 5(21), 3.