ヘルマン・ヘッセの素晴らしい言葉7選

· 2018年8月22日

ヘルマン・ヘッセの言葉は、人生とアイデンティティーを見つけるきっかけを与えてくれます。自分をよりよく知り、自分という人間を発見したい人にとっては贈り物となるような言葉です。深くスピリチュアルで心理的な彼の遺産は、あなたも読むだけの価値がある作品ばかりです。

ヘルマン・ヘッセは、1946年に文学作品でノーベル賞を受賞したドイツの作家で画家です。40か国語以上に翻訳され、3000万冊以上を売り上げています。

デミアン(1919)、シッダールタ(1922)、荒野のおおかみ(1927)などが最も重要なヘルマン・ヘッセの作品です。彼の作品の多くは、東洋のミスティズムやスピリチュアルな世界への興味が反映されています。新たな価値や評価の基準へのあくなき研究も見られます。

ヘルマン・ヘッセを知る人は、彼は難しい性格のシャイな人だと言います。一人でいることが好きで、多くの時間を内面と向き合って過ごしました。クリエイティブで、孤高で、ちょっと不安定な人でした。内面で感じたことすべてを言葉にできる人です。常にアイデンティティーを追及していたため、「危機の作家」とも呼ばれていました。

男性

自分自身への道

「それそれの人の人生は、自分への道、その道への挑戦、そしてその道を知ることを意味する。」

運命というものは、自分への道です。自分自身をよりよく知るために毎日歩く道です。すぐに理解する人もいれば、気づかずにたくさんの時間を無駄にする人もいます。迷ったときに思い出したいヘルマン・ヘッセの言葉です。

心理的投影の現象

「誰かを憎む時、あなたが憎んでいるのは相手の中にみる自分の一部である。」

読者の人には最も変に思えるかもしれないヘルマン・ヘッセの言葉です。不快にさえ思えるかもしれません。しかし、心理学者はこのような傾向を心理的投影と呼びます。人が自分の感情を他人に投影することです。

このポジティブな例は、恋愛において恋に落ちるステージです。このステージでは、どちらも相手には当てはまらない特徴や徳を投影させます。寛大さ、優しさ、ユーモアなどを称賛します。一方でネガティブな例の一つが、起こったことに対する責任を逃れるために心理的投影を利用することです。例えば、不安定な人はパートナーが信用できないといって怒るかもしれません。でも本当は逆なのです。

 

心理的投影は複雑なテーマです。自分の好きではないところを他人に投影しているということを受け入れるのは簡単ではありません。大事なことは、自分を知り欠点を受け入れることです。そうすることで、このタイプのふるまいを避けることができます。

努力の価値

「誰かが本当に何かを必要としている時、それを見つけることができる。運ではなく、自分人で見つけるものだ。その人自身の願いとニーズがそこへ導くのだ。」

努力は欲しいものを手に入れるためのカギです。それは、決意、希望、欲望と共にあなたを動かすモーターです。計画を立てそのゴールに行き着くための道を探さなければ、夢見ることは価値がありません。

ヘルマン・ヘッセはそれに対してとても明確でした。本当に何かを求めるなら、手に入れるために可能な方法すべてを見つけなさい。ゴールを達成するために骨の髄まで努力するなら、もしくは少なくとも挑戦するなら、言い訳も来るべき障害も関係ありません。

道

共感の複雑さ

「自分で生きていない他人の人生を見たり理解したりすることは誰にもできない。」

相手の立場に立つことは簡単ではありません。彼らの目を通して世界を見て、彼らの感情を感じて、それに沿って行動することは、思っている以上に複雑です。自分の経験から、どれだけ他人が自分の気持ちを理解してくれないと感じたことがありますか? あるいはどのくらい頻繁に、相手のふるまいの理論が理解できないときがありますか?どのくらい頻繁に、他人のふるまいに関して誤った推測を立てていますか?

共感は相手の立場に立って考えることです。しかし、それ以上でもあります。自分自身の視点からでなく、相手の視点から物事を見なくてはいけません。彼らの環境、問題、夢、恐怖なども考慮に入れないといけません。それを完璧にこなすには、彼らの人生を生きてみないといけません。そして、もちろんそんなことは不可能です。だからこそ、他人を理解し、相手があなたを理解することは難しいのです。

コミュニケーションの解放

「声に出すとすべてが少しだけ変わってくる。」

毎日の生活の中で心にとめておくべき重要な言葉です。自分の不安、ネガティブな感情、問題に溺れることは間違いなく悪い影響を及ぼします。一番いい解決策は、中に抑え込まれているものを外に出すことです。

ネガティブな感情に声を与えることは、吐き出して緊張をほぐすのに役立ちます。肩にのしかかっているかなりの重荷が楽になります。また、自分を表現することは人間関係を改善させます。自分の意見を押し黙ってしまうことは、自分の真の理解を妨げます。沈黙は、あなたと他人の間に高い壁を築き、人間関係の絆を弱めます。

愛と幸福の関係

「幸福は愛以外の何でもない。愛することができる人は幸せだ。」

内省や自己反省を何年も行い、ヘッセは美しい結論にたどり着きました。愛ほど幸福を感じさせてくれるものはないということです。彼にとって、この素晴らしい感情に勝るものはありませんでした。

最も美しいヘルマン・ヘッセの言葉です。何が最も大事かを伝えてくれる、重要で深いメッセージです。人間というものの本質を引き出しています。

ハート

感情を認識する重要性

「どんな感情も小さいこともなければ価値がないこともない。わたしたちは貧しくて美しくて壮大な感情しか持たず、感情に対して不公平になる度に、星の光を消しているようなものだ。」

自分がどう感じるかは常に大事なことです。ポジティブであってもネガティブてあっても、激しくても弱くてもです。感情は人生におけるわたしたちの中心軸のひとつです。だから、どう感じているかを認識し、それらの感情を認めることが重要です。もし感じていることを無視したら、不安と苦しみの黒い雲の中に行き着いてしまうかもしれません。

悲しみを無視したり、感じる怒りを否定したり、喜びにあふれた瞬間を見過ごしてしまうのは、自分自身から距離を置いてしまう行為です。アイデンティティーを求めた永遠の旅路の中で、感情を認識することの重要性をヘッセは理解しました。

お分かりいただけるように、ヘルマン・ヘッセの言葉は内なる自分をよりよく知りたい人に役立つ価値のある遺産です。もう一度これらの言葉を見返してみてください。あなたが自分自身との間に持つ繋がりを振り返ることができるはずです。