片頭痛の薬物療法

2019年12月21日
片頭痛の原因は明らかにされていませんが、リスク要因の影響はよく知られています。

片頭痛は最も頻繁に起こるタイプの頭痛であり、多くの人が悩んでいる症状です。これが、片頭痛の予防のために薬物療法を研究することが重要である理由です。

片頭痛は、頭の横に感じる再発性の激しい頭痛です。通常、吐き気、嘔吐、ならびに光と音に対する過敏症を示します。

片頭痛にはいくつかのタイプがあります:

  • 前兆を伴う片頭痛。キラキラした光が見えたり、視野の一部が見えにくくなったりする視覚性前兆が認められるといわれており、その代表が閃輝暗点(せんきあんてん)です。
  • 前兆のない片頭痛。最も一般的なタイプです。身体活動によって悪化します、片側性の脈動性の痛みまたは中程度から重度の痛みを感じます。
  • 網膜片頭痛。片眼の視覚障害や一時的失明を伴う片頭痛です。
  • 小児期の前駆症状または片頭痛。時に、成人期に片頭痛を持つことになる子供が、嘔吐、腹痛、めまいなどの症状を経験します。

ご存知でしたか?:
片頭痛の予防治療のための新薬:Ajovy

危険因子

片頭痛 薬物療法

片頭痛の原因はまだよくわかっていませんが、発症を促進するリスク要因の影響は分かっています。

こちらもご参考に:
痛み止めを避け、水を飲んで頭痛をなおそう

片頭痛の薬物療法

片頭痛の薬物療法に関しては、2つの大きなグループに分けることができます。

  • 発作の急性期治療に使用されるもの。
  • 予防的なもの。

片頭痛の治療は、痛みとそれに伴う症状を取り除くことを目的としています。この目的のために使用される薬物は3つのグループに分類されます。

  • 特定:麦角とトリプタン。エルゴタミンは、各種セロトニン受容体、アドレナリン受容体、ドーパミン受容体に作用するため副作用が多く、薬剤依存性が大きいと言われています。非選択的作動薬またはセロトニン5-HT1受容体であるため、異なる受容体で作用します。トリプタンは、選択的作動薬またはセロトニン5-HT1受容体です。それらは、5-HT1Bや5-HT1Dなどの特定の受容体に対して血管収縮作用と抗炎症作用があります。スマトリプタンは最も有名なものの一つです。
  • 非特定。 非ステロイド性抗炎症薬とパラセタモール。通常、急性や中〜重度の痛みにはあまり効果的ではありませんが、軽度から中程度の痛みを伴う偏頭痛において推奨されます。
  • アジュバント。嘔吐の治療のための制吐薬など、片頭痛に関連する症状を和らげる薬です。

片頭痛の予防治療

偏頭痛 薬物療法

片頭痛が薬を飲んでも治まらない場合、または頻繁に発生して生活に支障が出る場合、予防治療によって強度、頻度、期間を減らすことができます。

片頭痛予防に使用される薬は次のとおりです。

  • プロパノロール
  • チモロール
  • メトプロロール
  • バルプロ酸ナトリウム
  • トピラマート
  • ボツリヌス毒素

現在、新薬の効力が実証されており、副作用はほとんどないとされています。カルシトニン遺伝子に関連するペプチド経路で作用するものもあります。それらはモノクローナル抗体です。また、近い将来に承認される可能性がある臨床研究中の他の薬剤も存在しています。

片頭痛の治療のためには、適切な薬物を他の非薬理学的手段と組み合わせる必要があります。急性の偏頭痛に対して適切な治療を受けることが重要であるように、頻度と強度を軽減するのに役立つ予防的治療を検討することも重要です。

アメリカ神経学会によると、片頭痛患者の40%以上は診察を受けていません。頻繁に頭痛に苦しんでいる場合は、医師に相談してみてください。

  • Rodríguez, S. C. (2018). Migraña. Panorama actual del medicamento42(415), 634-653.
  • Deza Bringas, Luis. (2010). La Migraña. Acta Médica Peruana27(2), 129-136.
  • Ribas, G. G. (2008). Fármacos profilácticos de la migraña. yTerapéutica6(1).
  • Domínguez-Moreno, R., Vega-Boada, F., & Mena-Arceo, R. G. (2019). Nuevos tratamientos contra la migraña. Medicina Interna de México35(3), 397-405.